季語/郭公(かっこう)を使った俳句

「郭公」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「郭公」について

【表記】郭公

【読み方】かっこう

【ローマ字読み】kakko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・閑古鳥(かんこどり:kankodori)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

郭公を含む俳句例

郭公夢か現か耳穿鑿/濯耳

夢想枕神ならば神郭公/黄吻

床かへり夢に恨を郭公/調鶴

目には青葉山郭公初松/素堂

目には青葉山郭公初鰹/素堂

郭公声横たふや水の上/芭蕉

聾うや有明しらぬ郭公/西調

眼には青葉山郭公初松/素堂

浮世かな犬は長ぼえ郭公/西調

人とめや声の棒突き郭公/調泉

郭公耳摺払ふ峠かな/上島鬼貫

誰はやい枕あはせに郭公/昌夏

郭公穂麦が岡の風はやみ/麦水

閑古鳥扨も発句師のかしましき

山陰の楓林や閑古鳥/会津八一

閑古鳥三の鳥居は雲の上/洗耳

すめばすむ人もありけり閑古鳥

郭公夢路ぞふさぐ番大郎/味鶴

首の骨嶺にうらむや郭公/卜習

郭公坂東太良水増しけり/露言

俳句例:21句目~

郭公来べき宵なり頭痛持/在色

丸薬の丸盆赤し郭公/浜田酒堂

雨雲やけだし天より郭公/風吟

禿山や夏をしらする郭公/才丸

一日に千躰仏よ郭公/井原西鶴

郭公待や都のそらだのめ/蕪村

里坊の庭に郭公最澄忌/飯田晴子

潮時や来て一面に郭公/中村史邦

郭公や天凄惨の岳かげり/有働亨

満目の青き嵐や閑古鳥/会津八一

郭公や国の真洞は夕茜/芝不器男

飯櫃の底たゝく音や閑古鳥/蕪村

郭公持ちあぐみたり袖合羽/鳩枝

白の郭公森を荒しけり/堀口星眠

橘やいつの野中の郭公/松尾芭蕉

川越の渡中に立や郭公/内藤丈草

開拓や斧よ木霊よ遠郭公/北光星

頼みけり我誓願寺郭公/井原西鶴

郭公に高高と子を肩車/田中英子

風情つらし云残したる郭公/夕浦

俳句例:41句目~

郭公中入までの芭蕉哉/榎本其角

郭公一声毎に十里づつ/正岡子規

時鳥きのふ聞きしが閑古鳥/維駒

恋ひ死なば我塚で鳴け郭公/奥州

郭公鳴くや湖水のささ濁り/丈草

時ぞ医師女子の琴引く郭公/材種

郭公や欅の下の正一位/斉藤夏風

郭公昼休みせよ黒津舟/水田正秀

郭公や日輪未だ靄の中/湯浅桃邑

森蔭の桑の畑や閑古鳥/会津八一

此内に啼け郭公矢来町/尾崎紅葉

郭公の声諸共に森失せぬ/内田園生

啼くにさへ笑はばいかに郭公/みつ

紅蝋燭に蝋涙朝の閑古鳥/松村蒼石

紙子着て見ぬ唐土の郭公/上島鬼貫

郭公や一村雨に溶けさうな/岸田稚

老樹枝たれて行道暗し閑古鳥/五律

声まだるし上戸のおりべ郭公/露言

夜這ぼし鳴つる方や郭公/榎本其角

古文書に行燈のいろ閑古鳥/大串章

俳句例:61句目~

郭公も入植よりの楽天家/太田土男

郭公や山の電燈樹の中に/西村公鳳

大木の裏に山澄み閑古鳥/飯田龍太

郭公に耳かす斎や山の坊/飯田蛇笏

落ち来る高久の宿の郭公/松尾芭蕉

郭公の木霊の中の火山かな/杉本寛

郭公にこだま白樺に水鏡/宮津昭彦

宿かさぬ夕暮寺や閑古鳥/会津八一

郭公水想観の夜ふけがた/中村史邦

寝かへるやいづれの耳に郭公/一束

蚊をよけて親の鼾や郭公/上島鬼貫

郭公や山の裾まで宿の庭/杉村昌信

この夏は幾度きかん郭公/上島鬼貫

郭公招くか麦のむら尾花/松尾芭蕉

郭公やそよ風わたる幼髪/堀口星眠

串を炉端に殖やし遠郭公/近藤一鴻

郭公の声を真上に外厠/町田しげき

郭公恋する人の寒きとは/服部嵐雪

高水や荒れたる中の郭公/浜田酒堂

近き木にきて郭公の胸の縞/下田稔

俳句例:81句目~

川上に北のさびしさ閑古鳥/岡本眸

郭公や夜明けの水の奔る音/桂信子

番僧の棒の稽古や閑古鳥/会津八一

まつ恋に捨る夜明を郭公/横井也有

郭公の上品の聲ひけらかす/上村占

白日を月夜の声や閑古鳥/渡邊水巴

往にやるか春跡で物して郭公/調和

百八の珠数を懸たか郭公/井原西鶴

今生は鳥に生れて閑古鳥/会津八一

雨の中郭公ないて豆の花/田中冬二

郭公や高田大岳牧の上に/遠藤梧逸

郭公や高さ競はぬ山二つ/太田土男

傘の柄もりもしらで郭公/浜田酒堂

郭公や霧絶壁をなだめをり/有働亨

郭公や雲坪の絵に雲多し/西本一都

郭公や野へ岬なす山の端/三橋敏雄

郭公は日曜の華河口より/古舘曹人

托卵の定め嘆くか閑古鳥/内田園生

郭公や野に群羊の円いくつ/原柯城

郭公や脚真直ぐに藁の馬/川村紫陽

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ