季語/辛夷(こぶし)を使った俳句

「辛夷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「辛夷」について

【表記】辛夷

【読み方】こぶし

【ローマ字読み】kobushi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木筆(こぶし:kobushi__)

・山木蓮(やまもくれん:yamamokuren)

・こぶしはじかみ(こぶしはじかみ:kobushihajikami)

・やまあららぎ(やまあららぎ:yamaararagi)

・幣辛夷(しでこぶし:shidekobushi)

・田打桜(たうちざくら:tauchizakura)

季節による分類

・「こ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

辛夷を含む俳句例

初花の辛夷月夜を漂へり/林翔

辛夷咲き万蕾いまだ空の塵/林翔

花十二つけて辛夷の高曇/上村占

山国の辛夷一向宗の花/茨木和生

城山は桜点々辛夷点々/京極杞陽

甲斐駒の一巌や辛夷咲く/小澤實

風あふれ辛夷樹上の花の舞/林翔

梅林辛夷なか~蕚固め/萩原麦草

大空に万燈の燭花辛夷/佐藤千兵

辛夷咲く方へ方へと湖の皺/黛執

綟れ花の辛夷が籬城址道/石川桂郎

石切の古間は辛夷恬淡に/栗生純夫

みな指になり風つかむ花辛夷/林翔

北空に刻みの深き花辛夷/鷹羽狩行

辛夷咲き浅間嶺雪を梳る/相馬遷子

蕾みな西に傾く辛夷かな/野村喜舟

花辛夷蒼天ゆふべ茜さし/福田蓼汀

月高し辛夷の花の片咲に/木津柳芽

杖突の薄日さびしみ谷辛夷/下田稔

花こぶし源氏末裔夕炊/成瀬正とし

俳句例:21句目~

耳聾す風天空を花こぶし/高澤良一

皓皓と辛夷飄飄と水芭蕉/西本一都

翳る白輝く白の辛夷見ゆ/千原叡子

山越の鴉こゑなし花辛夷/石田波郷

湖と共に曇りし辛夷かな/野村喜舟

湖の北なる辛夷月夜かな/岩崎照子

桐材を辛夷の下に堆く/鳥居美智子

峠路の果なき如く花辛夷/稲畑汀子

信玄の棒道の花大辛夷/百合山羽公

花辛夷山を地として秩父郷/松山足羽

曇天へまづ白点や辛夷蕾む/香西照雄

花辛夷滅ぶや森に鬨なす芽/堀口星眠

花辛夷笊を漉す水光り混み/伊藤京子

花辛夷風納まって物足らず/高澤良一

唐人の辛夷を画く座興かな/子規句集

いづみ千年湛ふ白きは姫辛夷/及川貞

蕾立つ辛夷の細枝風透けり/石塚友二

夕辛夷山なみ天の奥へ消え/友岡子郷

許さざる白の眩しさ花辛夷/渡辺恭子

足摺の夜は星恋の辛夷抽き/河野南畦

俳句例:41句目~

夜も青空辛夷千手の拳開く/原子公平

辛夷泛く夕空神を愛しまむ/堀口星眠

東坡集辛夷の風に吹れけり/松瀬青々

辛夷咲き始まる越の農作業/熊田鹿石

辛夷咲き琺瑯の空ゆらぎをり/森澄雄

辛夷咲き胸もと緩し人妻は/中村苑子

辛夷咲くにまかせ外人村無人/杉本寛

桃花村また李咲き辛夷咲く/相馬遷子

桔槹動かぬ夜ルの辛夷かな/尾崎迷堂

梢ふむ道に辛夷の白きかな/加舎白雄

辛夷咲く村に一人の万医者/水原春郎

辛夷咲く水神の辺に喧嘩堰/太田土男

辛夷打つ雨風激し三鬼葬/石田あき子

辛夷白を極め高野の胎蔵界/毛塚静枝

連峰へ辛夷ほつほつ塩の道/栗原澄子

山垣の雲ひらきつつ辛夷かな/飴山實

山峡の暗さ吸ひ消し辛夷咲く/上村占

山水のひゞかふ町は辛夷どき/飴山實

雑木山経巡る風に辛夷咲く/高澤良一

岩肌に辛夷散華のなほ真白/岡田日郎

俳句例:61句目~

雑木揺り辛夷揺り山渡る風/高澤良一

岬より青き夜が来る花辛夷/原田青児

雨足りて山田息づく花辛夷/相馬遷子

青天の辛夷や墓のにほひする/森澄雄

御仏の山高きより咲く辛夷/影島智子

青空に顔ひきしまる花辛夷/奥坂まや

青空ゆ辛夷の傷みたる匂ひ/大野林火

風興す男を欲りぬ花こぶし/大西泰世

故郷向く独身寮の枯辛夷/百合山羽公

満月に辛夷明りを加へたる/児玉輝代

満開の桜の中の辛夷かな/田川飛旅子

一辧の疵つき開く辛夷かな/高野素十

姫辛夷佇つ花影に彩動く/伊藤芙美子

一飛沫あげて月下の花辛夷/倉橋羊村

丘の上辛夷は風を疎まざり/林原耒井

生家なき古里に咲く北辛夷/桜田和夫

鷹迅し辛夷乱舞の風にのり/三宅句生

人間は昨日やめたり花辛夷/平井照敏

眞白に行手うづめて山辛夷/高野素十

神坐す立山暮れず花辛夷/長谷川閑乙

俳句例:81句目~

空音して雁塔晨鐘辛夷咲く/石原八束

何神の森とも知らず花辛夷/井上井月

立ち並ぶ辛夷の莟行く如し/高浜虚子

筑波嶺のどちらが表花辛夷/手塚美佐

純白の時間とまらず花辛夷/藤岡筑邨

老人に空みえ辛夷春を待つ/和知喜八

耶馬渓の空の巌肌辛夷咲く/石原八束

花辛夷どこかに昼の月宿す/山田弘子

厠紙辛夷明りに減りゆけり/長谷川双

花辛夷仰ぐ若さの幾許ぞ/石田あき子

合掌部落百花を抽きて一辛夷/岸田稚

名は朝子花こぶし見る眉すずし/原裕

花辛夷信濃は風の強き国/青柳志解樹

わが山河まだ見尽さず花辛夷/相馬遷子

青空の下に襤ある辛夷かな/大木あまり

ありなれの山の昼月辛夷咲く/長谷川双

青空に辛夷ととんび大揺れに/高澤良一

昼の月辛夷の中にとどまれり/岡田日郎

青天と辛夷とそして真紅な嘘/三橋鷹女

おういと声かけたき雲や花辛夷/朔多恭

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ