季語/山法師の花(やまぼうしのはな)を使った俳句

「山法師の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山法師の花」について

【表記】山法師の花

【読み方】やまぼうしのはな

【ローマ字読み】yamaboshinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山帽子(やまぼうし:yamaboshi)

・山桑(やまぐわ:yamaguwa)

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

山法師の花を含む俳句例

大師講や粥力なき山法師/蝶夢

山法師山の夕暮遠くより/志城柏

雲中にして道岐れ山法師/木内彰志

豁然と岨道ひらけ山法師/沢村芳翠

弁当に醤油しみたり山法師/辻桃子

山法師標高千の湖昏るる/田村恵子

雨去つて白眉の花の山法師/米谷静二

山法師霧の育てしその白さ/朝倉和江

一里ゆき半里を戻る山法師/進藤一考

山法師かも対岸の白き揺れ/酒井龍也

御陵に花ちりばめし山帽子/梧桐青吾

旅は日を急がぬごとく山法師/森澄雄

望郷は墳山の山法師かな/藤田あけ烏

西方の霧が明るむ山法師/能村登四郎

街路樹として花掲ぐ山法師/高澤良一

羽の旅の白に印象山法師/佐久間庭蔦

百段の畑も鋤かれぬ山法師/菊地一雄

山法師妻籠は雨に変りけり/松本陽平

山法師山がかぶさる中に道/村越化石

甲斐駒の鉄壁なせり山法師/橋本榮治

俳句例:21句目~

山法師群れ立つ乱の僧兵か/河野南畦

東京を三日離れて山法師/鈴木真砂女

山法師豆名月を浮かるゝか/尾崎紅葉

霧深く恥らふごとく山法師/菖蒲あや

風音を過客と聴けり山法師/鈴木鷹夫

山法師さながら白衣観音めく/羽部洞然

山法師人の呼ぶ声澄みてをり/高橋良子

山法師名残の花を雲の端に/櫛原希伊子

朝鳥に花ちりばめつ山法師/水原秋櫻子

白となる前のさみどり山法師/河野美奇

深谷に日雨さしこむ山法師/小島千架子

甲斐への塩絶たれし峠山法師/田中英子

葉の上に花のさざ波山帽子/井沢佐江子

遠からぬ海に没る日や山法師/角川春樹

遠き景より切りて活け山法師/稲畑汀子

遥か見るとき遥かなる山法師/篠崎圭介

雨あとの鳥語はわかる山法師/古舘曹人

雨霧のすすげる白さ山帽子/島津とみゑ

霧深く恥ぢらふごとく山法師/菖蒲あや

ダムとなる一村幽し山法師/豊田美代子

俳句例:41句目~

風出でてはるかにすなる山法師/岸田稚

山帽子高きに活けて風炉点前/飯田晴子

やまぼうし花もて領す一虚空/西本一都

山法師咲きうかびつつ雨もよひ/斉藤杏子

山法師咲いて山向く風見鶏/ながさく清江

山法師花の白帆をあさかぜに/益本三知子

果てしなく手を洗いおり山法師/森田緑郎

来る雲に花翔くるなり山帽子/加藤風信子

まつさきに霧の消しゆく山帽子/岩田参露

山法師咲けば濃くなる旅の鬚/田川飛旅子

かなたより空かげりくる山法師/高田正子

山法師咲く日冷たき手に曳かれ/柿本多映

聖火リレーゆく道の辺の山法師/玉澤幹郎

風のやむひまも花揺れ山帽子/西坂三穂子

葉と花といづれも平ら山法師/岩鼻十三女

森ふかき木椅子にこぼれ山法師/増田富子

向つ嶺のみどりなだるる山法師/小松崎爽青

山法師峡ふかき蛾に打たれける/小林黒石礁

降りさうで降らぬひと日や山法師/茂里正治

花ちりばめ人呼ぶごとし山法師/三ヶ尻湘風

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ