季語/秋草(あきくさ)を使った俳句

「秋草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋草」について

【表記】秋草

【読み方】あきくさ

【ローマ字読み】akikusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の草(あきのくさ:akinokusa)

・千草(ちぐさ:chigusa)

・八千草(やちぐさ:yachigusa)

・色草(いろくさ:irokusa)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋草を含む俳句例

小机の閑日月や蘭の秋/草城

秋草を厨厠に頒ち活け/高澤良一

湖底棲まず秋の草草や/横光利一

老い母は噂の泉柿の秋/草間時彦

秋草に女匂へり風の中/江口千樹

秋草や大原出づる牛車/西山泊雲

秋の草鶴見る人も年のよる/一茶

秋草や焼跡に父何を食ふ/森澄雄

人悼む果の秋草咥へけり/岡本眸

等伯の松剛直に秋草図/高澤良一

濤近き北辺の墓秋の草/飯田蛇笏

遊船の提灯の絵の秋の草/清崎敏郎

秋草を活けて宮様お迎へす/星野椿

秋草の苺一粒掌に享くる/小池文子

秋草を鳥羽絵の兎高掲げ/高澤良一

大甕に秋草溢れ何でも屋/岩波文子

等身の秋草を過ぎ逢曳す/鷹羽狩行

花鋏露の秋草えらむべく/中村汀女

すゞしさや花屋が店の秋の草/几菫

山浅き秋保の宿の秋の草/高瀬竟二

俳句例:21句目~

石垣や水抜き穴に秋の草/清田舟水

秋草の囁いてをり囁かれ/矢島渚男

磐石に水の影なす秋の草/福本天心

秋の草大原の寺忘れめや/西山泊雲

秋草に墓並み真田三代記/西本一都

秋の草雨やわらかな謝罪/児玉悦子

磧なす石ころの秋草の秋/藤田湘子

秋草や遺柱に淡き鳥獣画/澤田緑生

打水に秋草なればひた青し/瀧春一

幕末をしのぶ洋館秋の草/松永登志

秋草の宿のあしたの信濃版/車谷弘

秋草のどれも頸長夢二の忌/安住敦

秋草の盛りの中のおん仏/村越化石

秋草にいちいち沈み山の蝶/及川貞

秋草を圧して白馬横たはる/日原傳

秋草を押し倒したる男の死/内野修

秋草や花遊びして琳派の美/林日圓

秋草や祠一つの嫁ヶ島/三加茂禧恵

秋草を出て秋草に消ゆる径/木下夕爾

秋草を倒せる雨の定めなき/高澤良一

俳句例:41句目~

秋草の真つただ中に遺骨かな/石寒太

秋草を一本挿して妻の留守/染谷秀雄

秋草や土手のみ残る五稜郭/寺田寅彦

ひと節は秋草づくし盆の唄/佐野美智

月あらば満目秋草の野なるべし/蓼汀

秋草にまじりて高し花茗荷/前田普羅

ふるさとの秋草高き駅に佇つ/桂信子

まづ杖の先秋草と睦みゐる/木村風師

秋草の丈に溺れて従へり/猪俣千代子

一握の秋草しかと火口壁/鳥海むねき

秋草の中の芒の穂なりけり/加藤覚範

人目には唯秋草に跼みゐる/星野立子

秋草や遂に気弱なはたた神/橋石和栲

秋草に似て風の意に従へり/毛塚静枝

秋草と一つ括りに野辺の草/高澤良一

束ねたる秋草の花触れあへる/日原傳

兎唇に秋草噛んで恋うさぎ/鈴木栄子

流鏑馬の逸れたる一矢秋草に/松本旭

秋草の中相逢へる径ふたつ/木下夕爾

秋草や狐に似たる熊野犬/高橋淡路女

俳句例:61句目~

海光や秋草絮になるところ/富田敏子

秋草にお頼み申す猫ふたつ/加藤楸邨

定家忌の秋草壺を隠すほど/福田蓼汀

山上の秋草に身や天は男/文挟夫佐恵

秋草にやはらかき風綾子逝く/桂信子

狂奔とよぶ秋草の亂れぶり/筑紫磐井

秋草にたんぽぽ呆け古堡塁/京極杞陽

秋草に何かさ走る痘の神/加藤知世子

秋草や流人の墓といふも石/川辺照恵

思ひ起す又秋草に到るなり/星野立子

秋草は陽を溜め人間雷基地/壁村敏子

秋草の扇をもちぬ川開/長谷川かな女

秋草に穴居の家族鶏飼へる/西島麥南

秋草の繚乱神が契りをり/加藤知世子

秋草を握りて土にかへる壺/中嶋秀子

秋草の早や咲き競ふ山の駅/石田仁子

秋草に遠き街の灯沈みけり/田中広作

秋草を無造作に活け日曜日/橋本瑞枝

それぞれや色草といひ秋の草/森澄雄

秋草を食卓に活け愛づ生活/高澤良一

俳句例:81句目~

秋草を飾り磔像を露けくす/内藤吐天

秋草に隠れ隠るゝ一日かな/石田波郷

秋草もふるさと人も情あり/山田弘子

秋草に骨壺置けば沈みけり/金子青銅

秋草や富士の水湧く池いくつ/西宇内

花の秋草に喰あく野馬かな/服部嵐雪

秋草の長きは長く摘み揃え/高澤良一

落城址秋草荒く吹かれをり/安江芳郎

誕生日と秋草病床へ通ひ妻/福田蓼汀

雨雫して秋草の穂といふ穂/高澤良一

風渡るとき秋草の華やげる/高木晴子

餓えの果秋草炎えて変貌す/岩田昌寿

秋草の嵯峨野過行く思ひ哉/角田竹冷

秋草の廻り出したり盆灯籠/平間裕子

秋草に少し太りて帰りしよ/久米正雄

指で梳く蓬髪秋の草山に/中尾寿美子

涼しさや花屋が店の秋の草/五車反古

秋草や尿りて妻子無き如し/井上静川

秋草や揺籠ほどの嬰の寝墓/小宅光子

畳から秋の草へとつづく家/鴇田智哉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ