季語/空蝉(うつせみ)を使った俳句

「空蝉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「空蝉」について

【表記】空蝉

【読み方】うつせみ

【ローマ字読み】utsusemi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蝉の殻(せみのから:seminokara)

・蝉の蛻(せみのもぬけ:seminomonuke)

・蝉のぬけがら(せみのぬけがら:seminonukegara)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

空蝉を含む俳句例

空蝉の中も夕映母の国/今井聖

空蝉の阿鼻叫喚や厳島/飴山實

明け白み梢々の蝉の殻/中田剛

空蝉の涙の如き眼かな/上野泰

空蝉の鎧兜の泥まみれ/鷹羽狩行

空蝉をのせて銀扇くもりけり/目

露葎まだやはらかき蝉の殻/竹代

空蝉や諭吉旧居の深廂/宮原双馨

蝉殻をぬぐや信濃の桑畑/樋笠文

空蝉の眼に泥や乾きたる/小澤實

蝉の殻流れて山を離れゆく/敏雄

空蝉や妻に肩借す寺の階/原石水

屈葬を諾ふごとく蝉の殻/轍郁摩

空蝉の貫き通す初一念/高澤良一

銀の空蝉かさね秤るかな/山本掌

経蔵の壁に空蝉白峰寺/一宮半月

空蝉や巌の湿り近うして/依光陽子

空蝉や家をめぐりて水の音/岸田稚

空蝉となりても登る爪かけて/照敏

一つ葉に空蝉二つ生垣に/高澤良一

俳句例:21句目~

風雨二日経て褐色の蝉の殻/中田剛

躓ける恰好のまま蝉の殻/後藤夜半

空蝉にしばらくありし雷神/齋藤玄

覚えなき山川蝉の殻流れ/齋藤愼爾

空蝉に呆け雷とどきけり/下村槐太

真白な壁の途中に蝉の殻/岩田由美

空蝉は胎児の容千年樹/伊丹さち子

空蝉に翅を収めし突起かな/日原傳

父の忌の空蝉母の忌の螢/齋藤愼爾

空蝉の双掌掴みに高野槇/角川春樹

空蝉や触るも惜しき年埃/永田耕衣

天地の間にかろし蝉の殻/松瀬青々

空蝉の胸を抱へて草の上/島田藤江

空蝉に雨水たまり透きとほる/篠原

空蝉も墓も夏草隠りかな/小林康治

空蝉はまだ笑い声残しをり/黒田肇

たかぶれば空蝉も鳴く夕茜/澁谷道

空蝉を集めて深山暮らしかな/林桂

空蝉の宝庫と巡る興半ば/高澤良一

空蝉を指にすがらせ餉の祷り/子郷

俳句例:41句目~

空蝉に蝉のかなしみ残りけり/林翔

空蝉の捨身何飼ふ磯長墓/安東次男

空蝉を手提に拾ひ一人旅/細見綾子

空蝉を入れし袋の落し物/茨木和生

空蝉をひろふ流人の墓ほとり/林火

空蝉のしがみついたり草箒/森無黄

空蝉の水より迅く流れけり/月二郎

空蝉の泪のいろに白日は/斎藤梅子

空蝉のすがりてかろき青木賊/麦南

空蝉や背割れ八月十五日/河野南畦

空蝉の立ち端も知らず碁打共/梧胡

空蝉の結婚式の靴がない/攝津幸彦

空蝉に肉残り居る山河かな/永田耕衣

空蝉はあかるい雨の一農夫/栗林千津

空蝉は命離して透きとほり/坂巻純子

空蝉ばかり仏壇巨大なる村は/林唯夫

空蝉も蝉も入れられ一つ籠/高澤良一

空蝉やまなこに魂残し置く/松せい一

空蝉や旅の浴衣を袖だたみ/岡田貞峰

のけぞりに空蝉すがる青柚かな/青畝

俳句例:61句目~

空蝉や松の天辺すがりつく/植田都甫

空蝉や死海を越えて来し便/白井久雉

空蝉のからくれないに砕けたり/間石

空蝉のこだま綴りし少年期/齋藤愼爾

空蝉や残ると思う背の痛み/外山恒吉

空蝉や芙蓉落ちたる音閑か/渡邊水巴

空蝉や葦吹く風も父祖の郷/石塚友二

空蝉をとらんと落す泉かな/飯田蛇笏

仰向きて空蝉山を離れゆく/齋藤愼爾

冗談に空蝉個個に歩きけり/永田耕衣

十ほどの空蝉雪の匂いする/鳴戸奈菜

空蝉をみつけて仕事着の硬さ/渋谷道

空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子

囁きぬ空蝉のこと舟のこと/鳴戸奈菜

土くれを抱く空蝉のくらさかな/原裕

地上一尺に空蝉幽かなり/百合山羽公

空蝉を子が拾ふ手の女なる/後藤夜半

夢の世にかかる執着空蝉は/斎藤慎爾

空蝉を拾い跡見る見損かな/永田耕衣

空蝉を拾へば水の零れけり/柿本多映

俳句例:81句目~

空蝉を飛ばしかずかず盆の道/斎藤玄

羅の身より空蝉こぼしたり/齋藤愼爾

少年の机に地図と空蝉と/大木あまり

聾に掌の空蝉の鳴きくれし/安川喜七

岩に爪たてて空蝉泥まみれ/西東三鬼

閑かさや空蝉は粒ぞろいにて/渋谷道

井月の村きさらぎの蝉の殻/宮坂静生

愛染の身に空蝉は握られぬ/庄中健吉

蝉殻を割れば星空響き合う/田村勝実

空蝉のばらばらなるへ俯ける/中田剛

掃苔の垣に空蝉のこしたる/皆吉爽雨

蝉殻を見つけオーイと男親/池田澄子

釣床や蝉の殻など振ひけり/三島霜川

うつせみや一切空の石舞台/渡辺恭子

月日過ぎ易く空蝉の爪に泥/高澤良一

空蝉のまろべば紙の音すなり/清之介

森閑とこの空蝉の蝉いづこ/福永耕二

空蝉のやがて忘らる机の上/高澤良一

汝等まろき脂ぎつたる空蝉よ/草田男

空蝉の反り身にかかふ石祠/梅澤朴秀

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ