季語/河豚(ふぐ)を使った俳句

「河豚」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「河豚」について

【表記】河豚

【読み方】ふぐ

【ローマ字読み】fugu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・真河豚(まふぐ:mafugu)

・滑河豚(なめらふぐ:namerafugu)

・虎河豚(とらふぐ:torafugu)

・河豚提燈(ふぐちょうちん:fuguchochin)

・赤目河豚(あかめふぐ:akamefugu)

・小紋河豚(こもんふぐ:komonfugu)

・胡麻河豚(ごまふぐ:gomafugu)

・北枕(きたまくら:kitamakura)

・巾著河豚(おまんふぐ:omanfugu)

・鯖河豚(さばふぐ:sabafugu)

・銀河河豚(ぎんがふぐ:gingafugu)

・草河豚(くさふぐ:kusafugu)

・金河豚(きんふぐ:kinfugu)

・針千本(はりせんぼん:harisembon)

・箱河豚(はこふぐ:hakofugu)

・糸巻河豚(いとまきふぐ:itomakifugu)

・鉄砲鍋(てっぽうなべ:tepponabe)

・てっちり(てっちり:tetchiri)

・ふく(ふく:fuku)

・ふくと(ふくと:fukuto)

・ふくべ(ふくべ:fukube_)

・河豚の友(ふぐのとも:fugunotomo)

・河豚の毒(ふぐのどく:fugunodoku)

・河豚中り(ふぐあたり:fuguatari)

・河豚釣(ふぐつり:fugutsuri)

・河豚網(ふぐあみ:fuguami)

・鰒(ふぐ:fugu_)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

河豚を含む俳句例

鰒好む家や猫迄ふくと汁/几董

鰒喰て其後雲の降にけり/鬼貫

鰒好む家や猫迄ふくと汁/几董

犬猫や羊のあゆみ鰒の腸/難会

品川鰒形や恥じる茶屋女/昌夏

鰒汁の宿赤々と燈しけり/蕪村

拙しと鰒は思はん人の顔/一茶

雪の鰒左勝水ー無月の鯉/芭蕉

世なりけり木曽の梯河豚汁/露沾

鰒汁や鯛もあるのに無分別/芭蕉

鰒売の請合うて行く命かな/永吟

命も哉ひとつは君に鰒汁/濯心子

大鰒や不二を真向に口明て/一茶

凩に鰒ひつさげて高足駄/泉鏡花

酒飲まぬ天の愁や河豚汁/魯智深

鰒の面世上の人を白眼む哉/蕪村

世の中や月にむら雲鰒に毒/闌更

袴着て鰒喰ふて居る町人よ/蕪村

音なせぞ叩くは僧よ鰒じる/蕪村

河豚汁や知らて更行夜の雪/春郊

俳句例:21句目~

河豚供養して南風泊市場/轡田進

箱河豚の鰭は東西南北に/森田峠

それ見たか全く鰒の蝶の夢/呑獅

鰒の讃先生文をふるはれたり/蕪村

俎の木目うるはし河豚つくる/城草

鰒くひし妹か住居も荒にけり/嵐山

鰒喰ひて吉野の奥に入にけり/如流

鰒喰ひし我にもあらぬ雑煮哉/太祇

篝火に雪の潮急河豚供養/水谷利雪

頼みある仲の交り河豚汁/寺田寅彦

雪の河豚左勝水無月の鯉/松尾芭蕉

鰒喰ふて酒呑む下戸の思ひ哉/太祇

河豚汁や豪傑我と汝のみ/福田井村

河豚汁や女あるじの皮褥/井上井月

寒雀一つは河豚の顔したる/中拓夫

河豚洗ふ水のにごりや下川原/其角

太鼓こそなき人の形見鰒の皮/笑水

国貞の描ける女河豚の宿/田中冬二

河豚の面世上の人を白眼ム哉/蕪村

鰒喰ぬ奴には見せな不二の山/一茶

俳句例:41句目~

果てし夏河豚提灯は海へ蹴り/原裕

朝網の河豚三宝に先帝祭/大坪文子

河豚さしの花の大輪はがし食ふ/占

邯鄲の市に鰒見る雪の朝/蕪村遺稿

家の内に丁稚が一人河豚の毒/碧童

朝の海捨てられて河豚滴れる/原裕

鰒喰し我にもあらぬ雑煮哉/炭太祇

息つめて西方を向く赤目河豚/広治

寒月や我一人行く河豚の客/雨山楼

どこを風が吹かとひとり鰒哉/一茶

雑釣に青河豚多し秋の凪/滝井孝作

鰒飛し澪木や人の捨て卒都婆/言水

鰒汁江戸芸人のなれの果/中川四明

今朝鰒を命の内に暮れにけり/玉夕

佐殿に文覚鰒を進めけり/黒柳召波

毒舌の鋭さ増せり河豚酒/福田貴志

鰒汁やおもひの八仙歌/加舎白雄

放生の河豚しばらくは波枕/森田峠

河豚の宿女ばかりに迎へられ/上村占

敷石のながしの井戸や河豚洗ふ/喜舟

俳句例:61句目~

河豚鍋や嘘美しく老いし膝/小林康治

鰒売に喰ふべき顔と見られけり/炭太

朝の海河豚捨てられて滴たれる/原裕

来ぬ人をげにもとやいふ鰒汁/遊林/

河豚煮る鼎むさしや典座寮/会津八一

河豚あらふ水のにごりや下河原/其角

けふばかり人つかひよし河豚汁/白麻

河豚指南鰭酒指南かたじけな/小澤實

河豚好む家や猫迄ふぐと汁/高井几董

河豚汁前仏既に去る世かな/小杉余子

河豚汁や風雅の上の生別れ/野村喜舟

河豚喰し人の寐言の念仏かな/炭太祇

言のみの威猛泡なす河豚鍋/石塚友二

河豚の友時をうつさず集ひけり/龍雨

鰒喰うて其の後雪の降りにけり/鬼貫

鰒喰し犬狂ひ臥かれ野かな/高井几董

河豚汁や無きに等しき我心/野村泊月

鰒喰ひし妹が住居もあれにけり/嵐山

鰒汁の君よ我らよ子期伯牙/蕪村遺稿

鰒汁や五侯の家のもどり足/蕪村遺稿

俳句例:81句目~

鰒汁や神さりませし人の顔/寺田寅彦

鰒釣らん李陵七里の浪の雪/松尾芭蕉

虎と呼んで河豚の背中の斑なる/鳴雪

鰒鍋や酔はざる酒の一二行/飯田蛇笏

鰒食て佛になろと思ひけり/寺田寅彦

ふぐと汁我が使に我ぞ来ぬ/黒柳召波

河豚の皿赤絵の透きて運ばるる/吐天

人ごゝろ幾度河豚を洗ひけむ/炭太祇

河豚好む家や猫迄ふぐと汁/高井几董

河豚宿の三階に聞く雨静か/辻本斐山

人中に嘲られをり菜種河豚/小林康治

花嫁の父と二次会ふぐと汁/嶋田一歩

肴屋の命請負ふ河豚かな/安藤橡面坊

初鰒は目をひらきをり袋糶/石原八束

知られけりおくれ先立つ鰒の骨/丸之

河豚は毒捨てられ吾は毒のまま/潤子

百枚の河豚の鰭干す銀座裏/白井新一

大皿の模様の透けり河豚刺身/塙きく

大輪の河豚の刺身の美しく/豊東蘇人

玉川のうた口すさむ鰒の友/蕪村遺稿

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ