季語/針供養(はりくよう)を使った俳句

「針供養」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「針供養」について

【表記】針供養

【読み方】はりくよう

【ローマ字読み】harikuyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・針祭(はりまつり:harimatsuri)

・針祭る(はりまつる:harimatsuru)

・針納(はりおさめ:hariosame)

・納め針(おさめばり:osamebari)

・供養針(くようばり:kuyobari)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

針供養を含む俳句例

親方が一人男や針供養/瀧春一

蹇の妻の晴着や針供養/日野草城

何事も肯く母や針供養/高橋悦男

山里や男も遊ぶ針供養/村上鬼城

雪山の荒膚仰ぐ針供養/堀口星眠

針供養針一本で子を育て/岩永草渓

針供養女の齢くるぶしに/石川桂郎

無造作に祈る畳屋針供養/秋山夏樹

針供養夕づきそめし針の色/岡本眸

さび針の大包ある針供養/松藤夏山

針供養女人は祈ること多し/上野泰

昼月の粟島様や針供養/赤星水竹居

亡き母の尺古し針供養/松根東洋城

町娘笑みかし行く針供養/高浜虚子

嫂を母ともたのみ針供養/橋本鶏二

針供養宮戸座裏の深雪かな/増田龍雨

針供養宮居の梅も年古りぬ/高木石子

笙の音に鳥影よぎる針供養/山田弘子

針供養女人の膝も寺冷えす/本宮鼎三

みちのくに旧暦寺の針供養/桂樟蹊子

俳句例:21句目~

もの食べて唇ひかる針供養/長崎玲子

一湾に雲の重たき針供養/荒井千佐代

井の底に白雲あそぶ針供養/飯田龍太

針供養皓と使はぬ糸切歯/百合山羽公

針供養淡島様は母の里/中井/ユキ子

男ひとり交りて堂に針供養/渡辺和子

町中に寺の灯ともる針供養/石川桂郎

浅草に日のさびれゐし針供養/大牧広

お針子の昔ありけり針供養/行方克巳

辻浄む幣立て替へて針供養/脇坂啓子

浅草はいつも群集や針供養/高木峡川

天井に日の斑ゆらめく針供養/桂信子

賃仕事ためて遊ぶや針供養/高浜虚子

針供養水仙ねぢれ梅曲り/百合山羽公

詩作亦受恩の償ひ針供養/中村草田男

孕み猫膝にいたはり針供養/西島麦南

針供養明日に淡島様ともる/館岡沙緻

百度石忘れられをり針供養/高木晴子

行き合ふて話が弾む針供養/高澤良一

針山の年経し艶や針供養/有働木母寺

俳句例:41句目~

針穴の多き障子や針供養/大橋櫻坡子

鎌倉の山まどかなる針供養/綾部仁喜

昼月の淡島さまや針供養/赤星水竹居

響灘波たちやすし針供養/八重津苳二

風花に濡れきし髪や針供養/西島麦南

割烹着脱げば晴着や針供養/池上浩山人

十人の過去は十色に針供養/町田しげき

午からは雪消す雨や針供養/大峯あきら

古びたる注射針をも針供養/瀧澤伊代次

大作の絵筆もとり針供養もし/安立恭彦

島人にその日待たるゝ針供養/稲畑汀子

幔幕をたたみてをはる針供養/榎本好宏

春の戸を出て夕まぐれ針供養/高浜虚子

昼湯より戻りて遊ぶ針供養/高橋淡路女

母の名の残る尺差し針供養/金原登志子

法螺貝を吹きて始まる針供養/山田弘子

浅草に月が出てをり針供養/深川正一郎

海荒れて淋しきかなや針供養/細見綾子

白足袋も五つこはぜの針供養/今泉貞鳳

針供養空枝夕日に伸べりけり/太田鴻村

俳句例:61句目~

羽ばたけるもの夕空に針供養/藺草慶子

草の戸を出て夕まぐれ針供養/高浜虚子

裁台に茶菓子届きぬ針供養/小澤満佐子

装ふも手は主婦の手や針供養/茂里正治

酒絶ちのきれいな夜の針供養/中山純子

針もたぬ遊び女なれど針供養/藤田烏兎

針供養うしろの楠に鳶がゐて/平松良子

針供養した豆腐なり豆腐汁/清水さき子

針供養ついで参りの鐘をつく/立林しゑ

針供養へといそ~と一人行く/星野立子

針供養むかし千人針と母と/成瀬櫻桃子

針供養子供が多くゐて場末/町田しげき

針供養海鳥声を落としゆく/大峯あきら

針供養男の眼もて見てゐたる/宇田秋思

うすうすと川に汐入る針供養/宮川惜子

この在のいつか廃れて針供養/高澤良一

針箱を持ち出せしのみ針供養/細見綾子

この道で生活立て来し針供養/高澤良一

雪いつか雨となりたり針供養/加古宗也

さながらのこぼれ松葉や針供養/小/波

俳句例:81句目~

矢衾の豆腐かなしき針供養/金子伊昔紅

ミシン台並びやすめり針供養/石田波郷

風荒れは沖荒れさそふ針供養/不破幸夫

鳩千羽千の影曳く針供養/鍵和田ゆう子

黒髪がいのちのむかし針供養/太田寛郎

針供養に逢ふ約束も出来てをり/高木晴子

舟に着き女人ばかりや針供養/中戸川朝人

見えてゐる島からも来て針供養/山内山彦

女の宮の雨しづかなる針供養/服部よね子

針供養都を恋ふる淡さかな/阿部みどり女

ふるさとに帰りて会へり針供養/村山古郷

それぞれの女のさだめ針供養/田辺ひで女

針供養子が子を連れて来てゐたる/安住敦

来し方もいまもさびしく針供養/戸田銀汀

こもを巻く蘇鉄のもとの針供養/丸山和子

こぼれゐし針おそろしや針供養/岸風三樓

どこからも伊吹は白し針供養/大峯あきら

針供養母亡きあとの月日かな/成瀬櫻桃子

針子とる身すぎ世すぎや針供養/富安風生

次の間に次の間のあり針供養/深見けん二

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ