季語/蛞蝓(なめくじ)を使った俳句

「蛞蝓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛞蝓」について

【表記】蛞蝓

【読み方】なめくじ

【ローマ字読み】namekuji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・なめくじり(なめくじり:namekujiri)

・なめくじら(なめくじら:namekujira)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蛞蝓を含む俳句例

産声の框の我や蛞蝓/齋藤玄

雨十日蛞蝓多き厨かな/滝川愚仏

おどけたる尼の操や蛞蝓/飯田蛇笏

蛞蝓や南瓜の二葉美しく/野村喜舟

蛞蝓の通りし跡の俎板に/粟津福子

朝曇蛞蝓の歩がきらきらと/中拓夫

魂の抜けてゐる日ぞ蛞蝓/杉山岳陽

妹に蛞蝓溶ける登山小屋/萩原麦草

正一位稲荷大社の蛞蝓/山田ひろむ

子の後の机待つなり蛞蝓/石川桂郎

蛞蝓に塩それからの立話/福永耕二

蛞蝓銭の袂をふりながら/石川桂郎

限りある命と思ふ蛞蝓/石田あき子

蛞蝓や山のお寺の摺粉木に/野村喜舟

蛞蝓の銀かわきたる酒船石/羽田岳水

蛞蝓の這ふを裏より見し障子/原月舟

蛞蝓の行路はかはく冬の石/山口青邨

子のあとの机待つなり蛞蝓/石川桂郎

蛞蝓のはかなき西日青胡桃/飯田蛇笏

人の死やいま光り出す蛞蝓/小林康治

俳句例:21句目~

家裏の鉢底漁るなめくじら/高澤良一

紐切って八方破れなめくじり/福田基

蛞蝓大雨のほかは音も無し/岡田貞峰

蛞蝓急ぎ出てゆく人ばかり/石田波郷

まざまざと迷ひのあとを蛞蝓/清水衣子

今朝までは鬱にありしよ蛞蝓/田波富布

暁ときの朱き花食べなめくじり/原不沙

蛞蝓の跡あきらかに遊女墓/相川やす志

蛞蝓と生れて辿る微光あり/千代田葛彦

蛞蝓の地球回るに追ひつかず/堀川節子

なめくじの俳諧もあり山越え/加藤青女

蛞蝓に好かれて良寛さんの墓/高澤良一

なめくじり眼窪みつつ一詩眼/香西照雄

なめくじり這て光るや古具足/服部嵐雪

なめくじり這へり仏足石の上/根岸善雄

蛞蝓不徳と言ふも古稀すぎぬ/小林康治

なめくじり賽の河原へ二三段/山口都茂女

なめくじり寂光を負い鶏のそば/金子兜太

たそがれは微光とならむ蛞蝓/能村登四郎

なめくじり倫丈艸に知られけり/松瀬青々

俳句例:41句目~

個性も単なる蛞蝓の跡黄に乾く/原子公平

五月雨に家ふり捨てなめくじり/野沢凡兆

四十路にて稍世馴れたり蛞蝓/宍戸富美子

ぬけぬけと秋なめくじの図太さよ/原コウ子

医師病みて蛞蝓よりも意気地なし/加藤岳雄

なめくじり溶けるに白き歯を残す/萩原麦草

なめくじら界隈梅雨に入りにけり/小林康治

蛞蝓といふ字どこやら動き出す/後藤比奈夫

妻老いて蛞蝓を溶かしてしまふ/加倉井秋を

蛞蝓のながしめしてはあるきけり/飯田蛇笏

蛞蝓の玻璃にあるまま灯をともす/波多野爽波

なめくじに塩ふるわざを祖先より/八木三日女

蛞蝓を踏みたる廊の灯をともす/阿比留苔の秋

蝸牛化シテ蛞蝓トナラン今日カラハ/高澤良一

なめくじのふり向き行かむ意志久し/中村草田男

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ