季語/梅雨晴(つゆばれ)を使った俳句

「梅雨晴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨晴」について

【表記】梅雨晴

【読み方】つゆばれ

【ローマ字読み】tsuyubare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梅雨晴間(つゆはれま:tsuyuharema)

・梅雨の晴(つゆのはれ:tsuyunohare)

・梅雨晴る(つゆはる:tsuyuharu)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梅雨晴を含む俳句例

梅雨晴の船赤土を満載し/林徹

顧る間人の岬五月晴/西山泊雲

虻出よせうじの破の五月晴/一茶

梅雨晴間犬猫金魚丸洗ひ/龍野龍

火の雨も洩らぬ巌ぞ五月晴/西望

梅雨晴間青畝先生首傾げ/岸田稚

鼓鳴る芝山内や五月晴/正岡子規

頤の鬚に風あり五月晴/正岡子規

下町の十方音や梅雨晴間/石塚友二

渓流の畔の起伏に五月晴/飯田蛇笏

満園の露日に動く五月晴/正岡子規

五月晴黒人無帽にて街へ/古舘曹人

梅雨晴間長い短い夢を見ぬ/岸田稚

梅雨晴間旅の鞄は黒が好き/松本旭

堅灰岩仰ぎ黙祷梅雨晴間/岡田日郎

梅雨晴の葵の花や黒き蝶/斎藤梅影

山椒の切口香る梅雨晴間/前田靖子

梅雨晴の二竿ほどの濯ぎ物/翁長恭子

梅雨晴間憩ふ社にだんご虫/高澤良一

五月晴れ白粉焼けの昇天す/石原八束

俳句例:21句目~

梅雨晴や三日分ほど働く気/小原寿女

梅雨晴の髯剃る湯殿鏡かな/河野静雲

五月晴友がうがうと昇天す/國安半久

後山に葛引きあそぶ五月晴/飯田蛇笏

悪たれる鴉を相手梅雨晴間/高澤良一

舟屋みな舟の出払ふ五月晴/高石敏子

梅雨晴や暗礁も見えず油凪/西山泊雲

梅雨晴の清水坂を奔りけり/野澤節子

梅雨晴や庭師が使ふ腰鋏/上野さち子

半熟の黄身崩れをり梅雨晴間/高岡慧

甲斐駒の雲塊憎し五月晴/松本たかし

梅雨晴間搾乳鑵へ乳はしり/相馬遷子

命燃え果てに掴みし五月晴/今泉貞鳳

梅雨晴れて恰も月夜柿の影/鈴木花蓑

昼の灯のかかる青さや梅雨晴間/林翔

朝風の音にも五月晴のあり/細井路子

一襤褸啖へり舗道梅雨晴間/石塚友二

梅雨晴の風のまつはる鬼瓦/鈴木昌江

尺蠖の尺取り急ぐ梅雨晴間/和田祥子

梅雨晴に加はる星の夥し/相生垣瓜人

俳句例:41句目~

山々や都を遠み梅雨晴れず/相馬遷子

濯ぎもの好きな嫁来て五月晴/堀恭子

五月晴ともいふ心地溺れり/高濱年尾

通されて二階眩しや五月晴/寺田寅彦

梅雨晴やけふの港の潮赭く/五十嵐播水

うれしさや小草彩もつ五月晴/正岡子規

対岸の熔接の火や梅雨晴間/村上喜代子

梅雨晴や樹を折り遊ぶ女学生/前田普羅

この町に恵那引きよせて五月晴/上村占

梅雨晴や螺子しめ直す車椅子/高木達郎

梅雨晴や距離を延して万歩計/江頭景香

梅雨晴や鵜の渡りゐる輪島崎/前田普羅

フラミンゴ子育て中や五月晴/小田ひろ

五月晴お常の御座所質素なる/瀧井孝作

梅雨晴れず祭の花火天に爆ぜ/相馬遷子

梅雨晴れや吾子三人の発光体/都筑智子

五月晴のけぞつてゐる風見鶏/堀可衛子

梅雨晴れや遠き町より装蹄師/村松正規

梅雨晴間夕日はどこへ沈まうか/原田暹

五月晴ピアノの横の母の杖/吉野のぶ子

俳句例:61句目~

梅雨晴間失ひ居りし刻もどす/高木晴子

五月晴左右で違ふ下駄の音/嶋澤喜八郎

梅雨晴間小包ぽんと届きけり/高澤良一

梅雨晴間栄えの眉雪の師に近む/杉本寛

梅雨晴間母娘の買物時かけて/関森勝夫

修道女の大き手提や梅雨晴間/近藤愛子

梅雨晴間絶えて久しき友来る/高浜虚子

病者睡て足裏くろし梅雨晴間/石田波郷

電話不意誘ひも不意や五月晴/松尾緑富

子に読みし絵本を孫に五月晴/沼尻ふく

青山に遠山かさね梅雨晴るゝ/前田普羅

館孤独梅雨晴雀戸に来ても/下村ひろし

明神の朱聖堂の黝梅雨晴るる/橋本榮治

梅雨晴の夕茜してすぐ消えし/高濱虚子

梅雨晴の月高くなり浴みしぬ/石橋秀野

梅雨晴の柱の裾に日当れり/五十嵐播水

梅雨晴の白百合多き山路かな/石動炎天

いつしんに卒塔婆ゆらぐ五月晴/柿本多映

梅雨晴やところどころに蟻の道/正岡子規

梅雨晴間巨人のごとく蟻あゆむ/藤岡筑邨

俳句例:81句目~

海猫の漁夫より忙し梅雨晴間/岡本まち子

梅雨晴間たちまち不在猫奴なる/石塚友二

梅雨晴間とるに程よく草のびて/遠藤はつ

梅雨晴間ぷらんぷらんと母散歩/高澤良一

五月晴なりけり地震起りけり/鈴木洋々子

五月晴の障子を開けし御堂かな/宮本旅川

梅雨晴の西風あらき土手に来し/高濱年尾

熊野権現ぬりごめ開く五月晴れ/伊藤敬子

今日五月晴れて青桐の幹あおく/古沢太穂

伸びをする雀の居りて梅雨晴間/高澤良一

供華剪るや蝶の先たつ梅雨晴間/遠藤はつ

梅雨晴間二階傾くほどに干す/今井千鶴子

梅雨晴間壁に凭るるぬひぐるみ/高澤良一

梅雨晴や双子抱きて力士来る/長屋せい子

子の指を発つ天道虫梅雨晴れむ/岡田貞峰

梅雨晴れたり霞める雪の槍穂高/臼田亜浪

梅雨晴や野球知らねばラヂオ消す/及川貞

梅雨晴の波こまやかに門司ケ関/高浜虚子

梅雨晴れの月高くなり浴みしぬ/石橋秀野

梅雨晴やさつま切子の乱反射/田辺キヨ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ