季語/薺(なずな)を使った俳句

「薺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薺」について

【表記】薺

【読み方】なずな

【ローマ字読み】nazuna

子季語・関連季語・傍題・類語など

・薺摘む(なずなつむ:nazunatsumu)

・薺粥(なずながゆ:nazunagayu)

・初薺(はつなずな:hatsunazuna)

季節による分類

・「な」で始まる新年の季語

・「新年の植物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

薺を含む俳句例

俎板に寒し薺の青雫/此筋

薺の國響郡の爼村/高澤良一

古畑や薺摘行く男ども/芭蕉

うす塩の鴨に薺の雫かな/浪化

雑炊の色も雪間の薺かな/几董

山陰に多少の家の薺かな/青々

俎に薺のあとの匂ひかな/鳴雪

叩くにも君を忘れぬ薺哉/紅爾

夕波の船に聞ゆる薺かな/孤屋

宵の月西に薺のきこゆ也/如行

七種の薺神饌田に摘む/皆川東水

薺摘むうしろしきりに塀雫/泊雲

下京やさざめき通る薺うり/蝶夢

薺咲く満蔵院は隣寺/八木林之介

薺摘む安曇平の日溜りに/石昌子

ならべ置膳に薺の響きかな/我峯

御飛脚の堀河出てなづな哉/召波

京縞の頭巾で出たり薺売り/暁台

芹薺踏みよごしたる雪の泥/惟然

塔百萬造りて並べ芹薺/和田悟朗

俳句例:21句目~

俎に薺用意や六日の夜/大谷句仏

総角が手に手に籠や薺つみ/野坡

白箸に色かぐはしき薺かな/秋皎

替る世や薺にあらて鐘の音/乙由

雑炊の名もはやされて薺哉/支考

板の間の夜の音そふ薺哉/松瀬青々

永遠が戦いでいるか枝の先/薺次郎

薬園の静さに咲く薺かな/高田蝶衣

昨日より薺摘みゐる寺男/白方昭女

へたへたと笑て下手な薺かな/壷角

無条件降服薺咲いてをり/萩原麦草

薺売り鮒の釣場ををしへけり/白雄

数々は女一房のせわの薺かな/風睡

夜起きて揚屋の薺はやしけり/几董

薺生ふ朝日将軍墓所御前/高澤良一

東京の薺摘みくふなつかしく/楸邨

薺はやす浅草川の家居哉/角田竹冷

初なづな鰹のたゝき納豆まで/素堂

少年に小遣ふやすせりなづな/原裕

春近し石段下りて薺あり/高野素十

俳句例:41句目~

沢蟹の鋏もうごくなづなかな/蓼太

大利根の霜をかきわけ薺つむ/知世子

濡椽や薺こぼるゝ土ながら/服部嵐雪

夫待ちてはやす薺の一握/塩谷はつ枝

老の腰摘にもたゝく薺かな/横井也有

とばしるも顔に匂へる薺哉/榎本其角

浮草に薺こぼるる野川かな/会津八一

ぬれ縁や薺こぼるる土ながら/嵐/雪

薺咲き翼のごとく海霧通ふ/小林康治

まつしろに薺咲く田へ柩出る/飴山實

薺つむ野や枯萩もおもひ草/松岡青蘿

短夜やかくも咲きゐし若薺/渡辺水巴

焼け残る塀の日向の薺かな/臼田亞浪

まん中に巫女ゐて薺囃かな/生田嘉子

薺つむ帷子雪のふまれけり/飯田蛇笏

昼過ぎにたゝきて見たる薺かな/不玉

歩くこと愉しからずや薺咲き/和地清

一籠の薺にまじる御形かな/吉田冬葉

薺唄母もうたはずなりにけり/斎藤玄

井のもとも菫薺のはる辺哉/松岡青蘿

俳句例:61句目~

薺売石薬師より御所に入る/中川四明

薺売鮒の釣場をおしへけり/加舎白雄

元日の山見に出づる薺かな/室生犀星

芹薺御形はこべら犬の糞/佐々木六戈

薺摘む頬にしたがへる雪の阿蘇/汀女

別れ来て浅き薺の径かな/佐藤惣之助

賤が子は薺見る目のかしこさよ/杉風

隠國のいづこで摘まむ初薺/安東次男

洪水や嬰児の声が遥かにあり/薺次郎

君知るや三味線草は薺なり/正岡子規

雨あとの水に立ちつつ咲く薺/上村占

俎をこぼるゝ薺すゞ白も/藤岡うた代

うち離し馬も嘶へよ薺の夜/加舎白雄

薺咲く道は土橋を渡りけり/平井照敏

薺咲き足音ひそめざるを得ず/岸田稚

遠い日のなづなつむ野の霜柱/所富江

千枚田より摘みきたる薺なる/斎藤梅子

咲きいでゝ月光ほてる薺かな/渡邊水巴

大浪の先のちぎれる薺の日/大峯あきら

我顔に薺とばしるうれしさよ/松瀬青々

俳句例:81句目~

酪農の娘にうす雪やなづな摘/飯田蛇笏

明け方に降りたる雪の薺摘む/田村木国

旅淋し薺咲く田の涯しらず/阿波野青畝

胞衣塚に産毛のごとく薺生ふ/辻田克巳

草の戸や門辺に御形薺など/高橋淡路女

薺うり我子になれよ銭くれん/松岡青蘿

薺咲いて足音ひそめざるを得ず/岸田稚

雨降つてやさしき遊び薺の日/山本洋子

せりなづな御形といひて声の止む/展宏

一歩をば痛感したり芹なづな/永田耕衣

薺咲きキリシタン村牛飼へり/田村了咲

古畑やなづな摘みゆく男ども/松尾芭蕉

薺咲く天女降りしといふ辺り/柿本多映

うぶすなに尽く畦道に薺摘む/吉田以登

一とせに一度摘まるる薺かな/松尾芭蕉

病間へもとどけとなづな囃す音/塩崎緑

世を遠く来る思ひや薺摘み/市村究一郎

薺けふ六葉七葉にもさかへけり/松岡青蘿

石は石はけふ白川のなづなかな/浜田酒堂

芹なづな海より暮るゝ国ざかひ/石橋秀野