季語/林檎の花(りんごのはな)を使った俳句

「林檎の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「林檎の花」について

【表記】林檎の花

【読み方】りんごのはな

【ローマ字読み】ringonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花林檎(はなりんご:hanaringo)

季節による分類

・「り」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

林檎の花を含む俳句例

花林檎一と昔否大昔/星野立子

担任が代りほぐるる花林檎/樋笠文

夢のいろのうす紅や花林檎/及川貞

祝唄も津軽訛よ花りんご/伊藤京子

花林檎怒濤の上の理髪店/遠山郁好

花林檎羽幟短き妻つれて/古舘曹人

花林檎貧しき旅の教師たち/飴山実

花林檎雲の信濃の雲稚く/西本一都

葺替の男ぬきんで花林檎/野澤節子

ゆく春や野沢の宿の花林檎/田中冬二

山水でとぐ米白し林檎の花/細見綾子

彳みて林檎の花の四方の中/富安風生

一歩一歩に日光新た花林檎/大野林火

仏間より見えて林檎の花白し/脇祥一

何誓ふ飛燕のこゑぞ花林檎/堀口星眠

山の町蕗畑に散る林檎の花/細見綾子

冷ゆる日の雲美しき花林檎/西本一都

溶岩崩れ林檎の花は引緊る/古舘曹人

甘き香を空に拡げて花林檎/手島知韶

花林檎村を囲みて山かけて/高浜虚子

俳句例:21句目~

畑沈め畑浮く山の花りんご/田村了咲

北上川まぶし林檎の花の丘/財川石水

花林檎吾を水音の中に置く/藤田湘子

花林檎枝先に空溢れたり/上野さち子

花林檎空は澱みて色もなき/児玉小秋

南部富士近くて霞む花林檎/山口青邨

ひと平隈なく晴れて花林檎/茂里正治

みちのくの女色白花りんご/下村梅子

靄下りて暖き夕なり花林檎/田中冬二

簷低し林檎の花の月夜なる/木村蕪城

雪折に荒縄を巻き林檎咲く/太田土男

遠山の雲を脱ぎたる花林檎/石川皓子

門入りてなほ小一丁花林檎/宮本素風

高空は疾き風らしも花林檎/相馬遷子

山の町蕗畑に散る林檎の花/細見綾子

林檎咲き磐梯雲を厚くせる/篠田麥子

花りんご千曲川かぜ朝をわたる/及川貞

この雨で林檎の花の終りけり/行本草堂

花りんご風棲む峯の遠からず/小池文子

花林檎きのふのけふの妻愛す/松山足羽

俳句例:41句目~

グレゴリオ聖歌の坂の花林檎/石原八束

白雲や林檎の花に日のぬくみ/大野林火

花林檎ほとほと白し夜の床も/野澤節子

紺かきが竹虎がくれや花林檎/高井几董

倉壁の芯あらはにも花林檎/黒田櫻の園

花林檎母の日われに永かれや/村越化石

原木のあかとき色の花りんご/高澤良一

受粉後の白を深めて花りんご/佐藤信子

娘よりきれいな母や花りんご/清水基吉

山麓に日色を湧かせ花りんご/高澤良一

花りんご岩木嶺を雲離れざる/桜庭梵子

常念岳へ雲ひかり飛ぶ花林檎/伊東宏晃

裏門は山上にあり花林檎/阿部みどり女

見上ぐるや伽藍の上も花りんご/及川貞

座敷童子の耳が林檎の花なり月夜/林桂

弁当に日が射す林檎の花の下/細見綾子

武士の血は土もて伝ふ花林檎/古舘曹人

雨雲を捧げきつたる花林檎/長谷川秋子

花林檎髪切りてけふ昏からず/宮坂静生

面つゝむ津軽をとめや花林檎/高浜虚子

俳句例:61句目~

泣虫の子は日の奥に花林檎/磯貝碧蹄館

黒板はひらがなばかり花林檎/吉原文音

津軽より招かれて旅花りんご/佐藤良生

林檎咲き無用の繩がぶら下る/古舘曹人

花りんご清流ありて近寄れず/吉野義子

林檎咲く道来て小さき城に入る/上村占

蜂に蜜我等にむすび林檎咲く/矢島渚男

花りんご修司に帰心ありしやと/小林正子

畑打に林檎の花のさかりかな/瀧澤伊代次

花りんご長じてもなほ頬あかし/太田土男

花林檎嫩葉いろして月出づる/文挟夫佐恵

花林檎幾百摘みしはにかみか/加倉井秋を

遠見して雲にはあらず花林檎/上平はるを

鉄橋を風吹きぬける花りんご/工藤たみ江

おしら遊び林檎の花に月沈む/八牧美喜子

花りんご散るや月夜の岩木山/浅沼三奈子

雲ひらき林檎の花にすぐとざす/杉山岳陽

みちのくの山たゝなはる花林檎/山口青邨

ゆたかなる腰よ林檎の花摘むは/岸風三樓

花林檎牛生れし日に行きあはす/藤田湘子

俳句例:81句目~

バス傾しぎ林檎の花に風の渦/畑中余枝子

嶺々近く身を低うして花林檎/佐藤美恵子

林檎咲きなべて雲脱ぐ八ケ岳/小澤満佐子

林檎咲きアルプの牛の鈴ひびく/石原舟月

牛鳴いてのどかなるかな花林檎/星野立子

花林檎雨後はシグナル彩鮮し/八牧美喜子

林檎咲く月夜を占めて津軽富士/西村梛子

田仕事の腰伸ばしゐる花林檎/平松茂都子

犬小屋の中真暗や林檎咲く/阿部みどり女

花りんご散るや月夜の岩木山/浅沼三奈子

空ことにまぶし林檎の花のもと/木下夕爾

遠く来しおもひ林檎の花に居て/山添つとむ

間引かれし林檎の花と知りにけり/京極杞陽

きらめきて過ぎし一語や花林檎/加藤三七子

お岩木山は雪つもるほど花林檎/新谷ひろし

花林檎天に夜明けの津軽富士/宇都木水晶花

林檎咲く病者を置きて戻り来れば/巌谷小波

花りんご家鴨の家は屋根がない/及川ちゑ女

林檎咲く野しろいしろいわらべ唄/豊田都峰

林檎散る昼かみなりの鳴るなべに/高浜虚子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ