季語/山椒の芽(さんしょうのめ)を使った俳句

「山椒の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山椒の芽」について

【表記】山椒の芽

【読み方】さんしょうのめ

【ローマ字読み】sanshonome

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

山椒の芽を含む俳句例

朝夕に摘む一本の山椒の芽/上村占

大風に山椒の芽も出揃ひし/瀬戸十字

芽山椒の舌剌す一茶の墓詣/野沢節子

芽山椒青年を摘む匂いして/星野明世

山椒の芽を摘みに出て門灯す/西村和子

摺鉢は膝でおさへて山椒の芽/草間時彦

芽山椒一本を日にいくど見む/石川桂郎

まだ匂ひ放たぬ小さき山椒の芽/官田節子

寺の水飲めば山椒の芽が匂ふ/青柳志解樹

山椒の芽さゞ波立てゝ拡ごりぬ/渡辺桂子

山椒の芽摘む度に火山灰埃して/有里要子

山椒の芽母に煮物の季節来る/古賀まり子

山椒の芽盗まむ夜を待ちにけり/石川桂郎

こなごなにたましひありて山椒の芽/齋藤玄

何にでも添ふる山椒の芽を摘んで/稲畑汀子

土用芽の中の山椒の芽を摘まな/戸井田和子

夕刊をとりて山椒の芽をとりて/高野富士子

山椒の芽やはじめても逢ふごとし/井沢正江

山椒の芽摘むや山椒の香にまみれ/畠山譲二

山椒の芽食べてかぐろき遊びする/中村苑子

俳句例:21句目~

日もすがら機織る音の山椒の芽/長谷川素逝

流刑地の今はつらつと山椒の芽/佐藤ゆき子

夫婦となる人に匂えり山椒の芽/長谷川かな女

山椒の芽まつすぐに世を見たりけり/須佐薫子

山椒の芽少し摘みすぎ悔いにけり/佐藤ゆき子

祝ぎ言を享けをり芽山椒の香を口に/石田あき子

山椒の芽午後から降らなきゃいいのにねぇ/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ