季語/春眠(しゅんみん)を使った俳句

「春眠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春眠」について

【表記】春眠

【読み方】しゅんみん

【ローマ字読み】shummin

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春睡(しゅんすい:shunsui_)

・春の眠(はるのねむり:harunonemuri)

・春眠し(はるねむし:harunemushi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春眠を含む俳句例

春眠の身の閂を皆外し/泰

春眠や窓の湖たひらかに/蕪城

春眠や瞼のうらの雨の彩/美恵

春眠に大和魂なき電車/安田直子

春眠や覚むれば夜着の濃紫/松浜

春眠や迦陵頻伽の聲絡ひ/上村占

嘴に似し春眠の子らの口/上野泰

春眠の女菩薩の相いだき/上村占

春眠の底へ海鳴轟けり/寺岡情雨

春眠の虚空に体置き忘れ/上野泰

春眠やそば殻こぼれゐる枕/一杉

春眠の三人の子の髪真黒/上野泰

春眠の中にまことの鳥の声/素秋

春眠の低き枕と思ひつゝ/星野椿

春眠や舞妓に固き箱枕/史あかり

螢光燈槽に浴女春眠す/宮武寒々

春眠の覚めて十年失へり/桶谷信吾

春眠に屈し春愁にも屈し/石田勝彦

春眠といふ晩年の玉手箱/岡田京花

春眠や旅の枕に水ながる/原田豊子

俳句例:21句目~

春眠や女人にかへる尼の顔/素風郎

春眠の浅瀬に妻の笑ひ声/辻田克巳

春眠の出口に獏が屯する/武田和郎

春眠や失せ物戻る旅の宿/川上治子

春眠し昭和一桁ことに眠し/大牧広

春眠の船の寝台梯子垂れ/大橋敦子

春眠のオランダ船が入港す/皆吉司

春眠に意識過剰の肩を貸す/磯崎清

春眠の枕大きく婚期過ぐ/菖蒲あや

春眠をうつ春霰春あらし/前田普羅

春眠の今仏像にとりまかれ/上野泰

やゝ快方夫春眠も近からむ/及川貞

春眠や鵯も椿も雨に濡れ/内藤吐天

水音は耳に障らず春眠す/茨木和生

玉のせるかに春眠の童の手/上野泰

筍一刀両断春眠ふっきる/大串司子

全身の隙を晒して春眠す/石上/晋

足許に春眠の子の面輪かな/上野泰

春眠や藤関白の棲みし地の/橋本榮治

春眠に春眠の子を起こす声/清水基吉

俳句例:41句目~

春眠や舟遠出して着けぬ岸/吉本和子

春眠に遠きラジオの唄ひをり/近藤君

春眠暁を覚えずまでゆかず/高澤良一

春眠や自飯器すでに保温中/桑谷友峰

春眠を我れに恵みし枕かな/高木晴子

これやこの春眠羅漢傘預け/桂樟蹊子

春眠や枕ほとりの落し櫛/高橋淡路女

春眠の枕にならぬ電子辞書/藤井/豊

春眠や抽斗一つ櫛ばかり/波多野爽波

加はりぬ始発列車の春眠に/山田弘子

春眠や靉靆として白きもの/高浜虚子

春眠の底の底より電話鳴る/三村純也

春眠や鍵穴つぶす鍵さして/日野草城

春眠や金の柩に四肢氷らせ/三橋鷹女

鬢かくや春眠さめし眉重く/杉田久女

春眠のふためき覚めて何かある/鷹女

春眠や夢とうつつの間に声/荒木幸子

学校の音春眠を妨げず/竹下しづの女

春眠の夢のつづきの雨なりし/関俊子

春眠やよろけて凭る床柱/木内美恵子

俳句例:61句目~

春眠の一ゑまひして美しき/高浜虚子

春眠の海豹を見に町の犬/平井さち子

春眠しかはたれどきの鳥のこゑ/月草

春眠は一枚石のごと足りぬ/京極杜藻

春眠の大き国よりかへりきし/森澄雄

春眠の中にも海のあふれをり/林誠司

春眠の睫毛曙光を感じつゝ/西島麥南

春眠の齢を飾るなにもなし/黒田咲子

春眠し妻と異なる声のして/幅/隆明

春眠し握りし切符黒くなる/志村宗明

春眠の児に人形も眠りをり/後藤二木

春眠の目鼻もあらぬ人のごと/上村占

春眠の淵の浅さにゆらぐもの/有働亨

春眠の汀を誰か踏み行くよ/鷹羽狩行

春眠といふうす暗くほの紅く/岡本眸

濃紫なる春眠の世界かな/成瀬正とし

春眠の奥に船歌旅恋ほし/平井さち子

春眠の活字の中へ沈みゆく/三村純也

老懶の春眠昼に如かずけり/亀井糸游

膝折つて又春眠に入りにけり/岸田稚

俳句例:81句目~

春眠の妹が瞼や吸うて見ん/中野三允

春眠の覚めぎはの夢荒々し/白石明男

遠洋船やすらぐ河口春眠し/桂樟蹊子

春眠といふ一刻の父に欲し/深見けん二

春眠といふ深海にただよへり/鷹羽狩行

春眠にけつまづきつつ入りけり/上野泰

春眠に人は老い行く落花かな/岡本松浜

春眠のさめ暗幕に手をかくる/京極杞陽

春眠のそのまま逝きし百二歳/三村紘司

春眠のつむりを載せし羽根枕/佐藤和枝

春眠のはるかに白き馬跳て/金尾梅の門

春眠のわが身をくゞる浪の音/山口誓子

春眠の中に入り来て鯉うごく/廣瀬直人

春眠の児のふくよかな乳ふくみ/東京子

春眠の出口で人にはぐれけり/大畑真喜

春眠の刻をきざめる腕時計/成瀬正とし

春眠の夢の巻物くりひろげ/成瀬正とし

春眠の夢をついばむ鵜かな/金尾梅の門

春眠の奈落といふは明るくて/長山あや

春眠の如くに涅槃したまへる/行方克巳

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ