季語/黄梅(おうばい)を使った俳句

「黄梅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄梅」について

【表記】黄梅

【読み方】おうばい

【ローマ字読み】obai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・迎春花(げいしゅんか:geishunka)

季節による分類

・「お」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

黄梅を含む俳句例

黄梅の弾ねる風下筆洗ふ/菅裸馬

手習や天地玄黄梅の花/夏目漱石

黄梅ゃ鎌倉山に風出でぬ/嶋田麻紀

石垣の家黄梅と人妻と/山上樹実雄

魁けし花は黄光迎春花/阿波野青畝

雪靄のたつ朝市の迎春花/石原八束

黄梅や夜空あかるき雨の音/石飛如翠

主客髯持ちて黄梅盛りかな/星野紗一

川筋に黄色が飛びて迎春花/中西舗土

黄梅の衰へ見ゆる日向かな/高木晴子

黄梅の影石に在り土に在り/依光陽子

雨けぶる西湖蘇堤の迎春花/石原八束

黄梅や砂鉄まみれに棒磁石/中村雅樹

競ひ出て藪穂が萌黄梅の辺に/香西照雄

迎春花故郷恋しくありし日々/三木朱城

青梅や黄梅やうつる軒らんぷ/子規句集

黄梅に馴染徽墨に馴染かな/後藤比奈夫

黄梅のひかり掴んで女逝けり/中村武男

黄梅や堰越すときの水ひかり/河野南畦

黄梅や子供みくじを婆がひく/板谷芳浄

俳句例:21句目~

一患者黄梅ひらきたるを言ふ/金田咲子

黄梅を買ふに買ひ来し鍬が邪魔/辻桃子

黄梅の春のはじめの黄なるかな/大橋敦子

黄梅の盛りとてなく咲きつゞけ/開田華羽

黄梅の花の明りの揺れており/川崎ヒデ子

迎春花一と花づつの日を重ね/一瀬あやめ

昃りなき日が黄梅の黄を弾く/八木沢高原

かく晴れてゐてかく寒し迎春花/河原白朝

黄梅の刈込みすぎて花少な/田中/としこ

黄梅や息きらさずに越えし山/鷲谷七菜子

黄梅に動くものみな光るなり/小松崎爽青

黄梅に佇ちては恃む明日の日を/三橋鷹女

黄梅のともしびに似て吹かれけり/亀田水炎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ