季語/春田(はるた)を使った俳句

「春田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春田」について

【表記】春田

【読み方】はるた

【ローマ字読み】haruta

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の田(はるのた:harunota)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春田を含む俳句例

水落す春田一枚松の下/村上鬼城

木忌春田へ灯す君らの寮/古澤太穂

白馬の裾みの春田人を見ず/辰之助

鋤起す春田の端を水流れ/館岡沙緻

遺跡掘る春田一枚境とし/長谷英夫

白鷺の朝餉は何や春田道/高澤良一

春の田へ進んで行くや山の水/梅室

大いなる古き足音春田径/松村蒼石

辛崎の松まで歩く春田かな/日原傳

月出でて一枚の春田輝けり/前田普羅

忽然と春田のはてに帆曳舟/黒川龍吾

頬白の春田歩きの頬よ来よ/皆吉爽雨

道に出て春田の宿の泊り客/千葉皓史

葛城の神の鏡の春田かな/松本たかし

春の田へ落つる時水空の色/今瀬剛一

春の田や出戻り姫が化粧料/野村喜舟

春の田を国見のごとく五合庵/下田稔

春の田を子の飛走る新開地/土屋孝子

葛飾春田べに殻塗の家一戸/松村蒼石

許されし水狂奔す春の田を/相馬遷子

俳句例:21句目~

煤泛ぶ青砥あたりの春田かな/有働亨

遍照の夕日春田もその中に/廣瀬直人

道辺より鋤き初めたる春田かな/碧童

遠山の色を濃うして春田かな/原月舟

野の虹と春田の虹と空に合ふ/秋櫻子

みちのくの伊達の郡の春田かな/風生

雨粒のほつ~浮ぶ春田かな/岡本松浜

三日照りて一日潤ふ春田哉/石井露月

刈株に小草花咲く春田かな/高浜虚子

春田より上りて弾む耕耘機/行方克巳

千枚の春田なだるる海明り/大森隆子

山迫りつゝ春田あり市原野/高濱年尾

春田より鷺啼き立つや日の出前/鈴木晶

登山図の折目が春田通りけり/守屋吉郎

春の田に埃掃き出す坊主かな/前田普羅

犬の首のびきてうつる春田かな/梅の門

文鳥の籠藻抜けなり春田見ゆ/小林康治

裏木戸につづく春の田益子窯/橋本榮治

測量棒囲み春田があらさるる/河野南畦

新妻に追はれどほしの春田牛/石川桂郎

俳句例:41句目~

旅で持つ沈黙は金春田見て/田川飛旅子

春田ゆく人の後ろも大和かな/金丸/保

海見えて下り坂なる春田かな/近藤一鴻

千年の春田を水の走りたる/宇多喜代子

石上春田に乙女火を焚けり/瀧澤伊代次

大利根の水に始まる春田かな/鬼島雄司

舟で来て春田一枚鋤きゆけり/岩崎健一

春田一隅水漬きて海の色宿す/米谷静二

小国線たった一輛春田行く/佐藤寥々子

尼の弟子春田に凧を落しけり/前田普羅

衣笠の裾にみぞるる春田かな/石原舟月

貞操や春田土くれくつがえり/西東三鬼

足跡のそのまま乾き春田かな/稲畑汀子

切藁の突き刺りたる春田かな/太田土男

山越して来て春田水平らかよ/細見綾子

草山を春田へ下りる鳥居かな/増田龍雨

倶利伽羅の路深く鋤く春田かな/越央子

川二つきらめきて合ふ春田中/松田多朗

歳月の春田の微光身をつゝむ/相馬遷子

大風の出雲の国の春田かな/大峯あきら

俳句例:61句目~

水張つて奥もよそほひ春田なり/及川貞

隠岐の島の段々春田海に落つ/加藤楸邨

春田にいる村人うすき体曲げ/大西健司

雲の洞に遠き空ある春田かな/石原舟月

北潟の遠くけむれる春田かな/深見けん二

古俳諧を春田にて手とり足とり/増山美島

日輪とわれの間の春田かな/阿部みどり女

薬師寺の塔の見えゐる春田かな/小松虹路

藁入れて顔のゆるみし春田かな/宇佐美目

純淑に春田の鷺であるが佳し/佐野まもる

春田まだ溢るる沼とわかちなし/児玉小秋

春田水けふも故山をおもくせり/松村蒼石

東京の中の葛西の春田かな/久保田万太郎

沼へ出る道いくすぢも春田中/加賀谷凡秋

潮ふくる能登千枚の春田かな/望月たかし

牛臥すに馬食むに非ず春田かな/野村喜舟

由布院の盆地の底の春田かな/岡嶋田比良

しろがねの水田一枚春の田に/富岡掬池路

春の田の月燻すかにもの焼いて/斉藤夏風

おんばしら茅野の春田に綱曳けり/下田稔

俳句例:81句目~

それぞれの春田へ舟路岐れける/水谷晴光

能登の海春田昃れば照りにけり/清崎敏郎

ななくさの春田の畦ぞ湧く清水/木津柳芽

おほかたの春田けぶりぬ利休の忌/吉田紫乃

数珠もちて遠き春田の家へゆく/大峯あきら

あなたより雨の色添ふ春田かな/櫛原希伊子

子牛蹤きゆく春田の牛の鞭うたれ/加藤楸邨

春田に隣るしづかな山を踏み遊ぶ/安立恭彦

二の糸干す梁間へ春の田のひかり/西村公鳳

夕づけば明るさ斑の春田かな/阿部みどり女

春田に水落つるよ溢るるよひとり/鈴木勁草

よろよろと畦のかよへる春田かな/綾部仁喜

よべ雨の諏訪のやしろの春田かな/野澤節子

長湯してまなこの曇る春田かな/秋元不死男

むつつりと春田の畦に倒けにけり/飯島晴子

明日は師と逢はむ春田も起し終へ/影島智子

みちのくの春田みじかき汽車とほる/飴山實

遊びあきしおしら様背に春田道/八牧美喜子

春田のなかしきりに勇気勇気といふ/飯島晴子

子供らに地震のありたる春田かな/大峯あきら

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ