季語/蝙蝠(こうもり)を使った俳句

「蝙蝠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝙蝠」について

【表記】蝙蝠

【読み方】こうもり

【ローマ字読み】koumori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かわほり(かわほり:kawahori)

・蚊喰鳥(かくいどり:kakuidori)

・家蝙蝠(いえこうもり:iekomori)

・大蝙蝠(おおこうもり:okomori)

・菊頭蝙蝠(きくがしらこうもり:kikugashirakomori)

・山蝙蝠(やまこうもり:yamakomori)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蝙蝠を含む俳句例

蝙蝠や星の鼠鳴く中の橋/言水

蝙蝠や電信柱河岸柳/寺田寅彦

蝙蝠や二日月夜の柳町/泉鏡花

蝙蝠や酒貯へてある舘/上村占

蝙蝠や月邊を立ちさらず/暁臺

古書店の束ね全集蚊喰鳥/今井妙

蝙蝠や一筋町の旅芸者/夏目漱石

橋親し大阪親し蚊食鳥/溝口杢生

蝙蝠の出でし野中の枯井哉/露骨

此都諒闇の朝を蚊喰鳥/内田百間

蚊食鳥薬効半ば信じけり/樋笠文

大阪の巷に旅愁蚊喰鳥/高濱年尾

蝙蝠に手元もくらし油売り/北枝

稲光蝙蝠岳は闇に没し/福田蓼汀

蝙蝠や西焼け東月明の/平畑静塔

蝙蝠や窓から物を届け去る/篠原

蚊喰鳥水門低き日を掲ぐ/菊井稔子

かはほりや風に吹かるゝ洗髪/桃牛

黄昏れて水車止りぬ蚊喰鳥/星野椿

初秋の椎の木下る蚊喰鳥/萩原麦草

俳句例:21句目~

浜町の路地の昔や蚊喰鳥/草間時彦

隅田川月から冬の蚊喰鳥/榎本好宏

非人頭住む松高し蚊喰鳥/久米正雄

蝙蝠やけいせい出る傘の上/炭太祇

追放の徒の大音や蚊喰鳥/久米正雄

踏台を使ふ戸締り蚊喰鳥/冨田正吉

蝙蝠や館暮れゆく桐の花/岡本松浜

蝙蝠の夕闇浅し町明かり/内田百間

蝙蝠や据膳に菜して端居/内田百間

この家を境に野原蚊喰鳥/依光陽子

蝙蝠や闇をにらむる鬼瓦/寺田寅彦

港人が皆持つ眼鏡蚊喰鳥/久米正雄

蝙蝠や向ひの蔵の夕月に/小澤碧童

蝙蝠の一刻なりし川の上/金井綺羅

蝙蝠や京の繩手の貸座敷/角田竹冷

突棒に蝙蝠とぶや辻番所/寺田寅彦

蝙蝠の飛ぶや中洲の女橋/今泉貞鳳

蝙蝠の早とぶ花の堤かな/杉山一転

広々と水浸ける原蚊喰鳥/星野立子

延縄に澪なくふえる蚊喰鳥/福田基

俳句例:41句目~

蝙蝠の翅の厚みを頭に感ず/三谷昭

戦争は蝙蝠に月上れども/片山桃史

掩体に蝙蝠巣くふ終戦日/高澤良一

やはらかく蝙蝠あげぬ港町/秋澤猛

蝙蝠や昼なき洞の仏たち/滝川愚仏

窓高き珈琲倉庫蚊喰鳥/木村/都由子

金の月へ遠き蝙蝠とんで消ゆ/原石鼎

米洗ふ母とある子や蚊喰鳥/中村汀女

羽音なほ夜空に残し蚊喰鳥/稲畑汀子

老眼の中に蝙蝠満ちて来る/和田悟朗

耳たてて蝙蝠たちぬ草井より/原石鼎

鯔はねて河面暗し蚊喰鳥/水原秋桜子

かはほりや寺領一万坪の闇/櫛井芳子

下町に隠し川あり蚊喰鳥/大木あまり

二日にて家壊さるる蚊喰鳥/寺井谷子

船の子の橋に出遊ぶ蚊喰鳥/富田木歩

かはほりや裸掃除の御坊達/河野静雲

荷車の片輪はづすや蚊喰鳥/大谷句佛

蚊喰鳥この緋枕のみる夢は/後藤綾子

かはほりや門火暗き沼の宿/成嶋瓢雨

俳句例:61句目~

六月の袷裾長に蝙蝠安/長谷川かな女

蚊喰鳥炎のおとに子を捜す/吉田紫乃

原宿少女蝙蝠みたい春の雪/藤岡筑邨

蝙蝠と秋の燕とうちまじり/岸本尚毅

塔を掃く物日の暮や蚊喰鳥/籾山柑子

蝙蝠にかなしき母の子守歌/高浜虚子

夕月の滲む川原や蚊喰鳥/飯久保紫朗

蝙蝠に空明りさす湯浴かな/富田木歩

蝙蝠に街の灯火おぼめきぬ/島田青峰

妻の手に研ぎし庖丁夕蝙蝠/海崎芳朗

蝙蝠の低う飛ぶなり羅生門/寺田寅彦

蝙蝠の卍飛び出す伽藍かな/川端茅舎

少年に帯もどかしや蚊喰鳥/木下夕爾

少年の帯もどかしや蚊喰鳥/木下夕爾

蝙蝠の夕べとなりし祭かな/増田龍雨

蝙蝠の常に空腹なる貯水池/星野紗一

蝙蝠の心臓空をふらふらす/大石雄鬼

怪談の始まるまでの蚊喰鳥/筑紫磐井

蝙蝠の生れて別るる父母の町/飴山實

蝙蝠の糞下駄箱に阿弥陀寺/佐野みつ

俳句例:81句目~

晒井に蝙蝠安といふすがた/松藤夏山

更闌けて蝙蝠飛ぶや屋敷町/寺田寅彦

月の辺に燧し星や蚊喰鳥/赤松ケイ子

月の面に蝙蝠々かゝりけり/西山泊雲

蝙蝠の躰鈍れば飛びにけり/高澤良一

蝙蝠の軒をはなれぬ柳かな/寺田寅彦

蝙蝠の音や何か嘸傷みたれ/下村槐太

蝙蝠の飛翔の曲に休止符なし/樋笠文

極楽が見ゆと蝙蝠乱舞せり/鈴木蒼穹

蝙蝠はかは誰どきの道化者/高濱年尾

蝙蝠も出でよ浮世の華に鳥/松尾芭蕉

汲み去りて点滴の辻蝙蝠に/小池文子

蝙蝠やまた立ち戻る墓の前/林原耒井

蝙蝠ややもめもの買ふ小日の暮/移竹

海桐の実蝙蝠安の墓の上/町田しげき

蝙蝠や二階炊ぎの沼を前/大須賀乙字

灯の海に蝙蝠とべり神楽月/宮武寒々

蝙蝠や千木みえわかる闇の空/炭太祇

蝙蝠や川をはさみて皆裏戸/松永寄濤

蝙蝠や沙漠に銀の飛翔線/加藤知世子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ