季語/藪からし(やぶからし)を使った俳句

「藪からし」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藪からし」について

【表記】藪からし

【読み方】やぶからし

【ローマ字読み】yabukarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・貧乏葛(びんぼうかずら:bimbokazura)

季節による分類

・「や」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

藪からしを含む俳句例

狂ひ泣く童女光れり藪枯し/原裕

藪からし石切の棲む石の谷/下田稔

月の出て蔓先潤ふ藪からし/岸田稚

藪からし花の傍若無人かな/上田きよ

血縁に百姓の妻藪からし/百合山羽公

こ奴めとお小言貰ふ藪からし/高澤良一

藪からし怪しき光り放ちけり/高澤良一

やぶからし最初考え違ひして/高澤良一

窯潰えてをり藪枯たけてをり/加古宗也

猛かりし時の後なる藪枯し/相生垣瓜人

仰山に花つけ貧乏かづらかな/原田青児

残雪に月光の来る貧乏かな/小川双々子

炎天へ花かゝげそめやぶからし/高橋馬相

うぶすなに残る臍の緒藪枯らし/山内遊糸

藪枯し引きむしらるる暑さかな/永井龍男

まだ口をつけぬサイロの藪枯し/堀米秋良

藪からし男ばかりが通りけり/今井杏太郎

老の手の赦さじと引く藪枯し/永井東門居

立冬やとも枯れしたる藪からし/臼田亞浪

今朝秋や露をふるひて藪からし/小林康治

俳句例:21句目~

余生とは何時からのこと藪からし/井上武

刎ねてゐる新月くらき藪からし/遠藤梧逸

男の力だして引くべき藪からし/植田幸子

藪枯し枯らさむとして荐なる/相生垣瓜人

藪枯らし売地の札の古りにけり/栗山妙子

雑草に掴まり立ちのやぶからし/高澤良一

頽勢を覆はずなりし藪枯らし/相生垣瓜人

やぶからし師の棟なべて安静時/小島千架子

藪枯らし気違ひ茄子に迫らざる/相生垣瓜人

朱の點の花滲みきてやぶからし/八木林之介

大藪に容れられたりし藪枯らし/相生垣瓜人

雨脚のあかるき陸奥のやぶからし/向山隆峰

青虫の肥えて露吸ふやぶからし/稲葉松影女

藪からし振り捨て難く村に住む/百合山羽公

藪からし課税のごとく屋をかこむ/遠藤はつ

定家かづら貧乏かづら相揺るる/渡邊千枝子

あをあをと藪たちあがる藪からし/小島花枝

噴き出でし夕日も千々に藪からし/百合山羽公

やぶからしの根の上にわが愛の家/殿村菟絲子

やぶからし己れも枯れてしまひけり/辻田克巳

俳句例:41句目~

おのれまた蔓枯れ果てし藪からし/松岡伊佐緒

やぶからし女ばかりが生きのびて/北見さとる

貧乏かづら手ぐれば雨滴重りして/河野多希女

藪からし歔きつつ枯らしゐるならむ/河原枇杷男

めしが噴く匂ひよろしもやぶからし/八木林之介

かくれ逢ふごとくまた逢ふ藪からし/上田五千石

やぶからし刈りひとり居のあからさま/北見さとる

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ