季語/左義長(さぎちょう)を使った俳句

「左義長」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「左義長」について

【表記】左義長

【読み方】さぎちょう

【ローマ字読み】sagicho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・三毬杖(さぎちょう:sagicho_)

・とんど(とんど:tondo)

・どんど(どんど:dondo)

・どんどん焼き(どんどんやき:dondonyaki)

・どんど正月(どんどしょうがつ:dondoshogatsu)

・どんど場(どんどば:dondoba)

・さいと焼き(さいとやき:saitoyaki)

・正月小屋(しょうがつごや:shogatsugoya)

・どんどん小屋(どんどんごや:dondongoya)

・雪小屋(ゆきごや:yukigoya)

・さいと小屋(さいとごや:saitogoya)

・飾り焚(かざりたき:kazaritaki)

・飾りあげ(かざりあげ:kazariage)

・飾りはやし(かざりはやし:kazarihayashi)

・吉書揚(きっしょあげ:kisshoage)

・若火(わかび:wakabi)

・みそどんど(みそどんど:misodondo)

・爆竹(ばくちく:bakuchiku)

・飾焚く(かざりたく:kazaritaku)

季節による分類

・「さ」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

左義長を含む俳句例

三浦半島長沢左義長/高澤良一

松飾焚きし煙が厨口/大石悦子

左義長の闇を力に火の柱/檜紀代

みづいろの海の朝来る吉書揚/眸

凍雪に足跡ささり吉書揚げ/舗土

左義長やちら~雪の遠明り/青々

左義長に月は上らせ給ひけり/一茶

大どんど養老院の窓に燃ゆ/渡部純

左義長や降つゞきたる雪の上/鞭石

飾焚く橙波に引かれけり/岸本尚毅

実朝の歌が好きなり吉書揚/行方克己

左義長の餘燼に遠き二日月/古舘曹人

吉書揚渚一里といふべかり/斎藤梅子

大とんど崩れ腹中覗かする/高澤良一

とんどの火大きく崩る濤を前/下田稔

餅花に火のよぢれたる浜どんど/原裕

青竹の裸身火を噴きどんど立つ/原裕

火柱の乾坤つなぐ大とんど/谷條昭平

左義長や婆が跨ぎて火の終/石川桂郎

山神にどんど揚げたり谷は闇/かな女

俳句例:21句目~

どんどの火面体焦す男かな/奥田杏牛

左義長や月忘られし如くあり/月星郎

小雨降るとんども例の火影かな/鬼貫

一切の崩れて終るどんど焼/池田秀水

大霜の上にどんどの焔かな/大谷句佛

まづあがる飾焚く火やお山焼/森田峠

夕星へ打つ左義長の触れの鉦/渡辺昭

どんど焚陽の残りゐる忘れ潮/中拓夫

どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥/中拓夫

左義長に尻あぶりゐるも男気ぞ/言水

飾焚く吹雪まじりの焔上げ/村上三良

左義長の煙の黄竜昇りけり/高澤良一

赤彦のいしぶみの前飾焚く/木村蕪城

あの畑はしつけぬ麦かとんど焚/乙二

渚波しづかに奏で飾焚く/五十嵐播水

松飾焚く火幣より発しけり/皆吉爽雨

おどろかすどんどの音や夕山辺/青蘿

どんど火のうしろ雪降る夜の川/柯舟

晩年を火の色とせん飾焚く/坂井三輪

汐荒れの顔ほてらして飾焚く/田中道子

俳句例:41句目~

蒲公英の座を焦してむ飾焚く/山口青邨

左義長に杜の奥より童女来て/茨木和生

左義長に牛の垂涎かがやけり/北野民夫

飾焚きうしろ全く忘じたり/殿村菟絲子

飾焚きし灰にぬくもり双つ神/荒井正隆

飾焚く小さき火の手守りをり/西村和子

どんど果つる枝に提灯にほひをり/小蕾

どんど火の燠に海あり渚あり/齊藤夏風

とんどの子去りし星空さがりくる/六花

左義長の宝前におく火打石/西村三穂子

どんど焚その奥に曾我物語/百合山羽公

とんどの海若き裸身の綱競ふ/関口祥子

左義長の心棒燃えて炎々たり/高澤良一

どんど焼いま完壁の火の柱/能村登四郎

香ぐはしき青竹の酒飾焚く/山根ヒロ子

内宮も外宮の方もどんどかな/籾山柑子

左義長の火の壁に面突き当る/高澤良一

坂下の屋根明けてゆくどんどかな/犀星

大波の打寄す浜のどんどかな/松藤夏山

山風に焔あらがふ磯どんど/上田五千石

俳句例:61句目~

暁闇の海へとんどの幣飛べり/壺井久子

村中の風を集めてどんど焚く/高橋悦男

橙の泡ふきそめしとんどかな/小路紫峡

火の色のひとすじ青きどんどかな/林宏

とんど焼き海際に大崩れせり/細見綾子

左義長の灰に慌てて髪押さえ/高澤良一

ひと声を雉と聞きたり吉書揚/茨木和生

福蜜柑どんどの焔ぬけて飛び/宮津昭彦

どんどする城県畷の煙かな/広江八重桜

左義長の竹組む根雪踏み固め/吉澤卯一

どんどとて道祖神にも米と酒/福田蓼汀

どんどの火とぶ川上に雪の橋/小熊一人

竹酒を呷るどんどの火屑浴び/大高松竹

若芝にはや寝だくみや高封彊/広瀬惟然

左義長の雪天心を流れけり/大峯あきら

道ばたに吉備津氏子のどんどかな/夜潮

長汀やいづこ社にどんど数/東洋城千句

左義長へ行く子行き交ふ藁の音/草田男

左義長へ鵯もはげしく来て鳴きぬ/爽波

左義長やうしろは寒き河原風/田子六華

俳句例:81句目~

雪嶺に星座の移るとんどかな/角川春樹

左義長やざんばら髪の風の神/兒玉南草

左義長やまつくらがりに海動き/岸田稚

左義長や四方闇に神ある如し/杉山白雲

風花の本降りとなるどんど焼/堀口星眠

餅やくをおいとま乞のどんど哉/炭太祇

おほわだは闇なほ解かず吉書揚/岡本眸

島の子の怒濤そびらに吉書揚/西浦一滴

左義長や眼の逃ぐる鯛かぶら/角川春樹

金箔の剥がれとびたる吉書揚/茨木和生

左義長や雪国にして雪の上/松根東洋城

どんどの火胸の丈にて鎮まれり/石寒太

松飾焚き悲しみの昭和果つ/小松崎爽青

山川の砂焦したるどんどかな/芝不器男

森より白き埃出てゆく飾焚き/西村公鳳

いよ~に左義長祭夜に入りぬ/高田風人子

きな臭き世の左義長の大ほむら/高澤良一

飾焚くところに鹿のあらはれし/岸本尚毅

左義長のけむり裾曳く壇の浦/上野さち子

岳麓の石田やよべはどんど焚/百合山羽公