季語/遅桜(おそざくら)を使った俳句

「遅桜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「遅桜」について

【表記】遅桜

【読み方】おそざくら

【ローマ字読み】osozakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「お」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

遅桜を含む俳句例

人肌の光あつまり遅桜/原裕

旅人や鐘に石打つ遅桜/紫暁

み吉野の奥歯に物や遅桜/西勝

遅桜苗代つくり来て憩ふ/楸邨

厄祭浦々かけて遅桜/前田普羅

風声のおり居の君や遅桜/蕪村

ゆく春や逡巡として遅桜/蕪村

浅間なる幾沢かけて遅桜/普羅

京中の未見ぬ寺や遅桜/炭太祇

磐梯の弥六の沼の遅桜/遠藤梧逸

杉山の靄に滲めり遅桜/半田順子

松山や松の中なる遅桜/篠崎霞山

遅桜遅椿遅わらびなど/高野素十

神近く鯉育ちをり遅桜/藺草慶子

山ざとの人美しや遅ざくら/維駒

神座の一燈うるむ遅桜/松本幹雄

観音の在す湖北の遅桜/岩崎照子

嵯峨を出る筍売や遅桜/大谷句佛

遅桜修験の道は岩根道/津田清子

巻眠や湯治七日の遅桜/岡本松浜

俳句例:21句目~

武隈の松みせ申せ遅桜/草壁挙白

三尊を欺きしこと遅桜/和田悟朗

遅桜一本ありぬ花の寺/野村泊月

行く春や逡巡として遅ざくら/蕪村

翠黛に雲もあらせず遅ざくら/蛇笏

ひとり立つ眼鏡の駅夫遅桜/原田喬

ゆく春のとどまる処遅ざくら/召波

楢山の景をうすめて遅ざくら/澄雄

一もとの姥子の宿の遅櫻/富安風生

一升は俳のごとしや遅桜/加藤郁乎

雛の来ぬ閏に咲くや遅ざくら/如元

遅桜極楽水と申しけり/芥川龍之介

遅桜棟に幣たて御師部落/福田蓼汀

遅桜北指す道の海に添ひ/野澤節子

山腹に鳥を下ろせし遅櫻/高澤良一

遅桜静に詠められにけり/子規句集

炭国の丹波はさむし遅桜/大谷句佛

土鳩鳴く夕山かけの遅ざくら/布舟

遠目にも矢頃の島の遅桜/稲荷島人

遅桜一本にして大樹なり/高浜年尾

俳句例:41句目~

湯の峰が夕日の中や遅桜/瀧井孝作

山里の人美しや遅ざくら/五車反古

壬生寺や雀孕みて遅桜/岡本癖三酔

鮎宿の石垣高き遅ざくら/遠藤梧逸

配流の闇なほ土間に遅桜/古舘曹人

遅ざくら梨に交りて咲にけり/布舟

記念樹の遅桜咲く村役場/倉田静子

油断ものもこんな時なり遅桜/露言

遅桜なほもたづねて奥の院/高濱虚子

あがり佳き色鍋島や遅櫻/下村ひろし

遅桜卵を破れば腐り居る/芥川龍之介

遅ざくら陋巷にある高尾塚/西本一都

遅桜雲井の御所の趾なりと/高濱年尾

道中の桟敷貫ぬく遅ざくら/平畑静塔

雑木原晴れし嵐に遅ざくら/石原舟月

遅桜蝶々高く舞ひにけり/高橋淡路女

山冷に御簾みな黄なり遅桜/渡邊水巴

世に生きて青葉隠れの遅桜/高浜虚子

大佛の雨乾きゆく遅ざくら/青木重行

志賀旧居へと道とれば遅桜/岩崎照子

俳句例:61句目~

掃除して門とざしあり遅桜/野村泊月

樹のうろに木莵ひそみ遅桜/西村公鳳

淡海より勅使たちけり遅櫻/筑紫磐井

湖のけふ波荒し遅ざくら/豊田八重子

牡丹やなほ門前の遅ざくら/片山桃史

物腰の柔らかに老い遅ざくら/有働亨

甲斐駒に雲触れゆけり遅桜/松田多朗

目線やや上げて天城の遅桜/手塚美佐

身をやつし御庭みる日や遅桜/炭太祇

遅ざくら一本にして瞠目す/井沢正江

軍楽手登れば見えぬ遅桜/長谷川かな女

安達太良の沼の瀬尻の遅桜/沼尻巳津子

遅桜火の国は空けぶりたる/古藤みづ絵

遅桜河口に雨のつづきをり/宇多喜代子

つもりゆく月日美し遅ざくら/西本一都

遅ざくら越は四方なる田ごしらへ/木国

残花にも余花にもあらず遅桜/清崎敏郎

遅桜二木がつくる日陰かな/大場白水郎

山折れてふところなすに遅桜/細見綾子

暮れきらぬ蛇笏の村の遅桜/岡部名保子

俳句例:81句目~

遅桜母を連れ出し母疲らす/上野さち子

山坂や風傷みして遅ざくら/秋元不死男

貴船路となりし木深の遅桜/大場白水郎

現し世の屍を通す遅ざくら/殿村菟絲子

遅桜暮れて香煙ほのかなり/柴田白葉女

水打てば影いよゝ濃し遅桜/大谷碧雲居

遅ざくら人に後るること愉し/西本一都

母の試歩助ける日々や遅桜/椙本千代子

散りゆける花のたしかさ遅桜/後藤夜半

底たゝく春の隅より遅ざくら/高井几董

遅ざくら朝日優しく上りけり/草間時彦

遅桜園長の来て炉火上ぐる/殿村莵絲子

遅ざくら残鴨瀞にたゞよへる/西島麦南

神山や風呂たく煙に遅ざくら/飯田蛇笏

遅桜見てゐて日雇あぶれけり/岩田昌寿

長屋がち落ちこんで咲く遅桜/香西照雄

櫻見てゐてもう遅櫻のはなし/田中裕明

咲く花やとしの下手なる遅桜/上島鬼貫

風除の骨は解かれず遅ざくら/西本一都

舌にかろき雲水料理遅ざくら/北見さとる

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ