季語/遅桜(おそざくら)を使った俳句

俳句例:101句目~

ひるの月三輪の木の間の遅ざくら/大江丸

みな降りし堅田を過ぎて遅ざくら/下田稔

有明のはつはつに咲く遅ざくら/中村史邦

遅ざくら墓にもありしうしろ姿/中山純子

遅桜黙し木の芽のさゝやける/大場白水郎

森閑と遅ざくら柩車除行せり/殿村莵絲子

遅ざくら夕陽どの部屋にも入りて/桂信子

京へきて息もつきあへず遅ざくら/炭太祇

季はづれの寒さにおびえ遅桜/大場白水郎

柏木のひろ葉見するを遅ざくら/蕪村遺稿

亡き人の恋をうべなふ遅ざくら/橋本榮治

雲霧にこずゑは見えず遅ざくら/飯田蛇笏

一ト本の散りつゝありし遅桜/池内たけし

遅ざくら散りし後日の過ぎ易し/中山純子

能扇の骨子拭き込む遅ざくら/安達実生子

夕せまる摩周湖あをし遅ざくら/川村すえ女

せせらぎに蓑漬けてあり遅ざくら/原田青児

かしこしや御所の木の間の遅桜/楠目橙黄子

い門入りほ門へ抜けぬ遅ざくら/稲垣きくの

巖むらのしたたりしぼり遅ざくら/栗生純夫

俳句例:121句目~

散る気色すこしも見えず遅ざくら/下村梅子

遅ざくら遅かれ染野とほければ/赤松けい子

駕で行く那須の温風泉や遅ざくら/羅蘇山人

こめかみのさびしく動く遅ざくら/山上樹実雄

誰も傷抱いて生きて旅の坂街遅桜/日下部正治

三の輪なり浄閑寺なり遅ざくら/久保田万太郎

日、蝕す、的らくとして遅ざくら/久保田万太郎

日、蝕す、すなはちもつて遅ざくら/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました