季語/扇(おうぎ)を使った俳句

俳句例:101句目~

帯といて落たる秋の扇哉/松瀬青々

朝顔を煽ぎて遊ぶ扇かな/前田普羅

投扇興ふはり発想転換す/水原春郎

珍らしく父の遊山や秋扇/鈴木花蓑

朝顔や扇の骨をかきね哉/榎本其角

うかるゝや扇隣に水の花/上島鬼貫

秋風や故国へ帰る持扇/大場白水郎

秋風の立ちて扇の美しき/後藤夜半

初春の花の扇を飾りけり/高橋純子

扇売みさを売四條綾小路/後藤綾子

額伏して白き扇や露の中/野村泊月

小雪舞ふ扇供養の篝かな/山本義久

秋扇観光艇の花卉に触る/宮武寒々

秋扇義民に介の名の多き/宮坂静生

清水の坂の途中に買ふ扇/金子恵美

旅果ての鞄の底に秋扇/小林とし子

生盆や扇ケ谷に母ひとり/宮下翠舟

白扇を蝶の如くに使ひをり/上野泰

初詣扇びらきに大樹の根/辻田克巳

扇もて西日さへぎる業平忌/森澄雄

俳句例:121句目~

雨迅き近江の空や奉扇会/星野石雀

一扇の軸を上座に契沖忌/飯田蛇笏

扇越し林林李芒師と隣り/加藤耕子

夕顔の花を画きたる扇哉/正岡子規

夕顔を心に投げし扇かな/成瀬正俊

扇流しの扇の中の花一図/津根元潮

断崖に立つ身と思ふ秋扇/久米正雄

銀扇に書きし献立女正月/河野頼人

白扇を月としかざし鹿踊/杉山古月

三椏の扇びらきの花の数/佐野青城

白扇や筑紫の海の夕凪に/野村喜舟

秋扇校長室のペン皿に/西村三穂子

秋扇を遣ひつゝ僧上堂す/高濱年尾

並びなき雪の舞手や初扇/長谷川櫂

扇面のをんな艶たる秋扇/高澤良一

犀川の扇洲に布く春の雪/西本一都

白扇の踊夕顔ひらくごと/羽部洞然

扇面の波を鎮めて筆はじめ/杉良介

十人に十の扇の動く部屋/稲畑汀子

秋扇や観客中の劇作者/楠目橙黄子

俳句例:141句目~

投扇興故を温ね遊びけり/高浜虚子

鉛筆にとめし数句や秋扇/野村泊月

法要の朱扇も秋の扇かな/渡辺大円

秋扇や淋しき顔の賢夫人/高浜虚子

扇骨の広げし庭に冬日燦/伊藤初代

秋扇や寂しき顔の賢夫人/高浜虚子

奥にゐる女ほのかや扇店/高浜虚子

奥嶺もう隠れし秋の扇かな/辻桃子

秋扇や人を教へて五十年/佐川雨人

秋扇や一消ゆるお僧の死/尾崎迷堂

松かげにみるや扇の道中記/炭太祇

扇つかふ心憎さよ袷人/高橋淡路女

女手に抓み使ひの扇よし/後藤夜半

秋扇そへて囁く内緒ごと/神谷三蔵

神鳴の灸する絵も扇かな/中村史邦

女狐に賜はる位/扇かな/筑紫磐井

釜形の滝の音色の扇面に/高澤良一

十夜の場たが座取けん扇が谷/昌夏

歳旦や扇開きにうろこ雲/伊東宏晃

人斬れと帯深くさす秋扇/小林康治

俳句例:161句目~

掛香や扇は顔の玉すだれ/井上井月

人穽すことの易しさ秋扇/石塚友二

短夜の扇引き去る鼠かな/会津八一

眠れとも扇は動くあつさかな/冨国

沖はまだ空の明るさ扇置く/石嶌岳

物書て扇引さく名残かな/松尾芭蕉

厠なる扇も喰らふ鼠かな/高井几董

扇骨干して近江の風光る/金井典子

物書て扇引さく余波かな/松尾芭蕉

要やゝ綻びし扇涼しけれ/小林康治

杉高し秋扇もて幹打てば/皆吉爽雨

白扇に竹かく墨の溜り哉/松瀬青々

衣摺りて使ふ女の扇佳し/後藤夜半

白扇に一筆描きの波走る/東峰芳子

蝶折々扇いで出たる霞かな/千代尼

扇山ぬれて美し虎ヶ雨/福田玉函子

花の頃扇さいたり諸職人/上島鬼貫

業平の歌の淋しき扇かな/原田青児

舞そめや金泥ひかる京扇/正岡子規

冬浪の銀扇の飛ぶ虚空かな/上野泰

俳句例:181句目~

列席の貴顯/淑女よ白扇/筑紫磐井

あたゝかき乳房を押へ秋扇/久米正雄

あつらえの扇出來たり謠初/正岡子規

瓶の花けふはこでまり扇店/亀井糸游

あの山が八甲田です扇置く/鈴木鷹夫

あらたまる心に持ちし扇かな/林香翠

香水の匂へる忘れ扇かな/冨田みのる

鳩居堂秋の扇を売りにけり/野村喜舟

鶴舞ふや扇開きに朝の日矢/野島抒生

黄昏や扇をのする白ぼたん/斯波園女

うつくしや扇づくりの苗代田/青邨/

扇見てふし思ひ出す夜寒哉/正岡子規

うらみ心に海渡る晴や秋扇/宮武寒々

朝雨を情に聞く日や扇置く/三和嘯月

かの人の忘れ扇ぞ盗みたし/鈴木鷹夫

かの忘れ扇を返すべく忘れ/下村梅子

かんなぎの扇招けば鶴渡る/野澤節子

こいさんに赤き扇の風もらふ/小島健

旧交のはじめ覚えず初扇/赤松ケイ子

ささやきし後の扇は大仰に/鎌田光江

タイトルとURLをコピーしました