季語/八重桜(やえざくら)を使った俳句

「八重桜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「八重桜」について

【表記】八重桜

【読み方】やえざくら

【ローマ字読み】yaezakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・奈良の八重桜(ならのやえざくら:naranoyaezakura)

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

八重桜を含む俳句例

奈良七重七堂伽羅八重桜/芭蕉

門番の退屈な昼八重桜/寺岡捷子

八重桜言霊呆と髭の頤/石塚友二

おし昇りくる満月の八重桜/林翔

八重桜水中の水暮れ急ぐ/草津平

金の間の庭一ぱいや八重桜/李由

傘を打つ牡丹桜の雫かな/杉田久女

石塀の厚き構や八重桜/楠目橙黄子

八重桜咲きけり芋に蜆汁/子規句集

八重桜地上に画く大伽藍/村上鬼城

車寄より歩を運ぶ八重桜/後藤夜半

花垣や雲も和光の八重桜/上島鬼貫

骨還り深夜の如し夕桜/殿村菟絲子

八重桜籬に闌けし那智詣/遠藤梧逸

八重櫻地上に畫く大伽藍/村上鬼城

人長く佇たせ喪家の八重桜/桂信子

八重桜見れば彼方も八重桜/菖蒲あや

海神に日輪淡し八重ざくら/斎藤梅子

八重桜飲食に昏れ若水忌/殿村菟絲子

ひとひらの雲ゆき散れり八重桜/鷹女

俳句例:21句目~

淀川の天満の牡丹桜かな/鈴木しげを

海猫のきこえて牡丹桜かな/京極杞陽

晩年や滝のしめりの八重桜/吉田紫乃

雷とほし頭を垂るゝ八重桜/前田普羅

重たげに風の中なる八重桜/白石時子

八重桜太陽汗を流し居り/佐野青陽人

塀ぎわの牡丹桜や道成寺/楠目橙黄子

草餅や雨の小家の八重桜/岡本癖三酔

大木の伽藍のごとき八重桜/高澤良一

健脚の島人に蹤く八重桜/新井みちを

八重櫻氷の溶けし水つめた/田中裕明

敵機来し大空持てる八重桜/渡邊水巴

八重桜瞼重たくなりにけり/高澤良一

鳰流れゆき八重桜流れゆき/岸本尚毅

はやて又沖色かへぬ八重桜/島村元句集

いにしへは奈良酒で見ん八重桜/重/頭

春もはや牡丹桜の落花踏む/後藤比奈夫

かろがろと昼月上げて八重櫻/高澤良一

頬に当て牡丹櫻のひと房を/佐藤美恵子

やわらかき罪重ねいる八重桜/松本恭子

俳句例:41句目~

八重桜名は知らねとも鞠の如/尾崎紅葉

リス跳ねて雨の重さの八重桜/吉野義子

人病みてうすき汗かな八重桜/高橋馬相

八重桜ちぎつて落す風に逢ふ/山口青邨

八重桜日輪すこしあつきかな/山口誓子

舞ひたちて鴉むらさき八重桜/藤岡筑邨

天よりも地の暗くして八重桜/野沢節子

散る時は一重なりけり八重桜/藤野古白

月ありて一樹に足れり八重桜/吉野義子

水の上に余りおもたし八重桜/藤野古白

満ち足らふことは美し八重桜/富安風生

結界の外に佇つわれと八重桜/吉野義子

翔つための助走の数歩八重桜/対馬康子

花房のこぼれてをるも八重桜/京極杞陽

馬入るゝ塀のくづれや八重桜/柳川春葉

二タ本の牡丹桜や舟つなぐ/楠目橙黄子

散る時の牡丹桜のはげしさよ/高浜年尾

八重桜思ふところに亡夫置き/殿村菟絲子

ひとごゑのすこし暑くて八重桜/細川加賀

日の中に溢るるものか八重櫻/八木林之介

俳句例:61句目~

八重桜ずしりと家系うべなふ身/渡辺恭子

なにごとも牡丹桜の濃きままに/後藤夜半

泣けぬ爺ばかりのベンチ八重桜/熊谷愛子

アンテナを牡丹桜の上にわたし/中村汀女

寺も世をたのむこゝろや八重桜/松岡青蘿

灯まづしき農家がかざす八重桜/大島民郎

八重桜逢ふ魔が刻を歩みけり/柴田白葉女

山に出て山に没る日や八重櫻/成瀬桜桃子

大皿のなまぐさくあり八重桜/波多野爽波

八重桜湯へ行く人の既に潔し/中村草田男

八重桜朝はつゆけきまぶたかな/太田鴻村

日と空といづれか溶くる八重櫻/渡邊水巴

八重桜いまだふゝまぬ枝光らふ/林原耒井

起居憂し咲きただれたる八重桜/福田蓼汀

吾子日々に浮浪児めくや八重桜/中台春嶺

八重桜大社の巫女の往き交へる/高澤良一

八重桜たわゝに咲いて大月夜/高橋淡路女

旅人宿小松屋とあり八重ざくら/青木重行

標札に面師の記憶八重ざくら/阿部みどり女

武蔵野はどこもふるさと八重桜/松原地蔵尊

俳句例:81句目~

古りし門死守といふ語と八重桜/殿村莵絲子

八重桜鐘ゆるがして散りにけり/島村元句集

八重櫻鐘ゆるがして散りにけり/島村はじめ

八重桜散るどどと音立たねども/殿村莵絲子

八重桜ひとひらに散る八重に散る/山田弘子

八重桜黒く光れるは大使の車/長谷川かな女

ぼたぼたと咲く六月の八重ざくら/栗生純夫

おぼろにて木兎移りゆく八重桜/水原秋櫻子

ゆらゆらと風揺りほごせ八重ざくら/林原耒井

八重ざくら逢ふ魔が刻を歩みけり/柴田白葉女

夜がくれば夜の冷えおくる八重桜/能村登四郎

みつむれば八重桜ねむくなりにけり/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ