季語/皐月(さつき)を使った俳句

「皐月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「皐月」について

【表記】皐月

【読み方】さつき

【ローマ字読み】satsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・早苗月(さなえづき:sanaezuki)

・橘月(たちばなづき:tachibanazuki)

・五月雨月(さみだれづき:samidarezuki)

・月見ず月(つきみずつき:tsukimizutsuki)

・たぐさ月(たぐさづき:tagusazuki)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

皐月を含む俳句例

小田原で合羽買たり皐月雨/蕪村

大山の水をあまねく早苗月/飴山實

海暗く長汀洗ふ皐月波/相澤行々子

皐月闇口あけて来る赤ん坊/坪内稔典

皐月波啄木の墓洗ふかに/宮野胡蝶亭

牧牛の群る高原や皐月富士/吉井竹志

一条の煤煙のもと皐月富士/中村汀女

古利根に水嵩もどる早苗月/松本泰二

洞窟に宥められたる皐月波/上原富子

皐月晴れて嵐の如き樹影踏む/原コウ子

皐月富士のぞむ庵の炉塞がず/木村蕪城

一人の家居ぼんやり皐月どき/高澤良一

十一面観音その一面の皐月闇/橋本榮治

庭土に皐月の蠅の親しさよ/芥川龍之介

碧落を写す皐月の田の面かな/橋本立雄

山越えて笛借りにくる早苗月/能村登四郎

早苗月息吸へば身のあをみゆく/大元祐子

早苗月非登利あ處非の旅をして/高澤良一

期するもの大きく育つ皐月かな/太田昌子

水張りて夜の田あかるし早苗月/根岸善雄

俳句例:21句目~

火山湖にとほく小さき皐月富士/飯田蛇笏

皐月来て虚空あかるき一湖村/藤原たかを

山に鳥多くなりたる皐月かな/滝沢伊代次

空模様あやふやにして皐月咲く/高澤良一

羅生門かづらと聞きぬ皐月茶屋/岩波敦子

皐月富士見えしうつつも秩父路に/稲畑汀子

やまがつのうたへば鳴るや皐月川/飯田蛇笏

描きかけてありし画板の皐月富士/渋谷松月

つゝじ散り皐月つゝじはまだの頃/高浜虚子

皐月紅さし山中節は情ふかく/長谷川かな女

皐月咲く明石の鯛の着ける朝/長谷川かな女

野の父子膝濡らし行く皐月かな/徳田千鶴子

ゆつくりと帆舟行き交ふ皐月かな/安達実生子

旅情濃し皐月はくもりがちに伊賀/大岳水一路

パレード率て皐月のハーレイダビィドソン/高澤良一

ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟/与謝野晶子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ