季語/秋の蚊(あきのか)を使った俳句

「秋の蚊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の蚊」について

【表記】秋の蚊

【読み方】あきのか

【ローマ字読み】akinoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・別れ蚊(わかれか:wakareka)

・残る蚊(のこるか:nokoruka)

・蚊の名残(かのなごり:kanonagori)

・後れ蚊(おくれか:okureka)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の蚊を含む俳句例

残る蚊の痩せてあはれや施餓鬼棚

秋の蚊の人を尋ねる心哉/与謝蕪村

秋の蚊を掴み損ねし山男/辻田克巳

秋の蚊の見えてとまりし襖かな/篠原

人混みに秋の蚊払ふ金色堂/横山房子

残る蚊の侮りがたき力かな/石井露月

残る蚊や筆先狂ふ喪の記帳/伊東白楊

秋の蚊を払ふや人事異動の日/土生重次

あぶれ蚊や去り難くゐて翁塚/見市六冬

残る蚊や更けて物書く老の耳/青木健作

秋の蚊や寄木作りの御本尊/深見けん二

秋の蚊の声を秘仏の声かとも/鷹羽狩行

殿上の土足おそるる秋蚊鋭し/古舘曹人

秋蚊出て暮るゝ泉の端濡らす/小林康治

秋の蚊に網戸ほつれし日吉館/大島民郎

秋蚊鳴く夢を引用する吾れに/齋藤愼爾

突然の訃に秋の蚊を叩きけり/磯崎美枝

別れ蚊や瓜割の井に立ちつくす/石川桂郎

国宝の庫裡の秋蚊に喰はれもし/行方克巳

秋蚊大きく柱めぐりて失せにけり/原月舟

俳句例:21句目~

残る蚊の法蓮華経に脚掛けて/佐々木六戈

残る蚊を墨にすりたる麁相かな/尾崎紅葉

残る蚊や土もて埋めし窯のひび/吉田紫乃

残る蚊や払ひもやらぬへろ~矢/尾崎紅葉

残る蚊をかぞへる壁や雨のしみ/永井荷風

夢にまで秋の蚊羽音響かせし/稲畑広太郎

病人の手が秋の蚊をつかみけり/保坂伸秋

秋の蚊のやはらかに来て文具店/藤村克明

秋の蚊のよろめきながら止りけり/坂井建

秋の蚊の螫さんとすなり夜明方/夏目漱石

秋の蚊の鏡に触れて落ちにけり/田村京子

秋の蚊を払ふかすかに指に触れ/山口誓子

くはれもす八雲旧居の秋の蚊に/高濱虚子

それ以来泣かぬ女を秋蚊さす/堀井春一郎

残る蚊にはなしもなくて宵寝かな/森川暁水

秋の蚊のしふねきことを怒りけり/富安風生

秋の蚊のその一匹を獲たりけり/島村元句集

猿の白歯秋蚊に剥いで哀れかな/島村元句集

まだ秋の蚊をひそませて池ほとり/稲畑汀子

残る蚊と傘をひとつに政子の地/小島千架子

俳句例:41句目~

グッドバイは明るき別れ蚊喰鳥/小島千架子

秋の蚊の灯より下り来し軽さかな/高濱年尾

一夜二夜秋の蚊居らずなりにけり/正岡子規

畳這ふ秋蚊に憎しみ起りけり/長谷川かな女

別れ蚊の逃ぐるにあらず離れけり/藤本悦子

病み細り秋蚊一つとたたかへり/高田風人子

秋の蚊を手もて払へばなかりけり/高浜虚子

残る蚊もはたとなき夜や燭の風/河東碧梧桐

あぶれ蚊のほめかぬ壁を便りかな/上島鬼貫

秋の蚊を払へばほろと消えにけり/星野立子

打ち損じたる秋の蚊は追はずとも/柴原保佳

残る蚊の煤のごとくに降りて来し/星野恒彦

秋の蚊の微塵とびゐる嬉しけれ/長谷川零餘子

秋の蚊が火除けの護符に辿りつく/末光美登里

秋の蚊に悩まされつつ句碑なぞる/水野佐暉代

錦木の葉にからび飛ぶ秋蚊かな/長谷川零餘子

秋の蚊の跳ねて飛び去る畳かな/長谷川零餘子

あぶれ蚊や夜なべの灯吊る壁のもと/富田木歩

のこる蚊のひとこゑ過ぎし誕生日/秋元不死男

秋の蚊よこの子ばかりはさゝざらん/藤野古白

俳句例:61句目~

秋の蚊のほのかに見えてなきにけり/日野草城

取るものも取らず糸瓜と残る蚊と/佐々木六戈

残る蚊にありあふものをくすべけり/森川暁水

秋の蚊のゐるとも見えず刺されけり/井上和子

残る蚊によなべはじめのほどきもの/森川暁水

秋蚊鳴くよと聞けば灯影に現はれつ/林原耒井

谷戸ふかく来て秋の蚊にさゝれもし/荻江寿友

秋の蚊のあまり白さやこぼれ落つ/長谷川零餘子

かまつかのからくれなゐの別れ蚊屋/松本たかし

血は試験管にとつたあとの秋の蚊が鳴く/荻原井泉水

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ