季語/春疾風(はるはやて)を使った俳句

「春疾風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春疾風」について

【表記】春疾風

【読み方】はるはやて

【ローマ字読み】haruhayate

子季語・関連季語・傍題・類語など

・haruare(はるあらし:haruarashi)

・はるとっぷう(harutoppu:はるれっぷう)

・harureppu(はるはやち:haruhayachi)

・はるはやて(haruhayate_:)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春疾風を含む俳句例

瞼の裏朱一色に春疾風/杉本寛

街道や萱負婆に春疾風/草間時彦

血縁は鉈で切るべし春疾風/蝶丸

樹々密に陽を梳り春疾風/桂信子

春疾風矮鶏懸命に道走る/原田喬

咽喉仏よろこぶ鹹き春疾風/原裕

海峡に灯す破船や春疾風/田代朝子

春疾風孤松といへど松籟す/藤田宏

春疾風石で押へる設計図/角田サチ

折紙となる前は紙春疾風/山根真矢

鼠穴つぶす踵や春疾風/水野ゑい子

休む煙突働く煙突春疾風/北野民夫

在民の票を投じて春疾風/千谷蟹平

鶏小屋に卵が五つ春疾風/高畑浩平

馬柄杓の象嵌光る春疾風/毛塚静枝

煮え切らぬ男撫で切る春疾風/石田静

片肘をつきて子規あり春疾風/中田剛

春疾風一本の矢を胸裡にす/藤田湘子

犬の眼の高さ切なし春疾風/藤田湘子

納沙布の崖土とばす春疾風/望月皓二

俳句例:21句目~

避雷針付けし大樹に春疾風/大成映子

春はやて生涯の帆は全開に/木村敏男

春疾風少年何に釘を打つ/馬場移公子

春疾風屍は敢て出でゆくも/石田波郷

春はやて遠ちの楢山揺れてをり/幾美

春疾風星またたけば星近む/廣瀬直人

孵化場に死に鴉吊る春疾風/石川文子

春疾風歳月に耳朶奪はるる/河野南畦

山翡翠の冠毛なびく春疾風/佐藤瑠璃

巌頭に自他の肉体春疾風/磯貝碧蹄館

春疾風翼なきもの絶叫す/小松崎爽青

幣束を一つ千切りし春疾風/大塚清子

春疾風間欠泉の湯気飛ばす/村井信子

札所出て里道一里春疾風/吉木フミエ

杖の媼杖よりひくし春疾風/鈴木鷹夫

春疾風/土の言葉かも知れぬ/穴井太

春疾風いまだ灯らぬ崖の家/横山房子

歯舞に濤あがりゐる春疾風/山崎秋穂

起重機を下りて荒息春疾風/亀井糸游

一斉に絵馬の鳴りだす春疾風/長野啓女

俳句例:41句目~

すべて斜に竹の切株春疾風/秋元不死男

なびきつつ女あらがふ春疾風/松尾隆信

ひとことが残す乱あり春疾風/太田静子

ひとごとに心閉ざすや春疾風/井上正美

桑の枝に兆す緑や春疾風/久保田ヤスエ

春疾風情熱ソナタほとばしる/松影通男

思考とまる空中歩廊の春疾風/伊丹公子

一樹より鳥吹き出され春疾風/富田潮児

人に消えわが辺に起る春疾風/富安風生

大阪の土を巻きあげ春疾風/宇多喜代子

寝る牛の巌のごとし春疾風/西形佐太郎

市に笊買ひしのみなる春疾風/橋本榮治

春疾風富士見たる日を大切に/赤尾兜子

春疾風森かげに家ふきたまる/福永耕二

投函の文へ憑きゆく春疾風/河野多希女

春疾風火を抱き窯まくれなゐ/長谷川櫂

春疾風ときには夫も疎ましく/古市絵未

流鏑馬や鼻づら切りて春疾風/高澤良一

春疾風一夜に友の逝きにけり/佐藤母杖

春疾風万の昆虫のかがやく針/赤尾兜子

俳句例:61句目~

春疾風乗り切って来る父の船/上田富子

春疾風教師いくたび手を洗ふ/伊藤通明

春疾風人らかけこむ展望台/小川濤美子

春疾風車の蔭にいて昼食/長谷川かな女

春疾風遠くの景色見えてをり/檜山京子

春疾風那智の大滝揺らしけり/村田昭子

玻璃しばしかがやき震ふ春疾風/桂信子

春疾風喪服を吊りし一夜明く/横山房子

誓子亡き六甲山より春疾風/山口超心鬼

春疾風引率されて老婆等行く/右城暮石

春疾風茶髪慣れては案じては/岡山令子

春疾風向きかへて引く乳母車/伊藤文子

在郷に軍人は居ず春はやて/岩下四十雀

春疾風嬰の墓石を瀬にひろへり/友岡子郷

良きお嬢はたと逝きたり春疾風/下田明子

お山焼日のべとなりし春疾風/高岡智照尼

春疾風吹つ飛んで来る一老女/山田みづえ

春疾風乙女の訪ふ声吹きさらはれ/草田男

春疾風富士に深手のありにけり/森岡正作

春疾風子の手掴みてわが堪ふる/福永耕二

俳句例:81句目~

春疾風吹く今日をまた見失ふ/千代田葛彦

春疾風市場出てなほ主婦の貌/神尾久美子

海女の陰見せよとばかり春疾風/松林朝蒼

ネクタイの端が顔打つ春疾風/米澤吾亦紅

春はやて富士見たる日を大切に/赤尾兜子

春はやて濯ぐ足袋より海の砂/神尾久美子

春はやて踏張るものを倒しけり/鈴木黎子

春疾風すつぽん石となりにけり/水原秋櫻子

春疾風舞ふポスターの裏のまま/宇佐美ふく

春疾風木々は根を緊め己れ鳴らす/楠本憲吉

弥生期過ぎたり一望の野の春疾風/金子兜太

春疾風とも~鳩の舞ひ交へる/久保田万太郎

春疾風襁褓かたよせあほちゐつ/川島彷徨子

春疾風傷つけあはねば逢ひ得んや/松本澄江

春疾風海苔巻も花びらも食べる/長谷川かな女

春はやてシネマ『雨情』のはねし街/角川源義

メアリ/ポピンズ傘を開けば春疾風/横井理恵

身幅ほどの路地よりコック春疾風/八木林之介

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ