季語/繞道祭(にょうどうさい)を使った俳句

「繞道祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「繞道祭」について

【表記】繞道祭

【読み方】にょうどうさい

【ローマ字読み】nyodosai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御神火まつり(ごじんかまつり:gojinkamatsuri)

季節による分類

・「に」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

繞道祭を含む俳句例

昂りて繞道の火を頒ちあふ/大橋敦子

神鼓響かひ繞道の火が走る/山地国夫

御神火の火屑掃き寄す繞道祭/村上冬燕

繞道のすぎし浄闇星ありて/藤本安騎生

荒御魂さながらに走せ繞道祭/佐野美智

国原を繞道の火のはしりをる/阿波野青畝

繞道祭火屑を蹴つて禰宜走る/民井とほる