季語/初勤行(はつごんぎょう)を使った俳句

「初勤行」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初勤行」について

【表記】初勤行

【読み方】はつごんぎょう

【ローマ字読み】hatsugongyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初読経(はつどきょう:hatsudokyo)

・初開扉(はつかいひ:hatsukaihi)

・初法座(はつほうざ:hatsuhoza)

・初御堂(はつみどう:hatsumido)

・初太鼓(はつたいこ:hatsutaiko)

・初鐘(はつかね:hatsukane)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初勤行を含む俳句例

仏には詫言ばかり初灯/冨澤久枝

梅嫌小粒に赤し初鐘れ/松岡青蘿

百僧の跪坐恭し初勤行/村重信子

浜宮の汐くみ来り初燈/宮崎杉可

角帯に心引締め初燈/相模ひろし

荒神の昏き方にも初燈/高田蝶衣

箒川べりの湯宿の初灯/高澤良一

初勤行門跡は緋の衣召し/光野昌平

手探りの根本中堂初燈明/高澤良一

海鳴のごと百僧の初読経/鹿島四潮

荒神のくらき方にも初燈/高田蝶衣

箕も桝も百姓に神初灯/杉崎句入道

過去帳の表紙金襴初燈明/中村青径

伎芸天影もたをやか初灯/坪井澄郎

大学生今年は卒業初燈明/池上京子

初灯遺影は年を重ねざる/高本時子

初鐘や提灯ともる楼の上/荒川笋荘

噴煙も遠のく空や初太鼓/中田たみ

薄明に無数の手足初勤行/森田敬之介

あら彫りのままの仏に初燈/西川光子

俳句例:21句目~

初鐘の楼へ白砂を渡りけり/比叡禽化

大黒の微笑ゆらゆら初灯明/勝村茂美

初燈明けふ生きてある証とも/杉本寛

初燈去年を雌伏の年として/倉田春名

初燈明商三代を賀しまつる/鈴木弘子

産土の火屑飛びをり初太鼓/植竹政一

初燈明父に会ふごと廬遮那仏/杉本寛

妻の座もうつゝに遠し初灯/和気桃重

初開扉軋る音淑気に満てり/大谷句佛

地震過ぎし白磁の壺の初燈/岩崎麦秋

譲られし父祖の肩衣初読経/斎木青紀

透垣の影ほのぼのと初灯し/関根明良

初燈明ほのと息づく北御堂/中村月三

それぞれの声をそろへて初読経/森重昭

初灯明上ぐ火打石うちにけり/関戸高敬

初燈明はえていただく翁面/長谷川久代

きのふまで墨搗いてゐし初燈/南上敦子

夜も打ちて大厦響もす初太鼓/森脇古堤子

よみがへるをみなの面輪初灯明/高澤良一

初燈明揺るるを神の吐息とも/山崎千枝子

俳句例:41句目~

初燈明こぞりて九体阿弥陀仏/竹中碧水史

初開扉きりりきりりと軋みつつ/東條素香

初灯明こぞりて九体阿弥陀仏/竹中碧水史

初燈虚子恒友師南無阿弥陀/阿部みどり女

初灯りこの部屋のみを灯しゐて/石井スミエ

初太鼓一打とどろく腑のあり処/平井さち子