季語/鈴蘭(すずらん)を使った俳句

「鈴蘭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鈴蘭」について

【表記】鈴蘭

【読み方】すずらん

【ローマ字読み】suzuran

子季語・関連季語・傍題・類語など

・君影草(きみかげそう:kimikageso)

季節による分類

・「す」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

鈴蘭を含む俳句例

鈴蘭の花山塊を川離れ/飯田龍太

鈴蘭や救癩史いま終焉期/村越化石

六月の鈴蘭は咲く北の国/高木晴子

鈴蘭や乳房のうすき唖少女/中拓夫

大旱鈴蘭は実を結びゐる/木村蕪城

鈴蘭の香にあり遠野物語/佐藤一千

枕辺に鈴蘭手術前夜なり/品川鈴子

気前よし鈴蘭狩の白束ね/依田明倫

金婚を祝ふ鈴蘭胸にさし/若土白羊

鈴蘭の谷は牧守のみぞ知る/佐藤艸

鈴蘭を百姓が売る宵淋し/田村了咲

鈴蘭や風のあとさき森にほふ/原柯城

鈴蘭の旅よ阿寒へみち急ぐ/高濱年尾

鈴蘭や径白馬へひとすぢに/武石佐海

千キロを来し鈴蘭の北の白/高橋悦男

鈴蘭やもう涙なき忌の集ひ/田中珠生

鈴蘭の庭に雨降る授業かな/木村蕪城

鈴蘭やまろき山頂牧をなす/大島民郎

鈴蘭の香れる頃に嫁ぎ来ぬ/紺井/緑

晩鐘は鈴蘭の野を出でず消ゆ/齋藤玄

俳句例:21句目~

鈴蘭の鈴振る風を友として/椎橋清翠

鈴蘭の卓や大きな皿に菓子/高浜虚子

鈴蘭の卓を外人兵が占む/殿村莵絲子

速達の鈴蘭蝦夷の土の香も/桂樟蹊子

鈴蘭とわかる蕾に育ちたる/稲畑汀子

鈴蘭の鈴の洋風なりしこと/後藤夜半

鈴蘭の草や大きな皿に菓子/高浜虚子

雲ちかき日に鈴蘭の土馨る/松村蒼石

来し甲斐を鈴蘭の野に踏入りし/塙告冬

輪ゴムはづして鈴蘭の枷ゆるめ/樋笠文

高原の夜気鈴蘭の香に澄みて/小島岸郎

鈴蘭の森を迷はずさまよへる/依田秋葭

鈴蘭の樹深く咲きて暾に鮮た/飯田蛇笏

鈴蘭の谷や日を漉く雲一重/中村草田男

鈴蘭の香強く牀に置きがたし/飯田蛇笏

鈴蘭をそへて返金つづく文/赤松けい子

ふまれずに鈴蘭落ちし道の夜/高木晴子

鈴蘭を秘めたる森も牧の中/吉村ひさ志

手入れよき庭が鈴蘭孤独にす/稲畑汀子

馬車躍り手の鈴蘭の濃く匂ふ/田村了咲

俳句例:41句目~

鈴蘭の葉をぬけて来し花あはれ/高野素十

束で持ち鈴蘭の花こぼしゆく/松崎鉄之介

晩夏起居鈴蘭の実を挿しなどす/木村蕪城

鈴蘭の一束だれもゐぬ木椅子/小野恵美子

鈴蘭はコップが似合ふ束ね挿す/鈴木栄子

巴里八年すずらん祭降りこもる/小池文子

とりすてて鈴蘭の香の地に浮く/飯田蛇笏

鈴蘭に横より突き出すむさき顔/高澤良一

すずらん活け癩一生の乳房抱く/上山茂子

鈴蘭の摘まれずに花終へしもの/奥田智久

鈴蘭の籠土間におき爐にあたる/木村蕪城

鈴蘭の広野や吾を小さく置き/徳永山冬子

鈴蘭に跼みて揺らすイヤリング/丸野紀子

鈴蘭の葉の向き合ふて花了る/佐藤多太子

鈴蘭に火を噴き育つ山愛らし/長谷川かな女

鈴蘭のまだ詠まれざる匂ひかな/加藤知世子

鈴蘭に憩ふをとめ等の肩見ゆる/水原秋櫻子

月にぬれて鈴蘭売つてゐたりけり/落合望鳥

日日むなし鈴蘭は遠い白いランプ/細谷源二

出航の銅羅鈴蘭を持ちかうる/長谷川かな女

俳句例:61句目~

トラックが鈴蘭揺らす釈迦の朝/四ツ谷/龍

鈴蘭や汽車は登りをつゞけゐる/芳野金太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ