季語/石鹸玉(しゃぼんだま)を使った俳句

「石鹸玉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石鹸玉」について

【表記】石鹸玉

【読み方】しゃぼんだま

【ローマ字読み】shabondama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・たまや(たまや:tamaya)

・水圏戯(すいけんぎ:suikengi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

石鹸玉を含む俳句例

石鹸玉幾畝ゆけり麦青む/秋櫻子

陋巷に色ゆたかなる石鹸玉/林火

こはれゆく数補ひて石鹸玉/湯川雅

兄らしく妹らしく石鹸玉/和田克己

石鹸玉唇に来て熱く消ゆ/萩原麦草

石鹸玉柳の風に後じさり/鈴木花蓑

肩車その高さより石鹸玉/乳井利国

石鹸玉犬に吹きゐる夏休み/林周作

石鹸玉猫の髭にて割れにけり/蒼石

花園の塀の中より石鹸玉/鈴木花蓑

忙しきくらし映さず石鹸玉/稲畑汀子

石鹸玉蘆花公園の街角に/田川飛旅子

しやぼん玉兄弟髪の色違ふ/西村和子

一人子の鏡に吹けり石鹸玉/牧野暁行

石鹸玉麒麟の高さを越して爆ぜ/蓼汀

石鹸玉女神の毬のごと弾み/福田蓼汀

石鹸玉掬ふ両手が壊れさう/野中亮介

張板に隠れて澄める石鹸玉/鈴木花蓑

牛小屋の牛に流れぬ石鹸玉/福島鼓調

石鹸玉お伽のくにの夢のいろ/上村占

俳句例:21句目~

石鹸玉つゝじにふれず流れ消ゆ/泊雲

石鹸玉よろばひ出でし無風かな/誓子

石鹸玉吹く顔窓に重なれり/新田郊春

石鹸玉吾子にも恋の敵ゐる/田中裕明

うすうすと幾つもあげぬ石鹸玉/原石鼎

盛装の石鹸玉地に落ちて来ず/三好潤子

まぼろしの国映ろへり石鹸玉/芝不器男

石鹸玉流れ越したる手摺かな/野村泊月

吹いてをり離れたがらぬ石鹸玉/比奈夫

考へる眼を犬もして石鹸玉/福永虞美人

石鹸玉天衣無縫のヒポクリツト/草田男

石鹸玉ひと吹き十三七つほど/鈴木鷹夫

太郎の寡作次郎の多作石鹸玉/吉田美和

しやぼん玉割れ一滴の水残す/徳丸峻二

湧き起こる風に迅しや石鹸玉/依光陽子

石鹸玉仰ぐ子犬の鼻に消ゆ/岡部六弥太

石鹸玉割れし虚空を蝶が過ぐ/加藤楸邨

石鹸玉吹くと海風つどひ来る/橋本榮治

継ぐ息に歪んでをりぬ石鹸玉/鈴木有紗

末々のこと見ゆ石鹸玉吹きぬ/榎本好宏

俳句例:41句目~

石鹸玉吹けば此の世の色尽す/三好潤子

石鹸玉吹ける側から壊されぬ/高澤良一

しやぼん玉吹き太陽が宙返り/山田弘子

しやぼん玉底にも小さき太陽持つ/篠原

しやぼん玉窓なき厦の壁のぼる/多佳子

しやぼん玉雷門をくぐりけり/山田弘子

夜半の灯に日の色現じ石鹸玉/中村草田男

息入れて石鹸玉みな天にやる/橋本美代子

櫺子より飛んで出でけり石鹸玉/高浜虚子

流れつつ色を変へけり石鹸玉/松本たかし

父と児とかたみに吹きて石鹸玉/福田蓼汀

異次元に吸ひ込まれゆく石鹸玉/柴田奈美

石鹸玉きらりと門を出づるなり/依光陽子

石鹸玉の中に入つてしまひけり/太田土男

石鹸玉の息ゆら~と円かさよ/島村元句集

石鹸玉まだ吹けぬ子も中にゐて/山西雅子

石鹸玉吹く子に年も暮れにけり/萩原麦草

石鹸玉小さく吹いて皆飛べり/大谷碧雲居

石鹸玉背後掠めてゐたりけり/八木林之介

石鹸玉大きく澄んできたりけり/京極杞陽

俳句例:61句目~

落日へ吹きつけ吹きつけ石鹸玉/増田達治

風吹いて石鹸玉とぶ早さかな/高橋淡路女

しゃぼん玉公園の子に流れけり/高澤良一

しゃぼん玉壊すが好きな女の子/高澤良一

しゃぼん玉曼陀羅孫がその央に/高澤良一

しやぼん玉しばらく路地に沿ひ流る/良子

しやぼん玉七彩保つまゝ失せし/岸風三樓

しやぼん玉吹くや一つの窓領し/中村汀女

しやぼん玉夢潰えるに音のなき/金子孝子

向う家にかゞやき入りぬ石鹸玉/芝不器男

しやぼん玉横断歩道を渡りきる/能勢俊子

しやぼん玉歌劇の父の像に吹く/岩崎照子

しやぼん玉磴を一段づつ降りる/行方克巳

喪失てふあをぞらへ吐く石鹸玉/櫂未知子

しやぼん玉西郷公を濡らしけり/須原和男

しやぼん玉雲を映して子の忌日/樋口芦笛

地を天にあげたる心地石鹸玉/宇多喜代子

一つ一つが三千世界しゃぼん玉/高澤良一

夫と妻の隙間しゃぼん玉あがれ/鎌倉佐弓

しやぼん玉一ト弾みして風にのり/行方克巳

俳句例:81句目~

しやぼん玉尼僧の列を乱しけり/土肥あき子

しやぼん玉舞ふ天のいろ風のいろ/有馬籌子

リハビリの杖突きしゃぼん玉の中/高澤良一

日のあとを追つて行きけり石鹸玉/佐藤和枝

子と吹けば明日が見ゆる石鹸玉/ほんだゆき

しやぼん玉息といふものかく軽し/岩城久治

石鹸玉格子もぬけず消えにけり/雪中庵龍雨

しやぼん玉産毛に触れて全うす/岡野スミ子

しやぼん玉瀕死の地球を包みをり/山田一男

しやぼん玉吹きゐる顔に山近む/柴田白葉女

いざとなると娘離れ下手よ石鹸玉/渡辺恭子

しやぼん玉吹くに幼なの膝ぢから/石田郷子

石鹸玉消ゆるを待たず吹きにけり/高村寿山

石鹸玉わたしに足りないのは黄色/鎌倉佐弓

石鹸玉飛ばす子追ひかけ壊せる子/高澤良一

しやぼん玉小さな風に逆らはず/堀之内末子

露地に海といま吹きし石鹸玉のみよ/宮津昭彦

しやぼん玉伊勢屋で割れて不吉なり/筑紫磐井

しやぼん玉吹きたくさんの顔飛ばす/坂本宮尾

しやぼん玉吹きたくなりて嬰に買ふ/安田晃子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ