季語/春眠(しゅんみん)を使った俳句

俳句例:101句目~

春眠の寝嵩は母の丸さにて/長谷川秋子

春眠の母の寝過ごし許されず/稲畑汀子

春眠の淵に近づきつつあるを/山田弘子

春眠の犬にも睫毛ありにけり/森田桃村

春眠の覚むればただの女なり/本岡歌子

春眠の覚めつつありて雨の音/星野立子

春眠の覚めてさだかに遠き人/中村汀女

春眠の身も世もあらぬ娘かな/岩田由美

春眠の間はギリシャ壷の中/橋本美代子

春眠や天の岩戸に籠るかに/佐久間慧子

春眠や寝癖のままに当直医/古川千恵子

春眠や慈母の懐にあるごとく/佐藤春夫

春眠や草の青さのひづめの音/伊藤淳子

春眠や身ぬちをくぐる地震の音/浅田巌

春眠る漱石の「門」開け放し/鎌倉佐弓

枕ずれゐて春眠のさめやらず/下阪淑峰

あるかれてゐる春眠の枕もと/相沢透石

なじみたる枕ほころび春眠し/菖蒲あや

指を組む春眠神に逢はむとす/井沢正江

種すこし蒔き春眠に繋がりし/齋藤愼爾

俳句例:121句目~

旅に出て春眠足りし思ひかな/高浜年尾

明星に春眠の戸を明けはなつ/西島麦南

職退きし夫の春眠深かりし/高田みづ子

腕白う伸べて春眠覚めやらぬ/日野草城

春眠く老いを養ふごとくをり/神山孝子

春眠し奉仕のひまを庭見つゝ/高田蝶衣

春眠とあらず小さくなり給ふ/小林康治

春眠といふは仏に逢ふごとし/増成栗人

雨聞いてより春眠の深かりし/小島延介

頤のほくろ春眠いつ覚むる/田畑美穂女

駅の名の武蔵つづきや春眠き/織田耀子

髪被りおのれ隠れて春眠す/長谷川秋子

春眠のゴリラの地下足袋めく蹠/高澤良一

春眠やタクラマカンの鈴の中/吉本みよ子

春眠の覚め作業衣の待つてをり/井上哲王

春眠の出口なかなか見つからず/鷹羽狩行

芭蕉像に侍し春眠の虜かな/阿部みどり女

春眠のところどころに鳩がゐる/小松文子

春眠のさめてさめざる手足かな/稲畑汀子

春眠の戸を貝ほどに開けしまま/倉田風花

俳句例:141句目~

芸に身を立てゝ春眠ほしいまゝ/松尾静子

春眠や抱くとゆめみし火の柱/稲垣きくの

春眠のさめし心のやさしさよ/成瀬正とし

春眠の中をふはりと出てゆきぬ/平井照敏

春眠のさむればありぬ不二の額/京極杞陽

春眠や水深十五センチばかりにて/加室鳴

春眠のこの家つゝみし驟雨かな/星野立子

春眠のきれぎれの夢つなぎけり/舘岡沙緻

春眠のうちに齢をかさねけり/渡辺きよ子

覚めてよりなほ春眠の羽根枕/向笠千鶴子

読めばすぐ春眠に負け易く老い/北村風居

春眠の覚むれば若きわれ失せし/下村梅子

春眠に入る蟇の闇なまぬるき/小松崎爽青

春眠といふくもりなき額なる/赤松ケイ子

子供らの春眠はつぎ~に覚め/池内友次郎

身に繋ぐ管春眠と云はむには/文挟夫佐恵

雨降りて慈母のごとき日春眠す/宮武寒々

地図の橋渡り返して春眠す/長谷川かな女

春眠やあざやかすぎし夢の彩/稲垣きくの

春眠曉を覚え目覚めぬ大部屋に/高澤良一

俳句例:161句目~

よむ頁皆黄になつて春眠し/長谷川かな女

春眠やかりのいほりも谷戸の奥/石塚友二

とぢまけて春眠の眼の疲れけり/飯田蛇笏

春眠をそこに残して出てゆける/如月真菜

春眠をぬけてま白き昼に出し/上田五千石

春眠の一夜ひと世を経しごとく/井沢正江

くろぐろと睫毛のあれば春眠し/草深昌子

海底の地震春眠をゆさぶりし/百合山羽公

春眠の両足どこまでも伸ばす/澤田としお

春眠醒め夫は遺影に納まれり/山口美瑳代

橋本榮治死すと春眠覚めにけり/橋本榮治

機内食出て春眠の断たれたり/長谷川寿を

母の家に春眠ほしいままなる日/竹崎いと

母われの春眠嬰にしたがひぬ/上田日差子

水を汲み火を焚く母に春眠す/百合山羽公

春眠の招きにあひて迷はざり/赤松けい子

春眠や覚めて尾鰭のあるごとし/岩津厚子

海胆を食ふ春眠肩をおとしては/萩原麦草

春眠の大きな穴に入るごとし/岩淵喜代子

春眠や刺竹のきしり音を絶たず/千代田葛彦

俳句例:181句目~

春眠の手首やカフスをして覚ます/奈良文夫

春眠の朱塗りの橋にさしかかり/佐々木六戈

春眠のさめぎわかとぞながめける/佐藤春夫

春眠のあれはたしかにアマゾン河/櫂未知子

春眠の子のやはらかに指ひらき/深見けん二

墓地見おろす春眠さめし独り者/榎本冬一郎

古井戸の水湧くまでを春眠す/長谷川かな女

春眠の昭和のはじめまだくらし/小川双々子

春眠の覚めてきびしき世はありぬ/吉屋信子

春眠の覚め身ほとりのうすみどり/島谷征良

糸尽きしも知らで梭をうつ春眠し/高田蝶衣

助手席に春眠むさぼることなかれ/岩崎照子

汽車ゆれて春眠ゆれてをりにけり/上野章子

春眠ふとく貧乏ぐらし始めたり/長谷川秋子

春眠へ紙のかるさで落ちてゆく/松葉夫美世

春眠の糸たぐりてもたぐりても/岩井三千代

頭はどこにある春眠のにしきへび/辻田克巳

春眠の馭者を荷にして馬車もどる/大島民郎

泣き顔のゆらりと消えて春眠に/赤松ケイ子

春眠のものにおどろきさめにけり/大橋櫻坡子

タイトルとURLをコピーしました