季語/大服(おおぶく)を使った俳句

「大服」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大服」について

【表記】大服

【読み方】おおぶく

【ローマ字読み】obuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大福(おおふく:ofuku)

・御福茶(おふくちゃ:ofukucha)

・福茶(ふくちゃ:fukucha)

・大福茶(おおふくちゃ:oofukucha)

季節による分類

・「お」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

大服を含む俳句例

大服や一本長き父の眉/高橋悦男

鳥影の一瞬走る福茶かな/渡辺均

大服や淡路も見さい茶臼山/鬼貫

大服や樂十代の印の系/秋田握月

大服や城を粉になす茶臼山/貞徳

大服や我乞ふものはうた袋/麦水

雪解けて苺出てくるお大福/辻桃子

大服や四方山人の歌は何/内藤鳴雪

一袋買ひて即ち福茶とす/田中子杏

大服を心得顔に服したる/京極昭子

外からは梅がとび込む福茶哉/一茶

大服やほゝゑむ父が古袴/水落露石

福茶受け旅の心の落著きぬ/京極高忠

文福茶釜麦の埃と失せにけり/龍岡晋

年若の主をかこむ福茶かな/中島月笠

丸盆に福茶いただき本卦帰り/井上雪

作る土もわが大服の茶碗かな/信/徳

大服や囲炉裏に席を作りつつ/芦/口

屠蘇の酔大福長者となりにけり/紅葉

大福茶鄙びて重き木曽漆器/水野吐紫

俳句例:21句目~

大福や淡路も見さい茶臼山/上島鬼貫

大服の沸りてかすむ襖かな/勝峰晋風

大服は去年の青葉の匂ひかな/防/川

大服もわくやくらくら鞍馬炭/吉/治

大服や昔ながらの接ぎ茶碗/服部嵐翠

これやこの六波羅蜜寺大福茶/池上果山

もろ共に老を寿ぐ福茶かな/有働木母寺

侍りて作法知らねど福茶かな/富安風生

大服の湯気立ちのぼる空也像/鈴木鷹夫

大服やいとも見目よき女の童/荒川同樂

大服やお末も祝ひ侍んべりて/小松月尚

大服や身弱きいのち守りきて/永井寿子

大福や一病しかと癒えし身に/塚本政子

大福茶昆布に長寿の味を飲む/大谷句佛

掌に享けし小田原小判大福茶/飯田九一

故郷は母点て給ふ福茶かな/小田芙美子

福茶より懐紙に包む小梅の紅/岡本圭岳

大提灯の影のびて来し福茶かな/中島月笠

合掌をしてお福茶をいただきぬ/宮本静代

大服の湯気のくもらす眼鏡拭く/三宅良子

俳句例:41句目~

几帳かげより運び来し福茶かな/藤井紅於

年よりの熱き福茶をまゐりけり/大塚青丘

年若のあろじをかこむ福茶かな/中島月笠

ハーブ茶を淹れて福茶を蔑ろ/後藤比奈夫

大服をささげて揺るる簪かな/潮原みつる

ほのぼのと妻が点てくる大福茶/奥田雀草

春の蚊の文福茶釜より出でて/横山たかし

猫舌に沁みてめでたき福茶かな/中村春逸

一年を無事でくらせし福茶かな/川上梨屋

ほど注いで梅のにじみや大福茶/永尾宋斤

福茶汲む伊豆の泊りの風凪ぎて/斎藤道子

膝に日のあたる福茶をいただきぬ/西山誠

福茶して出湯泊りの膝ならぶ/岡本まち子

南窓に日がまはりたる福茶かな/小松崎爽青

大服をただたぶたぶと召されしか/高浜虚子

喜寿の師に古稀の教へ子福茶うく/加藤康人

大服茶やひとのなさけにながらへて/日野草城

子と妻とあそべば福茶わが淹るる/富岡掬池路

福茶してひとりひとりの子におよぶ/中村秋晴

福茶汲む子らにそれぞれ嫁の添ひ/勝又寿々子

俳句例:61句目~

ほう~とすすりさませし福茶かな/上田春水子