季語/芝焼く(しばやく)を使った俳句

「芝焼く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芝焼く」について

【表記】芝焼く

【読み方】しばやく

【ローマ字読み】shibayaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芝焼(しばやき:shibayaki)

・芝火(しばび:shibabi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

芝焼くを含む俳句例

芝焼を仕切る消防喇叭長/真山尹

焼芝の針の如くに蓬かな/松藤夏山

実朝の歌碑の裾にて芝火止む/神蔵器

焼芝や昨日の灰の掬はるゝ/飯田蛇笏

芝焼くや醜き虫の躍り出づ/高野素十

境内の芝を焼く日や春の雪/野村泊月

芝焼いて転任洩れの駅長か/亀井糸游

芝焼いて曇日紅き火に仕ふ/野澤節子

芝火掃き拡げ掃き消し竹帚/村上杏史

蕁に襲ひかゝれる芝火かな/石塚友二

道芝のくすぶつて居る焼野かな/碧梧桐

芝焼の真新しさに触れにけり/中里カヨ

焼く芝に影躍り動く焔かな/楠目橙黄子

焼けてゆく芝火時には琥珀色/星野立子

焼芝の月に遊べる鹿の子かな/島田青峰

放生の火と思ひつつ芝を焼く/筑紫磐井

独りかな百六十坪の芝焼きぬ/石川文子

立ち上がる力潜めり芝焼く火/柴田奈美

紅梅がさきに開きし芝を焼く/永井龍男

黒々と日向の芝の焼けて行く/高浜虚子

俳句例:21句目~

芝を焼く焔小さく走りけり/高橋淡路女

芝焼いて女の余生にぎやかに/古舘曹人

芝を焼く美しき火の燐寸かな/中村汀女

芝焼いてもぐらの土の相隣る/高野素十

芝焼く火見つつ心の定まらず/高野素十

焼けてゆく芝火時には琥珀色/星野立子

鬱々と芝焼く父を子等知るや/石川桂郎

風なき日芝焼き尽すゴルフ場/平田想白

走りゆく芝火の彼方枝垂梅/松本たかし

足もとに芝火の迫る榻にあり/内藤吐天

金色の寸に満たぬ火芝火もゆ/大橋敦子

青笹に移りて芝火きよらかに/石原舟月

芝焼きて父を焼きたる火を想ふ/福永耕二

芝焼きのふたつの炎抱き合へる/石川文子

芝焼くやどこかで地虫鳴く声す/河野南畦

芝焼くや池泉の水を醒ましつつ/宇咲冬男

芝焼く火ひろがりて妻隔てけり/石田波郷

人の目にうつる自分や芝を焼く/田中裕明

僧も出て焼かるゝ芝や二尊院/五十嵐播水

黒髪に芝火のにほひ伊豆の女中/鷹羽狩行

俳句例:41句目~

芝火燃え落葉ひつくりかへり燃え/上野泰

芝を焼く事に始まる起工かな/稲畑廣太郎

芝を焼く煙のあがる産着縫ふ/加倉井秋を

芝焼いて文人気質なしとせず/石井とし夫

芝焼いて転勤者の子ら故郷なし/近藤一鴻

芝焼きし夜は雨音に睡り落つ/石垣希余子

海からの風ある芝を焼きにけり/鈴木真砂女

芹や摘まん芝を焼かん君来たり/松本たかし

庭芝を焼く少しづつたのしみに/池内たけし

夫とわれあそべる如し芝焼けば/石田あき子

なまなまと芝火のつのる障子かな/古舘曹人

ひとたびは吹き拡がりし芝火かな/高野素十

あたらしき火を僧持ちて芝を焼く/萩原麦草

小さき火のうつろひ早き芝火かな/大橋敦子

芝焼く火つまづける時向き変り/中井余花朗

芝焼くや松ぼつくりの燃えはじむ/岸本尚毅

足もとに来る芝火を踏み越えぬ/松本たかし

芝焼いて夫と遊べるごとくなり/石田あさ子

芝焼のふみ消されたるけむりかな/飯田蛇笏

枯芝を焼きたくて焼くてのひらほど/西東三鬼

俳句例:61句目~

わが思ふところより芝焼きはじむ/山口波津女

芝焼いて後刻といへる都合あり/ながさく清江

芝焼くるまゝやふらこゝ垂れてあり/島田青峰

芝火消ゆしづかに踵かへすとき/阿部みどり女

芝焼くやその日その日をいのちとし/鈴木真砂女

海見る芝に坐とるや焼菌/一茶/文政五年壬午

芝焼くる幽かなる火にしたがひぬ/五十崎古郷句集

芝焼けば落葉も燃えつ日暮るるよ/飛鳥田れい無公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ