季語/青葉木菟(あおばずく)を使った俳句

「青葉木菟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青葉木菟」について

【表記】青葉木菟

【読み方】あおばずく

【ローマ字読み】aobazuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

青葉木菟を含む俳句例

草匂ふ夜の家路や青葉木菟/星野椿

大寺や桜月夜の青葉木菟/角川春樹

城訪ね旬日後の青葉木菟/村越化石

天井も百畳青葉木菟近し/穴澤篤子

開拓地の切株墓色青葉木菟/香西照雄

青葉木菟机に膝のなじむ夜は/金子潮

背山垣青葉木菟鳴く夜もあり/及川貞

母の灯のいまだ休まず青葉木菟/原裕

水薬うすめて飲めば青葉木菟/長田等

透析も六年目なり青葉木菟/鳥飼美穂

落人の住む山裾の青葉木菟/熊倉/猷

青葉木菟暮色に沈む最上川/竹村隆雄

畳屋の針のぬくもり青葉木菟/長田等

青葉木菟峠に女工哀史あり/松本千冬

ほれ君も耳傾けよ青葉木菟/高澤良一

大佛を隔て応ふる青葉木菟/狹川青史

青葉木菟碇泊燈は隠岐通ひ/木村蕪城

青葉木菟爪もて除く爪の泥/影島智子

寺に古る欅心耳に青葉木菟/高澤良一

青葉木菟法難法悦表裏為す/北野民夫

俳句例:21句目~

故郷という鉄格子青葉木菟/田仲了司

昔語する齢なり青葉木菟/古賀まり子

癒えゆくや蠍座の方青葉木菟/金子兜太

吾よりも若き父の忌青葉木菟/山田健弘

青葉木菟姉亡き家の涼し過ぐ/羽部洞然

青葉木菟村に夜遊び廃れずに/大野林火

夕飯を待つ間も森の青葉木菟/小澤碧童

夜の定時銀香炉拭く青葉木菟/宮武寒々

逆縁の奈落を鳴けり青葉木菟/神戸周子

青葉木菟木椅子を森の中ほどに/井上雪

因習のかくれ一生青葉木菟/古賀まり子

金環の眼見ひらく青葉木菟/石川冨美子

青葉木菟絵本の中も星が出て/中村明子

灯を洩らし居りて本坊青葉木菟/森田峠

相槌を打つごと別の青葉木菟/高澤良一

宿主の言ふには杜の青葉木菟/高澤良一

青葉木菟夜空に杉の鉾ならぶ/山谷春潮

点字にも漢字が欲しや青葉木菟/辻桃子

青葉木菟峰の朝月まだ消えぬ/大櫛静波

青葉木菟つくづく夫は早死よ/関戸靖子

俳句例:41句目~

人の世の海山澄めと青葉木菟/多田裕計

後山の梅雨月夜なる青葉木菟/飯田蛇笏

息かけて硯愛しむ青葉木菟/下村ひろし

修善寺に旅終る夜の青葉木菟/青柳一美

青葉木菟泉溢れて灯の圏外へ/川村紫陽

僧房の寝落つに早し青葉木菟/篠田幸子

空耳とおもふ矢先の青葉木菟/安田晃子

青葉木菟いまもなほある母の愛/瀧春一

結界の青き闇曳く青葉木菟/佐々木静江

青葉木菟掌の窪に受く香の物/河野多希女

くるといふ青葉木菟きぬ友の家/矢島渚男

青葉木菟月光にこゑ濡らしゐる/橋本榮治

青葉木菟来てをり大仏次郎逝く/堀口星眠

青葉木菟母の足湯のながきかな/小原啄葉

青葉木菟水車も己が音に執す/中戸川朝人

青葉木菟涙して聴く吾を知るや/木原きみ

青葉木菟湖へ棚田の闇うすれ/奥田/滋生

青葉木菟灯せば胸の奥ぬれて/古賀まり子

青葉木菟産着のかたち縫ひ急ぐ/杉山岳陽

青葉木菟病者知りたきこと多し/影島智子

俳句例:61句目~

青葉木菟祖母の財布の縞古ぶ/古賀まり子

青葉木菟級友なべて酒量落つ/平井さち子

一灯の下のひとりや青葉木菟/野末たく二

三羽目の青葉木菟の子洞を出で/高澤良一

青葉木菟衰へしと思ひ否と思ふ/草間時彦

伊予灘に出しぶる月や青葉木菟/三谷和子

住み移り銭湯への道青葉木菟/波多野爽波

青葉木菟闇の深さをまた鳴ける/関根章子

鬼女の血が妻にも少し青葉木菟/西川五郎

宵々に来馴れて親し青葉木菟/大場白水郎

富士市の近づく宵や青葉木菟/大場白水郎

山寺の暮れし木の間の青葉木菟/高木晴子

星空の中から聞こえ青葉木菟/石井とし夫

書き出しの一章決まる青葉木菟/関森勝夫

月の出の後れてをりぬ青葉木菟/中野陽路

樹々遠くして青葉木菟遠きかな/鷹羽狩行

死思へば君とのことは青葉木菟/清水径子

海よりも陸あをあをと青葉木菟/中村苑子

照る月となり青葉木菟声ちかき/相馬黄枝

父葬り戻りし宿の青葉木菟/樹生まさゆき

俳句例:81句目~

目をみはる雛に夜語り青葉木菟/堀口星眠

茅舎忌の近づく夜々の青葉木菟/升谷一灯

谿へだつ比叡も月照る青葉木菟/松岡英士

父母の眼をまたたかせ青葉木菟/二村典子

通勤の明日雨もよふ青葉木菟/百合山羽公

遺さるること怖ろしき青葉木菟/佐藤信子

酒やめよ煙草やめよと青葉木菟/右城暮石

青葉木菟「薬をくだされ」と上眼/竹中宏

青葉木菟呼ばれて應ふ恋もなし/石塚友二

青葉木菟啼く夜を重ね窯火守る/藤陵紫泡

青葉木菟墳あばかれしその夜より/下田稔

青葉木菟夜もポンプをこき使う/鷹羽狩行

青葉木菟夜を密々とワインの香/荻原華専

青葉木菟妹がゆあみの音すなり/山本歩禅

青葉木菟妻のほとりに旅果てぬ/小林康治

青葉木菟妻帰り来む野路見えて/山口草堂

青葉木菟子が病んで父埓もなし/太田土男

青葉木菟子芋ひと笊買いにけり/早乙女健

青葉木菟忘却という卑怯者/一ノ瀬タカ子

遠き灯は秘仏のごとし青葉木菟/和田耕三郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ