季語/里神楽(さとかぐら)を使った俳句

「里神楽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「里神楽」について

【表記】里神楽

【読み方】さとかぐら

【ローマ字読み】satokagura

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

里神楽を含む俳句例

里神楽恋の仕草の今昔/高井良秋

里神楽藁の大蛇を退治けり/紅青

訥々舞ひ延々と里神楽/外川正市

天駆けし鬼が息継ぐ里神楽/山本允

風除の蓆を四方に里神楽/藤原大二

花道の一歩が一里里神楽/八染藍子

里神楽時雨に白き顔並ぶ/沢木欣一

庖丁風神杉ゆすり里神楽/浦野芳南

痩身の手力男なり里神楽/鷲野蘭生

里神楽引幕の外の猿田彦/大橋敦子

酒臭き小笛の息や里神楽/会津八一

荒神の御幣倒しぬ里神楽/福田蓼汀

里神楽裸電球揺れどほし/小林篤子

里神楽秋の田の額昔より/阿波野青畝

里神楽父の背姿覚えをり/香取佳津見

里神楽月光剣にのりうつり/野島抒生

むつかしき拍子も見えず里神楽/曽良

里神楽懐の子も手をたゝく/小林一茶

里神楽てらてら赤き天狗面/大橋敦子

里神楽一燈のもと暗く舞ふ/田村了咲

俳句例:21句目~

篝火に臭わきたつ里神楽/米澤吾亦紅

里神楽こと分らねど面白き/星野立子

老いて尚笛を一途に里神楽/橋本一水

朝寒の笛がうながす里神楽/廣瀬直人

直会の煮しめの匂ふ里神楽/佐川広治

里神楽うしろを暗き川流れ/岸原清行

里の子の楽屋覗ける里神楽/山田弘子

足許に月のさし込む里神楽/稲荷島人

笛方は一人にて足る里神楽/松井恭子

笛方は真顔なりけり里神楽/木内彰志

山の音人等にかよひ里神楽/田室澄江

草分けて用たすひとり里神楽/桂信子

須佐之男命も老いし里神楽/長山芳子

耶馬渓の奥の奥なる里神楽/秋山万里

甲斐駒に月のしたたる里神楽/橋本榮治

神となり幕引きとなり里神楽/常重/繁

神を呼び嬶さを呼べり里神楽/西本一都

群衆にまじりて虚子や里神楽/橋本鶏二

老どちに茣蓙席冷ゆる里神楽/山田弘子

色好む鬼のあはれも里神楽/上田五千石

俳句例:41句目~

泣けば泣く面となりて里神楽/八染藍子

討たれたる鬼が主役の里神楽/角川春樹

荒縄のあらはに見ゆる里神楽/伊藤通明

里神楽化粧にかくす農夫の手/金堂豊子

里神楽果てて酔余の鬼哭けり/石井青歩

里神楽森のうしろを汽車通る/高浜虚子

里神楽楽屋を覗く月と子よ/田口秋思堂

里神楽渚に子等はひかりつつ/松林朝蒼

大釜に雪の舞ひこむ里神楽/石川芙佐子

巫女の手は衣にかくす里神楽/斉藤夏風

里神楽見てゐて邪なきごとく/清水平作

里神楽赤子泣くたび砂緊る/村田小夜子

里神楽輪廻の舞をくりかへし/小原牧水

里神楽馬鹿面とれば真顔なり/向山古峡

面つけて猿になりたる里神楽/加藤高秋

面とればをさな顔なり里神楽/田村了咲

面とればキリリと男里神楽/成瀬正とし

座布団を積みて神の座里神楽/盛生晶子

湧く霧に鬼面したたる里神楽/松本幹雄

里神楽果てて獅子座のこぼれ星/沼澤石次

俳句例:61句目~

遅々として神のまぐはひ里神楽/橋本榮治

大蛇出るまで目がもたず里神楽/浦野芳南

おほらかに神代はみだら里神楽/平畑静塔

子供少し見てゐる雨の里神楽/本田あふひ

大太刀を抜き放ちたる里神楽/佐々/波二

里神楽見て来し手振りして話す/高木晴子

里神楽出を待つ畑の菜を賞めて/平畑静塔

里神楽出を待つ鬼が子をあやす/橋本五月

程のあはぬ烏帽子曲れり里神楽/渡辺波空

大いなるたぶの幹あり里神楽/加藤三七子

堅田衆漕ぎつらね来し里神楽/米沢吾亦紅

可笑しみは悲しみに似て里神楽/松原珀子

どろどろと大蛇のたうつ里神楽/安達梅子

駄菓子屋も端座して見る里神楽/佐川広治

盲ひゐてこの世のことの里神楽/小内春邑子

山車かつぐ乙女のありて里神楽/中村きみ子

背のまろき神もまじりて里神楽/部谷千代子

里神楽面が笑顔で泣けばかなし/池内友次郎

面ンの中の目が見えてをり里神楽/橋本鶏二

かゞりよく燃えてはじまる里神楽/小川純子

俳句例:81句目~

あをあをとをはりのとばり里神楽/加倉井秋を

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ