季語/新茶(しんちゃ)を使った俳句

「新茶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新茶」について

【表記】新茶

【読み方】しんちゃ

【ローマ字読み】shincha

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

新茶を含む俳句例

宿々は皆新茶なり麦の秋/許六

新茶蒸す桶に先々代の銘/渡たみ

更衣狭山の新茶到来す/正岡子規

素跣の新茶売や宵の雨/寺田寅彦

さら~と溢るゝ新茶壺の肩/羽公

嵯峨の柴折焚宇治の新茶哉/蓼太

瓦茸新茶の筒と枕べに/石川桂郎

新茶淹る数日つゞく雨憂くて/貞

新茶煮る暁おきや仏生会/炭太祇

なら漬桶糟残りけり新茶好/露言

玉川の門に新茶の使哉/正岡子規

老僧の文と新茶と筍と/正岡子規

紙切に包む手製の新茶哉/正岡子規

一枝の牡丹酬ゆる新茶哉/正岡子規

病廊を手押車の新茶売/石田あき子

石山に夜の水くむ新茶哉/松瀬青々

掌の熱し熱しと新茶揉む/河原好枝

香華の外の新茶や御仏ヘ/尾崎迷堂

亡き人の分も一碗新茶汲む/森喜代

霊膳に新茶そゆるや一つまみ/浪化

俳句例:21句目~

金色の壷は新茶よ身ほとりに/青邨

萩焼の糸尻高き新茶かな/岡田久慧

老眼やなき名負はせて新茶好/黄吻

偕老の一滴惜しみつつ新茶/渡辺昭

新茶汲む朝の潮路の歴々と/中拓夫

本郷も変りしといひ新茶買ふ/綾子

少年の量る新茶の手の慣れず/渋川絢

庭先に大釜すゑて新茶煎る/尾石ゑい

庵原より宅急便で新茶着く/高澤良一

新茶煮る此夕あり五山人/沢田はぎ女

白きへと移る山吹新茶くむ/皆吉爽雨

新しき茶を煎じけり玉の露/正岡子規

新茶淹れ幽かにありし亡父憶ふ/楸邨

新茶汲むわが一日の句読点/蜂谷圭子

たら~と老のふり出す新茶かな/鬼城

鴬の老いゆく里の新茶かな/大谷句佛

新茶淹れ乍ら話の受け応え/高澤良一

百までの齢願ひて新茶汲む/今泉貞鳳

絵薬を新茶で磨れり九谷焼/宮田正和

羊羹の甘きを好む新茶かな/正岡子規

俳句例:41句目~

渋紙や新茶干したる椽の先/正岡子規

色を切る終の一滴まで新茶/松木一恵

水筒に新茶あふるる柏餅/水原秋桜子

殉教の島より新茶届きけり/井原久子

新茶汲みたやすく母を喜ばす/莵絲子

若葉して命めでたき新茶かな/中勘助

一仕事終えて一口新茶飲む/中村公助

一休寺納豆買はず新茶買ふ/岩崎照子

一椀の新茶一盆の林檎かな/中倉笠堂

謡ヲ談シ俳句ヲ談ス新茶哉/正岡子規

郭公はるかに蜀の新茶かな/椎本才麿

新茶つむ峯へ向けたる大秤/木田千女

日輪と新茶の小さき壷一つ/成田千空

入間野に新茶の幟立ち並ぶ/谷口直樹

參らせん親は在さぬ新茶哉/寺田寅彦

名水に一期一会の新茶くむ/田村萱山

新茶売りはじめ候筆太に/神宮司茶人

旅僧をよびこむ庵の新茶哉/正岡子規

新茶少し紙につゝみし袂哉/篠崎霞山

新茶撰る僧と話すや小百姓/正岡子規

俳句例:61句目~

新茶佳し豆飯も良し独もよし/樋笠文

白糸の鳴りて封ずる新茶買ふ/皆吉爽雨

白昼の茶舗の明燈新茶買ふ/百合山羽公

かゝる時新茶淹るべし雨に灯し/及川貞

白き花活けて新茶の客を待つ/正岡子規

新茶揉む晩年厚きたなごころ/大畠新草

畝の間に立泳ぐごと新茶摘む/磯崎兼久

新茶汲む齢けふより母を越す/大熊虚阿

ほととぎす新茶より濃声の色/椎本才麿

煤煙は駅のみ新茶の静岡市/百合山羽公

新茶して声のきれいな女絵師/青山久女

清澄山宿の囲炉裡の新茶かな/平山独木

朗報を聞くごと新茶味はへり/高澤良一

一舟も見ぬ日木海新茶旨し/伊丹三樹彦

乾山の窯もあがりて新茶かな/高田蝶衣

山水を引きしわが家の新茶召せ/安原葉

方丈に今とどきたる新茶かな/高浜虚子

方寸の壺にあふるゝ新茶かな/前田普羅

嫁が来て葛藤始まる古茶新茶/堀可衛子

子に送る新茶を妻の惜気なく/野川枯木

俳句例:81句目~

彼一語我一語新茶淹れながら/高浜虚子

新茶買ふ壺みな光る宵の灯に/皆吉爽雨

新茶汲む母と一生を異にして/野澤節子

新茶入れ日ざしの椽に老夫婦/田中冬二

旅心はたと鮮やか新茶買ふ/成瀬正とし

敦盛の五倍も生きて新茶飲む/木田千女

大釜に半身乗り出し新茶揉む/関森勝夫

新茶いれ朝は草めく夫婦なり/熊谷愛子

新茶買ふ三つ葉葵の暖簾分け/衣川砂生

家庭訪問新茶を以てねぎらはる/樋笠文

新茶くむしづく配りに十余客/皆吉爽雨

新茶淹る湯気の向うに送り主/高澤良一

新茶出て名も夢殿の茶杓あり/大島民郎

新茶来て小さき壷にやゝあふる/秋櫻子

大事また過ぎやすかりし新茶汲む/爽雨

新茶汲む母の齢をはるか越え/中村苑子

新茶汲む狭山老舗に茶の香満ち/及川貞

新茶汲む造り酒屋の水もらひ/清水明子

新茶汲む日本平に富士を見て/小林春水

寄り合へば明治の話新茶汲む/福澤綾子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ