季語/木賊刈る(とくさかる)を使った俳句

「木賊刈る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木賊刈る」について

【表記】木賊刈る

【読み方】とくさかる

【ローマ字読み】tokusakaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

木賊刈るを含む俳句例

木賊刈大日輪の申し子ぞ/平畑静塔

木賊刈終へしより庭一巡り/稲畑汀子

木賊刈る鎌もて斬らむ嘘の舌/林昌華

木賊刈る翁に飛べり黒蜻蛉/高浜虚子

岳蔽ふ雲を寒しと木賊刈る/三輪不撓

巌落ちてさま変りしと木賊刈/上村占

日の中に少しひもじき木賊刈/斎藤玄

遠景に煙のあまた木賊刈る/柳澤和子

木賊刈蟹のむくろのさざれ石/中拓夫

雲の翳とどまる高嶺木賊刈る/渡部北星

木賊刈る日取のことを僧にきく/角菁果

木賊皆刈られて水の行方かな/高浜虚子

蓼科は秋の山なり木賊刈る/正木不如丘

木賊刈るひかりに山へとぶ雀/柏村貞子

木賊刈るよろ~腰やまた休む/籾山柑子

刈りとりて木賊ひと叢掌に軽し/新井悠二

夕焼のにはかにさむる木賊刈る/高橋稚児

木賊刈るや雪のにほひの絶縁状/塚本邦雄

水無瀬家の裔とふ宮司木賊刈る/沖/敏子

萩刈りて木賊は未だそのままに/田中冬二

俳句例:21句目~

話しかけいるは木地師や木賊刈/山田節子

谷水を踏まへて刈りし木賊かな/高浜虚子

木賊刈いく尾根の線起ちて走す/桂樟蹊子

陵みちに木賊刈り干し大和かな/宮下白泉

木賊刈る手が濡れ残夢ありありと/上村占

人の世に木賊も蘆も刈らで老ゆ/相生垣瓜人

木賊刈ることせずなりぬ故園荒れ/東野悠象

木賊刈ゆふべの月のことを言ふ/大峯あきら

木賊刈るどことはなしに殺気帯び/中村苑子

雨の木賊唇とがらせば刈りやすし/長谷川双

木賊刈りかなしみもなく子を産ます/堀井春一郎

刈りきし木賊枯るるにまして剛まる日々/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ