季語/枝垂桜(しだれざくら)を使った俳句

「枝垂桜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枝垂桜」について

【表記】枝垂桜

【読み方】しだれざくら

【ローマ字読み】shidarezakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・糸桜(いとざくら:itozakura)

・しだり桜(しだりざくら:shidarizakura)

・枝垂彼岸(しだれひがん:shidarehigan)

・紅枝垂(べにしだれ:benishidare)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

枝垂桜を含む俳句例

角館郵便局の糸桜/高澤良一

影は瀧空は花なり糸桜/千代女

腹筋をよりてや笑ふ糸桜/季吟

糸桜これやあるじの命綱/遊舟

雨霧の飛ぶ山国の糸桜/高濱年尾

ほころぶや尻も結ばぬ糸桜/立圃

曙の墨絵の雲や糸ざくら/泉鏡花

糸桜口中の砂のみ下す/岡田史乃

糸桜はらはらと憂き心にも/原裕

吹きおろす紅雲枝垂桜咲く/林翔

白妙の昇竜となり糸櫻/高澤良一

妻が佇つ枝垂桜の向う側/草間時彦

糸桜風もつれして散りにけり/泊露

帯ほどく如くに枝垂櫻かな/石嶌岳

雪吊のある糸桜無き桜/村田芙美子

目の星や花を願ひの糸桜/松尾芭蕉

糸桜造化の神の憩ふごと/太田光子

水冥く流れて枝垂桜かな/山田弘子

一本の枝垂桜に墓のかず/飯田龍太

一樹には一樹の縁糸桜/荒川真樹子

俳句例:21句目~

上人の昼寝さまさじ糸桜/野村泊月

能舞台閉して枝垂桜かな/小寺冬至

紅枝垂桜を君が墓標とす/下村梅子

糸櫻糸よりかけて身延山/高澤良一

枝垂桜風やむときに紅きざす/堀古蝶

大いなる枝垂桜の影の中/山田/静雄

篝火を焚けば揺れそめ糸桜/下村梅子

糸ざくら花明りまだなさず垂る/昭彦

糸桜こや帰るさの足もつれ/松尾芭蕉

糸桜人入りやすき丹塗り門/毛塚静枝

糸桜夜はみちのくの露深く/中村汀女

糸桜風のやむとき紅溜めて/中村祐子

紅しだれ桜流るる寺の屋根/高沼稲穂

ゆきくれて雨もる宿や糸ざくら/蕪村

三段となるところある糸桜/後藤夜半

人喰らふ枝垂桜と思ふなり/柴田奈美

佇めば紅さし初むる糸桜/吉村春風子

紅枝垂枝を握れば脈に触る/品川鈴子

紅枝垂桜の紅の静寂かな/粟津松彩子

隠れゐて枝垂桜に雀啼く/和田耕三郎

俳句例:41句目~

雫してくれなゐふふむ糸桜/神山果泉

頭頂の花芽を待てる枝垂桜かな/原裕

小雪や古り枝垂れたる糸桜/飯田蛇笏

春の雪枝垂櫻にしたしかり/田中裕明

暁闇の揺るると見しは糸桜/和田和子

杉間より流るる枝垂桜かな/沢木欣一

枝垂桜ありて直せぬ設計図/毛塚静枝

枝垂桜よよと長糸庇冷ゆ/文挟夫佐恵

枝垂桜天蓋として墓たむろ/福田蓼汀

夜の枝垂桜方里をつめたくす/瀧澤和治

うつうつと土のありたる糸櫻/石田勝彦

がうがうと枝垂桜に音ありぬ/渡辺恭子

けぶる日につつまれ枝垂櫻濃し/上村占

糸桜おもひ思ひにしだれけり/尾藤勝己

その寺の名はわすれたり糸ざくら/召波

紅葉して見せけり留守の糸桜/立花北枝

まさをなる空より枝垂櫻かな/富安風生

むすばれて蝶も昼寝や糸ざくら/千代尼

十人がまばらに宇治の糸桜/鳥居美智子

雨の糸まじへて千筋の糸桜/片山由美子

俳句例:61句目~

地に届くまで汝が世界糸ざくら/松本旭

昼の月かかりて枝垂桜かな/有働木母寺

ゆれるたび闇迫りくる糸桜/和田耕三郎

枝垂桜近づくまゝに色薄き/佐野青陽人

永別のごとふり返る糸ざくら/岡崎淳子

日がさして影添ふ枝垂桜かな/西村和子

糸桜堂をめぐらす干支の彫り/神原栄二

糸ざくら暮れて麻酔の夫眠る/藤原緋泥

櫻咲くしだれ櫻は葉となりぬ/寺田寅彦

糸桜言の葉つむぐやうに揺れ/金藤優子

枝垂桜月光は灯に入りゆけぬ/川村紫陽

糸桜雲のごとくにしだれたる/下村梅子

風の意のゆきわたるとき糸桜/藤崎久を

枝垂桜垂れて疎水の水にまで/山口誓子

鬼ごつこ枝垂桜をくぐり抜け/草間時彦

雨筋を千々にわかちて糸ざくら/岡本眸

紅枝垂大き入日を容れて揺る/茂里正治

紅枝垂雨にまかせて紅流す/鍵和田釉子

腕によりかけてこれより糸桜/高澤良一

花湧くや枝垂桜のいただきに/山口青邨

俳句例:81句目~

葉櫻の枝垂櫻にかくれんぼ/八木林之介

葺き替し屋根にほころぶ糸桜/高濱虚子

枝垂桜枝頭は若葉ほぐれつゝ/佐野青陽人

糸桜色をあつめて吹きしぼり/上林白草居

見るほどに枝垂桜の老いて艶/深見けん二

枝垂桜かげす地ひそと埃りたり/原田種茅

ひとところ枝垂桜の揺れてをり/鈴木貞雄

月の雲枝垂桜の濃くうすく/長谷川かな女

枝垂桜わたくしの居る方が正面/池田澄子

草いきれ枝垂桜へ抜けにけり/波多野爽波

枝垂桜しだれざる枝なかりけり/草間時彦

千木かくす枝垂桜のさかりかな/楠目橙黄子

糸ざくら潜りて遠き世が揺るる/白澤よし子

晩年はもとよりひとり糸ざくら/八牧美喜子

開花葉勢印のみほとけ糸ざくら/阿波野青畝

糸ざくら鳥くぐり来てくぐり去る/宮津昭彦

糸ざくら繭のごとくにつむぎけり/角川春樹

しだれ桜日傘の中にあるごとし/阿部みどり女

いとたやすく花の抜け落つ糸ざくら/高澤良一

枝垂桜地に触るる枝は舞ふごとし/古賀まり子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ