季語/初閻魔(はつえんま)を使った俳句

「初閻魔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初閻魔」について

【表記】初閻魔

【読み方】はつえんま

【ローマ字読み】hatsuemma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・斎日(さいにち:sainichi)

・十王詣(じゅうおうまいり:juomairi)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初閻魔を含む俳句例

燭一つ残し睥睨初閻魔/向山隆峰

思出の有平糖や初閻魔/河野静雲

曲輪にも納豆の匂ふ斎日哉/炭太祇

雨雫くぐりて詣づ初閻魔/土屋なつ

占ひに差出す双手初閻魔/徳島義人

香煙に顔数多浮き初閻魔/和田冠峰

初閻魔浮気封じの燭灯り/菅田静歩

初閻魔千住宿場の古着市/蔵田重春

初閻魔天網雪をこぼしけり/岩崎健一

初閻魔榾の生木が泡を噴く/白井房夫

初閻魔赤い風船飛んでをり/多田薙石

初閻魔転読の風享けにけり/高澤良一

その街に遊女の墓も初閻魔/黒田杏子

笏にまで及ぶ虫喰ひ初閻魔/大堀柊花

転読のこゑは肝より初閻魔/高澤良一

一点の穢ある心に初閻魔/小原菁々子

串ざしの甘藷宝前に初閻魔/井上治子

六道のどの辻ゆかん初閻魔/山田撫子

お白州に立たさる思ひ初閻魔/高澤良一

ひるからの雲仙吹雪初閻魔/小原菁々子

俳句例:21句目~

十王の毀れぬはなし初閻魔/百合山羽公

初閻魔犬つれて来て坐らせる/萩原麦草

初閻魔小さき幟をはためかし/有賀辰見

次の間の薬罐のたぎち初閻魔/大内迪子

熱き茶のうまくて閻魔詣かな/綾部仁喜

世話人等雪掻いてをり初閻魔/井上猴々

初閻魔風のうごきの山にあり/阿以鎮雄

蚰蜒眉むずと吊り上げ初閻魔/高澤良一

踊子に閻魔詣での手をひかれ/星野石雀

身ほとりの沼潰さるる初閻魔/宮坂静生

世捨人ら雪掻いてをり初閻魔/小林寂無

道服のだぶだぶ閻魔詣でけり/高澤良一

韓国産キムチ供へし初閻魔/中村抜刀子

うしろより紙のつぶてや初閻魔/下田童観

ひゆう~と風鳴る日なり初閻魔/井上猴々

初閻魔詣で去りゆく女人かな/鈴木半風子

尻からげ下ろして詣る閻魔かな/橋本鶏二

屋根雪のずだずだ落ちる初閻魔/堀/文子

鈍る身のしゃきっと十王詣かな/高澤良一

こんにやくを藁縄で提げ初閻魔/杉崎月香

俳句例:41句目~

初閻魔飴なめ幸は縷のごとし/柴田白葉女

こんにゃくに更けし灯影や初閻魔/河野静雲

こんにゃくの落ちて弾めり初閻魔/江口千樹