季語/西日(にしび)を使った俳句

「西日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「西日」について

【表記】西日

【読み方】にしび

【ローマ字読み】nishibi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大西日(おおにしび:onishibi)

・西日さす(にしびさす:nishibisasu)

・西日の矢(にしびのや:nishibinoya)

・西日中(にしびなか:nishibinaka)

・西日落つ(にしびおつ:nishibiotsu)

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

西日を含む俳句例

帰り咲いて西日と白し苗桜

漣に手先の睡る西日浜/松澤昭

空港の大格納庫大西日/森田峠

西日して薄紫の干鰯/杉田久女

西日さす桜の影や膝の上/成美

松林林かたぶく大西日/和田悟朗

山深き西日のなかの昆虫記/林桂

青桐のかくせる西日滴らす/澄雄

秋西日赤松並ぶ幹の朱/寺田寅彦

男子の胎ると思へ西日中/齋藤玄

砂時計覆されず大西日/岩城久治

道の児も鳰も西日の倭文村/龍太

西日失せ表情堅き柱かな/上野泰

暗紅の西日や潟の女唄/成田千空

西日中大戦の夢焔なす/石原八束

夏負けの踝あらふ西日影/松澤昭

大地這ふ西日に赤し畑苺/原石鼎

信号を西日と思ひ鰺刺は/依光陽子

高く飛ぶ麦藁束や大西日/野村泊月

頑に西日受けゐる藜かな/野村喜舟

俳句例:21句目~

頂に西日残せり秋の山/大場白水郎

前人の髪が西日に燃え上り/上野泰

雨蛙西日移りて林檎炎ゆ/飯田龍太

鏡中に西日射し入る夕立あと/誓子

藤の花西日を背に掃く小庭/上村占

卓上に鶏頭赤き西日かな/岸本尚毅

西日射す船艙へ階垂直に/岡田貞峰

石積んで吃水深む西日中/小関芳江

扇もて西日さへぎる業平忌/森澄雄

葉がくれて林檎の赤き西日哉/紅緑

西日中皇太子さま磴下る/萩原麦草

指させる激戦の跡大西日/石川文子

竹秋や西日に掃いて古畳/野村泊月

赤松の幹の四五本大西日/工藤芳久

生前の西日に満ちて家の中/徳弘純

墓洗ふ女はなやぐ西日中/杉山岳陽

西日して修学院村麦の秋/野村泊月

石垣に花嫁の影西日の鶏/飯田龍太

本抜けば本棚に洞西日中/依光陽子

西日さす蟷螂の頸影細し/会津八一

俳句例:41句目~

夕風や西日うけたる青簾/羅蘇山人

麦飯に拳に金の西日射す/西東三鬼

西日さす昭和文学全集や/池田澄子

麦蒔や西日に白き頬被り/村上鬼城

我熟す寂しさ熟す西日燦/永田耕衣

西日さす女桟敷や草相撲/会津八一

V字型の巨大な地層大西日/影島智子

時計塔西日真向ふ刻を指し/西村和子

景色よき側は西日の船室に/稲畑汀子

いつまでも簾西日の船料理/後藤暮汀

暇あり西日となりし干し蝗/臼田亞浪

西日受け鏡の如き一と間かな/上野泰

西日梳き茎脚たかき煙草畑/太田昌子

身に襲ふ忙事払へず大西日/河野南畦

通天の西日に扇かざしつゝ/野村泊月

木の瘤に西日がのこり沼の水/桂信子

本棚のどこかに悪書大西日/寺井谷子

朱の漆木鉢に練つて西日蔵/石川桂郎

釣舟のぴたりと湖の大西日/遠藤和彦

鉤裂きの心かかへて大西日/櫂未知子

俳句例:61句目~

大西日魔除の面の舌出せる/森尻禮子

隣家を西日つらぬきわが家まで/林翔

大鯨黄なる西日に曝しけり/松瀬青々

天守閣西日と気力残りおり/森田智子

雷遠き戸々の簾に西日かな/清原枴童

妻如何にめぐる西日の楢櫟/杉山岳陽

頭より家を出てゆく西日中/久保純夫

枯蘆や西日あかるき穂のなびき/碧童

食卓を書卓に西日避け移す/石塚友二

家々の壁てふ断面西日受く/高澤良一

髪洗ふ風呂場の口や秋西日/寺田寅彦

鳥の巣の西日の下の擲銭戯/清原枴童

家中を浄む西日の隈にいる/西東三鬼

ふくらみて大煙突と大西日/永井龍男

麦刈や西日が強き中のこと/野村喜舟

黙々と西日の中に胡麻叩く/田中冬二

少年病む畳の西日ヨット形/香西照雄

山寺は縁の下まで西日かな/高浜虚子

森番に西日やすやす燃え尽きし/原裕

氷上に西日をおとす風となる/松澤昭

俳句例:81句目~

海の隅より西日さす北庄/福田甲子雄

海女沖に一群浮きて西日惨/石原八束

崖下の隠れ汀に西日さす/上田五千石

渡り鳥西日明りの瀬に憩ふ/松村蒼石

崖土の西日にこぼれ竹の秋/西山泊雲

父がりの西日に荒き柱なり/奥坂まや

父笑ふうしろ西日の雪景色/飯田龍太

バーゼルは国境の町窓西日/高木晴子

西日にもそなへ湖北の深廂/大島民郎

病人が紙わしづかみ西日中/奥坂まや

白波に西日照りこむ沖膾/百合山羽公

一切を放置してをり西日中/高澤良一

念仏は独語西日の障子より/古舘曹人

一片の氷ふくみし頬に西日/木村蕪城

三人子が西日にくづれ母喪ふ/齋藤玄

石人の渋面つくる西日かな/柴田豊子

稲雀西日の松にかへし拠り/河野静雲

穴掘の一人は穴に大西日/攝津よしこ

紺の荷の毒消売を西日追ふ/大野林火

容赦なき西日敗戦投手かな/佐藤博美

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ