季語/木の芽(このめ)を使った俳句

「木の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木の芽」について

【表記】木の芽

【読み方】このめ

【ローマ字読み】konome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・名木の芽(なのきのめ:nanokinome)

・きのめ(きのめ:kinome)

・芽立(めだち:medachi)

・芽吹く(めぶく:mebuku)

・木の芽張る(このめはる:konomeharu)

・木の芽雨(このめあめ:konomeame)

・木の芽山(このめやま:konomeyama)

・木の芽垣(このめがき:konomegaki)

季節による分類

・「こ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

木の芽を含む俳句例

一色に目白囀る木の芽かな/浪化

桑芽吹き上州の景始まりし/不先

濠柳芽吹き毎日新聞社/高澤良一

闘犬の綱真新し木の芽風/森藤千鶴

たら芽吹く鬼の栖を尋ねんか/原裕

山裾の一本道の木の芽風/千原満恵

家中の柱が芽吹く朧かな/齋藤愼爾

塊を擡げて萱の総芽立ち/西山泊雲

広前に欅芽吹きの金色相/高澤良一

大原や木の芽すり行く牛の顔/召波

抱合の神をかくして木の芽山/澄雄

何か鳥飛ぶ嵐雑木芽立に/北原白秋

折々に猫が顔かく木の芽かな/一茶

古桑の拳の芽吹き裏妙義/奈良文夫

向日の性に芽吹きぬ欅楢/石塚友二

青空を白雲走る木の芽かな/原石鼎

木芽立つ金堂跡の月夜哉/中川宋淵

枯真菰漂うてゐて芽吹きけり/岸朗

水中に芽吹く種ある台所/対馬康子

水楢の芽吹く青空農具市/伊藤京子

俳句例:21句目~

資生堂前の焼跡芽吹き急/加藤耕子

木の芽風漆黒の膳拭き清め/桂信子

起請文累々芽吹く杜にて/高澤良一

牡丹の寒の芽立ちを虔める/岸田稚

鉄壁と思ひし崖の芽吹きをり/林翔

空濠の底にも農夫たら芽吹く/林翔

籾を出る卵半身芽立つ町/辻田克巳

老桑の瑞の芽立や春祭/水原秋櫻子

芽吹く前の谷は肉色友の家/大井雅人

山門の欄に触れ芽吹きをり/植木南汀

飯粒を神輿に蟻や木の芽山/矢島渚男

大欅芽吹かむ気配夜空より/相馬遷子

大銀杏芽吹いて空を点綴す/山西雅子

全山や一宗興るごと芽吹き/村松紅花

薪能万の木の芽の焦さるる/藤田湘子

館といふ立方体や蔦芽吹く/山田弘子

初凪の芥に芽吹く玉葱よ/高麗銀糸尾

芽立華やぐ僧結界の杉木立/河野南畦

厨にて芽吹く玉葱母の忌来る/朔多恭

やゝ寒し早稲のひつぢの角芽立/野童

俳句例:41句目~

飛石の雨の短し木の芽あへ/小池文子

吊されて玉葱芽吹く受難週/中尾杏子

一斉に天を仰げる木の芽かな/上村占

太郎柿芽吹くや次郎柿芽吹く/辻桃子

風葬や木の芽が軋む島の蔭/古館曹人

夜の色に暮れゆく海や木の芽時/石鼎

晩婚や風禍の欅秋芽吹き/松崎鉄之介

老眼に潤める木の芽童子佛/石川桂郎

がう~と欅芽吹けり風の中/石田波郷

線香の煙の迫る木の芽山/佐々木六戈

穂は枯て接木の台の芽立けり/炭太祇

眼帯にすこしの湿り木の芽時/甲富代

点滴の一滴づつが木の芽まで/内田啓

海原の朝日返して木の芽山/石塚友二

母の歌木の芽のみちに憚らず/瀧春一

木石や石も芽吹かむ春の雨/石塚友二

芽吹きたる一樹に小鳥籠吊す/樋笠文

朴芽吹き谷川の水段為して/高澤良一

万葉のむらさき芽吹き人丸忌/藤小葩

栗くぬぎ芽立ち霞めり背山垣/及川貞

俳句例:61句目~

練り返す印泥木の芽起しかな/神蔵器

桜芽吹く空へ千人針刺して/渡辺恭子

楢山の芽吹はけむる笹小笹/斎藤夏風

楢芽吹き欅芽ぶきて広廂/柴田白葉女

楷芽吹く文庫に残る青磁壺/田中英子

榛芽吹き神居古潭の川景色/高澤良一

警策音飛んで瑞鹿山芽吹き/高澤良一

谷地柳芽吹く一帯の雪解水/内藤吐天

木の芽風燈台白をはためかす/桂信子

雲早し古城の濠に蓮芽吹く/高井北杜

鳥刺の少年の日の木の芽山/椰子次郎

三峯の少し冷たき木の芽風/臺きくえ

学生に降る雨太く桑芽立つ/大井雅人

水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿/石川桂郎

二荒山淵青ざめて芽吹き急/館岡沙緻

木の芽風天竜ここに汪洋と/栗生純夫

幻聴か芽吹きの音か森の中/手島靖一

木の芽雨平らなものへ女の目/桂信子

足袋底に滲む残雪橡芽吹く/松村蒼石

五平餅人語も芽吹く峠茶屋/渡辺恭子

俳句例:81句目~

烈風に古葉をののく芽立ちつつ/林翔

亜浪林火愛培の萩太芽立つ/関森勝夫

木の芽晴風の笛生む屏風岩/雨宮抱星

金色に芽吹く欅を敬へり/山田みづえ

白雲や芽吹く力に大樹揺れ/川村紫陽

眼の底に一本楢の芽吹くなり/岸田稚

木の芽坂一丁の鉈購ひ帰る/岸風三樓

金賞の札傍らに薔薇芽立つ/斉藤葉子

鼻高と酒くまん月の木の芽漬/中勘助

木の芽出て手擦れの艶の男神/森澄雄

人は影鳥はひかりの芽吹山/佐藤光夫

穂は枯て接木の台の芽立けり/炭太祇

雨止むや芽立かすめる向ひ山/及川貞

迷ひ熊一村湧かす木の芽晴れ/林民子

富士山の湧水芽吹き促すよ/高澤良一

芽吹く中黄なるは咲きて連翹に/林翔

耳敏く人の住むなり芽吹山/本宮哲郎

人去りて木の芽の谺包む館/長山あや

小綬鶏の木の芽啄む野外弥撒/石原義輝

雑木の芽月下の蜂起明らかに/橋本榮治

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ