季語/雷鳥(らいちょう)を使った俳句

「雷鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雷鳥」について

【表記】雷鳥

【読み方】らいちょう

【ローマ字読み】raicho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雷鶏(らいけい:raikei)

季節による分類

・「ら」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

雷鳥を含む俳句例

雷鳥鳴く雷鳥沢の霧底に/高山麦

雷鳥に雷鳥のひな残り雨/内野修

雷鳥の腹雪渓のいろ残る/棚山波朗

夕闇に雷鳥まぎれ岩残る/岡田日郎

雷鳥や霧海の底の雪明り/大森桐明

雷鳥や岳の荘巌一身に/加藤かけい

雷鳥の人の如くに顧る/打出/たけを

雷鳥の声雪渓の風にのり/小原菁々子

くろぐろと立つ雷鳥の夏姿/由山滋子

雲垣や雷鳥鳴けるお花畑/石橋辰之助

霧に遊ぶ雷鳥もまた一家族/橋本榮治

雲騰り雷鳥の嶺かゞやきぬ/河野南畦

岩走る雷鳥哭いて捜査やむ/久米正雄

雷鳥や頂上は巌あたゝかく/久米正雄

雷鳥の換羽吹かるる草紅葉/岡田貞峰

雷鳥や霧吹くのみの岩世界/岡田貞峰

雷鳥や白き神々座を据ゑし/河野南畦

雷鳥の雌呼んでゐる声かとも/林正之

雷鳥の近すぎるのか松曲る/伊東達夫

霧ふかく会ふ雷鳥の雛連れて/渡辺立男

俳句例:21句目~

霧ほつれゆく雷鳥の子恋かな/橋本榮治

ずぶ濡れの雷鳥歩むわが前を/柏木去孔

ザイル置く岩を雷鳥走りけり/小林樹巴

夕焼けて雷鳥も身を焦したつ/澤田緑生

山小屋の犬雷鳥を追ひ翔たす/福田蓼汀

吹雪くよう雷鳥の胸の斑ら/田口満代子

磁石出す我を雷鳥みつめをり/西田浩洋

雛を呼ぶ雷鳥尾根の日暮どき/新井英子

雛連れて雷鳥我が家も育児中/安井昌子

雷鳥に鳴らすひとりの靴の鋲/岡田貞峰

雷鳥がゐて薄明の霧ながる/山上樹実雄

雷鳥の枯れ尽しては何を待つ/橋本榮治

雷鳥の樹海遥にしづみけり/武原はん女

雷鳥の消えし岩の間秋の風/勝俣ひとし

雷鳥の目尻の紅の刺すごとし/古舘曹人

雷鳥の眼尻の紅の刺すごとし/古舘曹人

雷鳥の足あと雪に浅くなし/阿波野青畝

雷鳥やよくぞ穂高に登りたる/野村久雄

雷鳥や霧の底より湖見えて/大森三保子

雷鳥や霧を呼びつゝ巌かげに/中島斌雄

俳句例:41句目~

雷鳥をかくも至近の贅尽す/小内春邑子

雷鳥を追ふ谺日の真上より/河東碧梧桐

雷鳥消ゆ這松原はみぞれ待ち/松村蒼石

おほらかに雷鳥よぎる雛つれて/浅間一玉

ぎいとただ鳴いて雷鳥霧を漕ぐ/上甲平谷

雷鳥や指呼に三座の不帰の険/伊藤いと子

我等親子雷鳥親仔と尾根に逢ふ/福田蓼汀

雷鳥の子別れどきや霧すさぶ/坂本山秀朗

雷鳥のすこしにんげんくさくなる/松澤昭

我等父子雷鳥親仔と尾根に逢ふ/福田蓼汀

天地霧に消えて雷鳥と我とかな/大町佳月

雷鳥を見しより岳の昏れにけり/毛笠静風

雷鳥の雛見て脈のこくこくと/滝澤眞保子

雷鳥もわれも吹き来し風の中/水原秋櫻子

雷鳥の巣にぬくみある夕立かな/吉田冬葉

田の鯉をふやしにふやす日雷/鳥居美智子

雷鳥や雨に倦む日をまれに啼く/石橋辰之助

大伯母のドイツパンのよう雷鳥は/遠山郁好

登山綱干す我を雷鳥おそれざる/石橋辰之助

もういくつ寝て姥となる春の雷/鳥居美智子

俳句例:61句目~

吹雪く夜の雷鳥小屋の灯に啼くか/石橋辰之助

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ