季語/春一番(はるいちばん)を使った俳句

「春一番」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春一番」について

【表記】春一番

【読み方】はるいちばん

【ローマ字読み】haruichiban

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春二番(はるにばん:haruniban)

・春三番(はるさんばん:harusamban)

・春四番(はるよんばん:haruyomban)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

春一番を含む俳句例

磯の鵜や春一番の波しぶき/弘

春一番帆船無風の壜の中/河村昇

春一番牛の匂の急患者/三谷和子

春一番黒猫縁に耳立てゝ/正風子

春一番髪逆立てゝ峡をゆく/青砂

春一番揃つて禅僧剃髪式/舘柳歩

春一番顔あげて濤押し戻す/原裕

春一番雷門をくぐりけり/村岡悠

春一番通る大敷網の海/芳野正王

鰻焼く春一番の白波に/岸本尚毅

春一番人犬鴉田に出でぬ/秋澤猛

白波の浮燈台や春一番/岡本静子

山峡に星を片寄せ春一番/戸恒東人

春一番心の隅に火を点ず/相馬遷子

春一番言霊のごと駆け抜けし/原裕

春一番玩具の猿が鼓打つ/影島智子

鳩のせて春一番の隅田川/藤岡筑邨

春一番越中の野に墓と蔵と/石原透

春一番校庭走る砂けむり/鈴木洋子

春一番梢明りを濃くし去る/月鈴子

俳句例:21句目~

春二番三番四番五番馬鹿/三橋敏雄

春一番鶏駈け鶏にぶつかれり/達弥

春一番競馬新聞空を行く/水原春郎

鐘楼の幣踊らせて春一番/安斉君子

春一番武蔵野の池波あげて/秋櫻子

春一番二番とつづき週終る/杉本寛

春一番二番三番涅槃西風/清水基吉

春一番空想二転三転す/北村美都子

春一番透明にしてつよき酒/小澤實

呼鈴は空耳なりし春一番/田中湖葉

石蓴打ち上げて通りし春一番/暮石

声散つて春一番の雀たち/清水基吉

洗ひ機に人参踊り春一番/小出秋光

およぎ見ゆ春一番の野の欅/皆吉爽雨

春一番鞄の軽き日なりけり/蘭草慶子

春二番一番よりも激しかり/牧野寥々

春二番三番友ら病みにけり/堀口星眠

松に鳴り樫に響けり春一番/川村紫陽

畦越ゆる春一番の水ゆたか/下鉢清子

句敵の句が口に出て春一番/嶋田麻紀

俳句例:41句目~

紅梅の春一番にとぶ火かも/皆吉爽雨

胸ぐらに母受けとむる春一番/岸田稚

若者に古着が流行る春一番/有馬朗人

巻貝の奥に目覚めし春一番/佐藤成之

新聞に石のせて売る春一番/棚山波朗

春一番うめきもだゆる波の面/壇一雄

葬儀屋を花であしらう春一番/仁平勝

鉛筆に力あまれり春一番/米澤吾亦紅

雀らも春一番にのりて迅し/皆吉爽雨

雑貨屋に吊るもの多し春一番/檜紀代

風呂敷で運ぶ地球儀春一番/池田澄子

春一番プール底より鴉たつ/藤野基一

春一番仏間ひととき魂あそぶ/井上雪

春一番友の肺野の影如何に/堀口星眠

春一番奥の歯に蓄む貝の芯/角川源義

春一番婚後同居の荷物着く/小林勇二

春一番山を過ぎゆく山の音/藤原滋章

春一番火伏の神の札を受く/田代登志

春一番煎薬の火を細めたり/石川桂郎

揺れ熄まぬ春一番の椿山/石田あき子

俳句例:61句目~

春一番田の真中に熔岩坐り/川村紫陽

春一番真夜に落せる雷ひとつ/つる子

春一番藪つぎつぎに鳥放つ/高井北杜

春一番関東平野ゆきどまり/岡田史乃

春一番霧島山を袈裟切りに/遠井俊二

和解せし顔はゆがめり春一番/佐藤文子

春一番狂へりわが胃また狂ふ/相馬遷子

春一番縁の下より矮鶏のとき/半谷智乗

春一番函屋は紙の香のなかに/張田裕恵

春二番退院の母背負はれて/古賀まり子

呼ぶ声も吹き散る島の春一番/中村苑子

春一番髪を攫つて鞭となす/佐藤美恵子

島の鳥船に来てをり春一番/中戸川朝人

春一番からくり時計踊りだす/長谷英夫

春一番端山吹きをり死者の飯/堀口星眠

春一番はたりと止みて夕方に/岩田由美

春一番ひきゐし狆を抱きあぐる/及川貞

春一番窓のガラスが右に鳴り/前田保子

春一番歌ひ出したる地球かな/仙田洋子

春一番柩ぐらりとかつぎ出す/宮下翠舟

俳句例:81句目~

春一番地鶏の卵まだぬくき/小林紀代子

春一番道草の子を追ひたつる/上田春日

春一番野壺めざめて方と円/百合山羽公

春一番真間の古江の浪立てる/石井桐陰

春一番椿の首を狩りに来る/川崎益太郎

春一番島に神父のおくれ着く/中尾杏子

春一番吹きをさまりて夜の卓/角川春樹

春一番聖母は御子を抱き給ふ/堀口星眠

美酒を得て春一番を忘じけり/岸本尚毅

春一番藁塚押し力だめしかな/太田土男

春一番珊瑚の海をゆさぶりて/稲荷島人

春一番角を踏ん張る栄螺殻/百合山羽公

農機具の納屋の戸敲く春一番/井内簾水

郵便帽の下に目と耳春一番/磯貝碧蹄館

酒呑んで春三番を過ごしけり/宮田正和

間歇泉春一番をつらぬけり/穐好樹菟男

春一番深入りしたる晩年よ/殿村菟絲子

春一番死神もまた矢を放つ/古賀まり子

春一番過ぎて身痩せし蟹を食ふ/西村公鳳

春一番電話の父の「いま成田」/辻美奈子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ