季語/麗か(うららか)を使った俳句

「麗か」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麗か」について

【表記】麗か

【読み方】うららか

【ローマ字読み】uraraka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・うらら(うらら:urara)

・うららけし(うららけし:urarakeshi)

・うららに(うららに:urarani)

・日うらうら(ひうらら:hiurara)

・麗日(れいじつ:reijitsu)

・うらうら(うらうら:uraura)

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

麗かを含む俳句例

麗らかや長居の客の膝頭/百間

麗かや松を離るゝ鳶の笛/茅舎

麗かや大荷をおろす附木売/普羅

麗かや笑ひ仏の農夫顔/羽部洞然

麗かや鼻反る牛の顔の泥/原月舟

麗かや相争はず山と河/尾崎迷堂

春の潮麗日松に滴りぬ/内藤吐天

盃の蒔絵うららに隅田川/京極杞陽

麗かや砂糖を掬ふ散蓮華/川端茅舎

こどもの眼皆うららかに桜草/龍雨

うらうらと千年後も微笑仏/関成美

佛門の牡丹婉麗日に媚びず/古舘曹人

麗らかや橋の上なる白き雲/内田百間

麗かや小松は影を芝の上/大場白水郎

麗かや花婿乗せて驢馬傾ぐ/原田青児

大谷の底に村ある麗らかに/内田百間

麗かに出土の壺の撫で肩や/羽部洞然

うららかや啼き忘れたる鳩時計/民三

麗かや鬼の鏡の割れるまで/永田耕衣

聖廟の祭儀素朴に麗かに/下村ひろし

俳句例:21句目~

麗かや銀行三時には閉めて/鈴木栄子

うららかや指もて計る幼靴/国井美代

麗かや服薬をまた忘れたる/和田祥子

うららかや皆店の人動きをり/上野泰

うらうらと菜の花畑山遠し/横光利一

うらうらと谷浮上る古落葉/松村蒼石

うららかに国広ければ海広し/鷹羽狩行

麗らかや歩道タイルに時の鐘/名取志津

麗かや水辺の童女ふつと消ゆ/佐藤鬼房

麗かや桃に似し枝を雑木持ち/右城暮石

うららかや鯨図鑑の小さな目/矢島渚男

うららかや庭の野鳥に遠眼鏡/川崎俊子

水杭の麗らかに列び乾き居り/内田百間

麗らかや居睡り醒めし軒の光/内田百間

うららかや杭より長き杭の影/久場俊子

うららかに有影無影の塔二つ/石原八束

麗かや孫のうんちが手についた/龍岡晋

勾欄に水拭きのあと麗らかに/内田百間

うららかや海牛の口どこにある/原田喬

麗らかや和琴の濱のさざら波/佐藤春夫

俳句例:41句目~

うららかに目に水たまる疾かな/龍岡晋

うららかや猫にものいふ妻のこゑ/草城

うららかや荷馬糞り路甦る/殿村莵絲子

うららかや一本指のピアノ音/足立悦子

菊枯れてけふ麗日の虻多し/篠田悌二郎

麗日にあくまで深き地蟲の穴/内藤吐天

うららかや岩場高きに忘れ潮/鷹羽狩行

うらうらと春日に舌ある如し/川崎展宏

うらうらと杖忘らるる甘茶寺/袴田君子

うらうらと渡舟を回す仏の座/古舘曹人

切売のキャベツ銅婚麗らかに/斉藤夏風

うららかや馬に噛まるる秣桶/野村喜舟

女人ゐて鏡のうしろ麗かに/柴田白葉女

うららかや恋の季節の動物園/波多野惇子

うららかや氷の解けし諏訪の湖/正岡子規

うららかや海に入りたき川の魚/鷹羽狩行

うららかや牛の子も積む石炭船/田中英子

うららかや話やめては僧掃ける/星野立子

うららかや馬に曳かるる調教師/佐藤晴生

とんからとんから何織るうららか/山頭火

俳句例:61句目~

なにもかもなくなつている麗かな/赤松勝

丘なだり枯れのよさいふ小麗か/林原耒井

うららかや袱紗畳まず膝にある/久米三汀

大見得に毛抜立つたる麗かな/水原秋櫻子

御仏の秘戯うららかや了仙寺/小島千架子

退院の街うららかに人織れり/柴田白葉女

魔の岩場麗かにきめこまやかに/佐藤鬼房

麗かな砂中のぼうふ掘りにけり/室生犀星

麗かにふたりごころのひとり道/小出秋光

麗かにふるさと人と打ちまじり/高浜虚子

麗かや指環の跡の肌のいろ/かたぎり夏実

麗かや野に死に真似の遊びして/中村苑子

麗らかや石橋にかわく水のあと/内田百間

うららかに人の心の知れがたく/木下夕爾

病む人へ麗日待ちて文を書く/古賀まり子

うららかに朝の麺麭など焦しゐむ/安住敦

うららかに滝を仰ぎて濯ぎもの/岸本尚毅

麗日の来書の一つ措きて出づ/篠田悌二郎

うららかや川長ければ長きほど/二村典子

うらうらと日はあり雪の薺摘/藤田あけ烏

俳句例:81句目~

うらうらと旭いづる霜の林かな/飯田蛇笏

うららかに鱸のをどる舟路かな/筑紫磐井

うららかや加名子教授は又欠伸/山岸竜治

うらうらと海上三里接木かな/宇佐美魚目

うららかや土の男雛のはね眉毛/野澤節子

うららかや女つれだつ嵯峨御室/正岡子規

うららかや小鳥生みだす飴細工/濱永育治

うらうらと雲雀上がりて西の京/筑紫磐井

昼見ゆる星うらうらと霞かな/芥川龍之介

うららかや幼な子の髪切り揃へ/柴田奈美

鴨の入れ首うらうらと深空あり/飯田龍太

うららかに美男大仏どじようひげ/橋本夢道

うららかに紙衣の僧が嬰を抱くや/角川春樹

うららかに毛虫わたるや松の枝/芥川龍之介

うららかに妻のあくびや壬生狂言/日野草城

うららかにみんなで浴びる宇宙線/桑原三郎

うららかや礎石に生るる日の柱/上田日差子

なにも出ぬ打出の小づち麗らかな/中山純子

うららかな犬の背中がそこにあり/石田郷子

土蜂の羽音うららか数しれず/阿部みどり女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ