季語/冬の夜(ふゆのよ)を使った俳句

「冬の夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の夜」について

【表記】冬の夜

【読み方】ふゆのよ

【ローマ字読み】fuyunoyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夜半の冬(よわのふゆ:yowanofuyu)

・寒夜(かんや:kanya)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の夜を含む俳句例

闇走る犬猫どもの冬の夜/誓子

抽斗の一つ口あく寒夜にて/林翔

寒夜や棚にこたゆる臼の音/探志

冬の夜の風飄々と広間かな/梧月

波音に寒夜枕を深く当つ/井上雪

寒き夜や探れば窪き老が肩/太祇

美しき寒夜の影を別ちけり/三鬼

詩一章柿二顆冬の夜は更ぬ/子規

冬の夜や柱暦の望の影/尾崎紅葉

寒き夜や二階の下の車井戸/探志

冬の夜や油一皿紙五枚/星野麦人

挑灯に水菜揃へる冬夜かな/許六

低鼻の死顔寒夜昇天す/津田清子

冬の夜を真丸に寝る小隅哉/一茶

提灯に死馬恐しや冬の夜/河野静雲

冬の夜や槌音返す壁聳ゆ/高田蝶衣

原稿紙冬夜踏切は明るすぎ/中拓夫

齢来て娶るや寒き夜の崖/佐藤鬼房

父として睡し寒夜の哺乳瓶/有働亨

火の島ゆ寒夜女の声活き活き/原裕

俳句例:21句目~

冬の夜の巷に鶴を飼ひなれし/犀星

冬の夜の遠き厠や狸沙弥/田山耕村

明日香村字大耳の冬の夜/坪内稔典

米蹈の腹寒き夜や雁の声/高井几董

殿中の管弦冬の夜毎かな/藤森百種

寒き夜や物読みなるゝ膝の上/荷風

冬の夜や小便小路寺小路/小杉余子

寒き夜や子の寐に上る階子段/龍雨

若者が寒夜香強き含嗽す/細見綾子

冬の夜や油しめ木の怖ろしき/青々

山寺の冬夜けうとし火吹竹/原石鼎

冬の夜や犬上り寝る米俵/西山泊雲

寒夜哉煮売の鍋の火のきほひ/含粘

寒き夜の記憶に父母の争ふを/林火

寒き夜の枯竹藪に明けにけり/暁台

寒き夜の夫との間の畳の目/波津女

冬の夜や鵠の声をきゝわぶる/白雄

一等星欅に荒き寒夜かな/渡辺水巴

筆の尖一塵嫌ふ寒夜なり/荒井正隆

信号弾寒夜の空を妖々と/椎橋清翠

俳句例:41句目~

迷路めく階段冬の夜の新居/皆吉司

降りかゝる霰の酒の寒夜かな/貞徳

小鍋置て冬の夜を待つ数奇心/几董

大き影もて寄合ひぬ冬夜僧/中川宋淵

浅草は地の金泥に寒夜かな/飯田蛇笏

寒夜史に泣くや燈火豆の如/羅蘇山人

妻泣かせ酔はせ寒夜の卵酒/小林康治

水垢離に寒夜の星の粒荒し/毛塚静枝

鏡買うて女の戻る冬の夜/春日部春二

くちびるに湯呑みの厚み冬の夜/雅人

冬の夜や小鍋立して湖の魚/草間時彦

冬の夜や廻廊の欄月ありて/尾崎迷堂

血を吐きて寒夜汗ばむ額髪/朝倉和江

被き伏す蒲団や寒き夜やすごき/芭蕉

宝石店に隣り寒夜の靴の店/森田智子

葡萄酒の滓引にほふ寒夜かな/甲子雄

寒き夜や犬飼ふ家に鶏の声/羅蘇山人

粥腹や冬夜可憐な音洩らす/椎橋清翠

脛毛濃く冬の夜白い薬呑む/和知喜八

童話訳す寒夜の背中暗からむ/大串章

俳句例:61句目~

冬の夜や寺の流しに鳴く鼠/藤野古白

冬の夜の哀しき父が筆稼ぎ/石塚友二

飼はれたる梟にまた冬の夜/門奈明子

直立の三つ星寒夜始まれり/相馬遷子

畳の目緊る寒夜に布を裁ち/三好潤子

一握の緑うれしき冬夜かな/寺田寅彦

冬の夜や火の影細し綿車/大阪-本好

拳銃音二発寒夜の底に読む/中島斌男

独酌む老師はさみし冬夜宴/河野静雲

冬の夜や空に流るる水匂ふ/仙田洋子

星生る早さ寒夜となる早さ/上崎暮潮

冬夜読書何か物鳴る腹の底/高浜虚子

我を厭ふ隣家寒夜に鍋を鳴ラす/蕪村

二階屋を水音縦に切る寒夜/大井雅人

冬の夜や迷路のごとき門司の坂/白虹

父死後の寒夜頭痛の母のゐて/岸田稚

寒夜さめふと枕燈に霧の笛/赤尾兜子

寒き夜の佛に何を參らせん/渡邊水巴

冬の夜の狐は親のなくやらん/中勘助

吸ひ込まれさうな寒夜の大鏡/檜紀代

俳句例:81句目~

寒夜ただ月も素通り魔薬窟/成田千空

寒夜みどり児と眼を瞶めあふ/瀧春一

どの部屋も月の光や寒き夜/高木晴子

飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬/蕪村

海峡や寒夜の鏡が呼吸盗む/寺田京子

小机に墨摺る音や夜半の冬/永井荷風

静かなる抵抗胸に寒夜の座/石塚友二

冬の夜烏蘭茶のわる紅い箱/喜谷六花

冬の夜音符になっている二人/山口剛

冬の夜の顔半分の闇にゐる/島崎妙子

夫使ひし耳掻き吾も冬の夜/田中英子

録音の嚏冬夜の親しさあり/村越化石

冬の夜はをとこの海鳴りす/角川春樹

尖塔の記憶ばかりの冬の夜/対馬康子

彫深き顔と冬の夜の薔薇と/石塚友二

賓頭盧を回す寒夜の息荒く/神田正人

西眩し夜半の冬星蝟集して/相馬遷子

夜半の冬溲瓶を鳴らす隣あり/石川桂郎

天籟を猫と聞き居る夜半の冬/佐藤春夫

すみ~にものおく冬の夜はをかし/成美

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ