季語/時雨(しぐれ)を使った俳句

「時雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「時雨」について

【表記】時雨

【読み方】しぐれ

【ローマ字読み】shigure

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山めぐり(やまめぐり:yamameguri)

・液雨(えきう:ekiu)

・入液(にゅうえき:nyueki)

・出液(しゅつえき:shutsueki)

・めぐる時雨(めぐるしぐれ:megurushigure)

・朝時雨(あさしぐれ:asashigure)

・夕時雨(ゆうしぐれ:yushigure)

・小夜時雨(さよしぐれ:sayoshigure)

・村時雨(むらしぐれ:murashigure)

・北時雨(きたしぐれ:kitashigure)

・横時雨(よこしぐれ:yokoshigure)

・片時雨(かたしぐれ:katashigure)

・時雨雲(しぐれぐも:shiguregumo)

・時雨傘(しぐれがさ:shiguregasa)

・時雨心地(しぐれごこち:shiguregokochi)

・時雨の色(しぐれのいろ:shigurenoiro)

・川音の時雨(かわとのしぐれ:kawatonoshigure)

・松風の時雨(まつかぜのしぐれ:matsukazenoshigure)

・木の葉の時雨(このはのしぐれ:konohanoshigure)

・涙の時雨(なみだのしぐれ:namidanoshigure)

・袖の時雨(そでのしぐれ:sodenoshigure)

・袂の時雨(たもとのしぐれ:tamotonoshigure)

・さんさ時雨(さんさしぐれ:sansashigure)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

時雨を含む俳句例

雑巾や杉に時雨る床柱/一滴

畝襟や時雨もいたく横嵐/尺草

時雨けり衣手の森洗濯屋/調泉

笠箱や跡の川音夕しぐれ/調泉

草枕犬も時雨るか夜の声/芭蕉

切株の茸かたまる時雨哉/一茶

鶯の卯の時雨に高音かな/几董

食堂に雀鳴くなり夕時雨/支考

重箱の銭四五文や夕時雨/一茶

時雨にもいと騒々し男松/立独

時雨たか今朝は緑の麦門冬/随古

玄関にて御傘と申時雨哉/炭太祇

竪戸樋の中は旱の時雨かな/士丸

漉切や鼻の穴もれ行く時雨/調巴

くろみ立つ沖の時雨や幾所/丈草

時雨せよ茶壷の口を今切ぞ/一茶

一夜づゝ淋しさ替る時雨哉/巴人

夕日さす波の鯨や片しぐれ/巴人

しぐるゝや駅に西口東口/安住敦

星月夜空にはくれし時雨哉/孤舟

俳句例:21句目~

船頭の罵る聲や夕時雨/会津八一

聖堂の森の時雨や夕鴉/寺田寅彦

時雨きや並びかねたるぶね/千那

僧堂の鐘一打より夕時雨/星野椿

しぐるゝや置かへて行く潦/斗州

しぐるゝや南に低き雲の嶺/几菫

しぐるるや駅に西口東口/安住敦

池の鴨森の鴉や夕時雨/寺田寅彦

凩の地にも落さぬ時雨かな/去来

定家卿時雨そめけん夏座敷/調和

早打の先へはれ行しぐれ哉/子曳

黒島の藷の畑に時雨虹/松藤夏山

時雨ても雫短し天王寺/上島鬼貫

時雨るゝや古き軒端の唐辛/炉柴

夕時雨蟇ひそみ音に愁ふ哉/蕪村

時雨宿娘にかます猿轡/筑紫磐井

寝莚にさつと時雨の明り哉/一茶

十月や山の寺々時雨月/小杉余子

菊の殼色も残さず時雨けり/篠原

総門の白蛙股時雨けり/高澤良一

俳句例:41句目~

吹かれ~時雨来にけり痩男/一茶

日本と砂へ書きたる時雨哉/一茶

時雨華やぐ釈尊の肋骨/加古宗也

唯今は十国峠時雨をる/高木晴子

暮て行時雨霜月師走哉/井原西鶴

時雨にぞ一本させた峰の松/立允

蕗の葉に酒飯くるむ時雨哉/一茶

枯木から絞り出したる時雨哉/斗文

立臼のぐるりはくらし夕時雨/樗良

白鷺は堰を離れず夕時雨/笹井雅司

幾人か時雨駈けぬく勢田の橋/丈草

甕群に藍の華浮く時雨山/古舘曹人

広沢やひとり時雨るる沼太郎/史邦

京時雨虹滋賀時雨虹湖畔/稲畑汀子

庭雀時雨ただしき三ケ日/松村蒼石

形なさぬ鎧ぞ飾り時雨宿/石川桂郎

天地をしばらくたもつ時雨哉/几圭

湖の色かはり~て時雨雲/高濱年尾

俎板に刻む脂や夕しぐれ/山西雅子

時雨るゝや頭上の松に濱烏/原石鼎

俳句例:61句目~

海蒼くしぐれ敗戦兵還る/石原舟月

しぐるゝや鼠のわたる琴の上/蕪村

大寝坊夢は時雨にほとびけり/可躍

法堂の一角灯るしぐれ哉/中川宋淵

落葉松の一長身に降る時雨/有働亨

萩の野に風狂の眉しぐれをり/原裕

しぐるゝや牡蠣割る辻も灯りぬ/貞

荒海や時雨あがりの渚松/清水基吉

しぐるるや鼠のわたる琴の上/蕪村

柳川は芽柳に又時雨来る/高濱年尾

しぐるるや誠の暮は鳥さわぐ/几圭

塩間に鮎死にかゝる時雨かな/如行

冬近し時雨の雲もここよりぞ/蕪村

山中の風が風呼ぶ時雨宿/中川結子

草堂や時雨過ぎたる軒雫/河野静雲

時雨るるや古き軒端の唐辛子/炉柴

茅屋に俤のこる時雨かな/水田正秀

しぐるるや燈明一つ奥の院/星野椿

時雨くる転害門の甍より/山本洋子

時雨払つて耀く星や枯柳/西山泊雲

俳句例:81句目~

鶴は棹鴨は飛礫や時雨空/竹下白陽

色の山や哀と憂さを弥時雨/翁言子

鶏頭のつくねんとして時雨哉/一茶

鳥もなかず時雨乍に日の暮ぬ/故雀

骨太く重き会津の時雨傘/福田蓼汀

北しぐれ馬も故郷へ向て嘶く/一茶

おもひやる時雨の中や筏さし/阿誰

馬肉売る大仏前や夕時雨/中川四明

寒明の窓さら~と時雨鳧/内田百間

業の鳥罠を巡るや村時雨/小林一茶

つら~と杉の日面行くしぐれ/暁台

耳に手やこっち次第の村時雨/濯資

掛稲の表を走る時雨かな/野村泊月

ともかくも時雨次第の高雄哉/帰厚

木菟のたわいなく寝る時雨哉/一茶

ともし火に竹の葉末の時雨哉/蘭台

電柱とごみの袋と時雨けり/大串章

川音の時雨や旅の窓の下/角田竹冷

晴れ行くや波に離るる横時雨/風虎

陶房の一人一灯時雨くる/板東紅魚

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ