季語/注連作(しめつくり)を使った俳句

「注連作」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「注連作」について

【表記】注連作

【読み方】しめつくり

【ローマ字読み】shimetsukuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・注連綯う(しめなう:shimenau)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

注連作を含む俳句例

塩入れし水に手清め注連作/小原渉

藁埃逃がす小窓や注連作/山田弘子

波除の上に並びて注連作り/岡田耽陽

隠し酒顔にあらはれ注連作/恩智景子

まつさをの藁に砧や注連作/柏崎夢香

芥より探す草履や注連作り/山田弘子

月に打つ藁の青さや注連作り/茂木紅弓

注連作る峡の一宇も比叡の坊/島村秋夢

注連作る土間は乱さず白川女/北川サト

注連作る藁へさらさら浄め塩/大井雅春

早刈の藁に残る香注連を綯ふ/杉山木川

藁の腰強し弱しと注連を綯ふ/香西朝子

注連作左右の掌ぴたと鳴らし/橋本鶏二

立てばある古座布団や注連作/中村暁子

納屋に盛る浄めの塩や注連作/堺/祥江

葛飾の水田かゞやき注連作り/山口青邨

葬ひに誰も出かけず注連を綯ふ/森田峠

起きぬけに坐る仕事場注連作/小原寿女

豊作の注連青々と綯ひあがり/山本二千

集りて注連作りゐる月夜かな/松藤夏山

俳句例:21句目~

力酒ふくみて神の注連作り/茂上かの女

宮近く住みて代々注連作/桔梗きちかう

大注連は人を刎ねつつ作らるる/橋本鶏二

大注連を作りをるものみな氏子/高濱年尾

注連を綯ふ足らざる力夫に貸し/影島智子

月の道まつりの注連を綯ひに行く/大串章

餅藁の青き香を入れ注連を綯ふ/影島智子

注連作りにも分業といふがあり/山田弘子

注連作るさやけき音の老ひとり/谷口米雄

注連作るしづかに藁の音かさね/松尾美穂

戸をゆする葛城おろし注連作/楠部九二緒

臼の上にお茶受とどき注連作/竹内大琴子

幣きざむ静かな音も注連作り/高槻青柚子

杏百姓ありのすさびの注連作り/西本一都

ひとすぢの髭もゆるさず注連作/山田弘子

注連作る納屋に種薯芽をあぐる/大橋敦子

すぐそこに獣の穴や注連作り/吉本伊智朗

縒るといふ智恵美しき注連作り/大岳水一路

藁といふ汚れなきもの注連作る/明石春潮子

注連つくり杉の木の香の空に酔ひ/飯田龍太

俳句例:41句目~

注連つくり揚舟に背をもたせつつ/手島靖一

今日は藁言ふこと聞くと注連綯へる/井尾望東

作りたる注連をならべて日もささぬ/岸本尚毅

注連を綯ふ焚火ほこりを身にまとひ/池原巨桐

注連を綯ふ膝にこぼるゝ日ざしかな/阿波岐滋

注連を綯ふ藁は踏むまじ跨ぐまじ/上田土世起

注連作る縒り手おろがむごとくなり/蛭田大艸

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ