季語/終戦記念日(しゅうせんきねんび)を使った俳句

俳句例:101句目~

夫婦老い涙見せ合ふ終戦日/殿村菟絲子

少年の日の我が裸身終戦日/真鍋つとむ

あかあかと藷洗ひあげ終戦日/高澤良一

父の忌も奇しくも同じ終戦日/今泉貞鳳

生きのこり黒き句集や終戦日/沢木欣一

甲高きラジオの時報終戦日/片山由美子

終戦日どこへもゆかず畳拭く/田口紅子

終戦日夕焼くさき水を飲めり/福永耕二

終戦日孤独の風呂を溢れさす/雨宮抱星

終戦日朦朧機雷えいになれ/百合山羽公

終戦日沖へ崩るる雲ばかり/渡邊千枝子

終戦日深くしゃがんで厠の蚊/高澤良一

終戦日迎ふるにわが空手かな/石川桂郎

肘の知る椅子の感触終戦日/岩淵喜代子

肥後守の錆磨りて居り終戦日/加藤耕子

芙蓉咲き今朝の供華とす終戦日/及川貞

遠い木の雲を見てをり終戦日/西林/始

かみきりの机を噛めり敗戦日/白岩三郎

この空を奈落より見き敗戦日/岡田貞峰

ハモニカのとんぼ印や敗戦日/政木紫野

俳句例:121句目~

八月の富士のくろがね敗戦日/水原春郎

古都の石垣隙まで乾き敗戦日/花谷和子

吊り皮のみな手錠めく敗戦日/木田千女

学べざりし気後れ今も敗戦日/岡田和子

孫たちに囲まれている敗戦日/里見宜愁

常のごと病児診しのみ敗戦日/水原春郎

戦時下映画深夜に及ぶ敗戦日/高澤良一

靴はくと痛む指あり終戦日/佐藤静峰子

城垣のみが進むかに濤敗戦忌/香西照雄

敗戦日語らざる父酔ひにけり/橋本榮治

役立たぬものほど溜り敗戦忌/関森勝夫

敗戦忌据ゑし遺品のみな鉄塊/小泉小泉

敗戦忌深夜のバイクの暴走音/早川翠楓

敗戦忌炎えてしまつた青年ら/北さとり

仏飯の小さなひと口敗戦忌/平井さち子

敗戦忌燃えてしまつた青年ら/北さとり

敗戦忌砂のざらつく風呂の底/木田千女

敗戦忌腹べんべんと存へし/中戸川朝人

旧悪もなつかしきとか敗戦忌/香西照雄

石をもて何擲つべきや敗戦日/岸風三樓

俳句例:141句目~

水のんで顔のゆるみし終戦忌/小林鹿郎

爪染めし嫁が米とぐ終戦忌/田中こずゑ

終戦忌頭が禿げてしまひけり/藤田湘子

いつまでもいつも八月十五日/綾部仁喜

てのひらのほてる八月十五日/浅沼艸月

八月十五日どどどどどどと浪/篠崎圭介

八月十五日ぺつたんこに坐る/大坪重治

八月十五日朝母音のゆたかなり/石寒太

飲食のおそき夜なる終戦日/星野麥丘人

赤き蛾の昼いでて舞ふ敗戦日/藤田湘子

敗戦日味噌汁熱く熱くする/風間みどり

すいとんを振舞ふ寺の終戦日/相河美智子

ちちははも師も亡く迎ふ終戦日/伊東宏晃

舗装路の昨夜のほてりや敗戦日/飯野計夫

ひとつづつ玉子にシール終戦日/小高沙羅

わたつみの声なお耳朶に終戦日/掛/花城

スリッパの散らかる山の終戦日/岡田史乃

火のような白髪もあり敗戦忌/藤井冨美子

終戦日夫ひそと蝉ほしいまゝ/殿村莵絲子

歩を倦まぬ象と子らの頭終戦日/古沢太穂

俳句例:161句目~

終戦日風の行方のくさかげろふ/有馬籌子

終戦日海おそろしく山やさし/大塚千光史

木々のこゑ石ころのこゑ終戦日/鷹羽狩行

終戦日妻子入れむと風呂洗ふ/秋元不死男

隔靴掻痒とは子に伝ふ敗戦忌/折原あきの

戦記なべて自決で閉づる敗戦忌/福原紫朗

終戦日何処へゆくとも父言はず/北澤瑞史

タゴールの「人間不戦」終戦忌/松本澄江

場ふることいまは暑のみや終戦忌/及川貞

身ほとりの軽くなりゆく敗戦日/樅山/茂

手に触るる物みな乾く敗戦忌/菊池ふじ子

玉子ごはんは馳走の部類敗戦日/高澤良一

終戦忌切れ電球を透かし見る/川村三千夫

マッカサー銜えパイプの終戦日/高澤良一

キヨスクに弁当あふれ敗戦忌/七田千代子

足らぬ飯買ひに出でたり終戦忌/石黒哲夫

敗戦日重ね重ねて老いにけり/町田しげき

終戦日ジャンボ餃子屋ガード下/高澤良一

しづかとは音を欲ること敗戦日/櫂未知子

テレビ見ぬ一と日を過す終戦日/須山重信

俳句例:181句目~

遺されし母も逝きけり終戦日/古賀まり子

敗戦忌海恋ふ貝を身につけて/山本つぼみ

敗戦日重ねサイ口も古りにけり/大島民郎

終戦日いただく時は手を合はせ/杉山加代

終戦日LOFTの袋旗のごとし/内田美紗

なまぬるき雨に打たれて終戦日/小島千架子

藁の香に祖のぬくもり終戦日/鍵和田ゆう子

象の餌のゆたかに積まれ敗戦忌/白岩てい子

筋を通せしわが「青春譜」敗戦忌/尾村馬人

敗戦忌ここまで生きて来た不思議/尾村馬人

ヱリカひしと仏蘭西に摘む敗戦日/小池文子

終戦日ノモンハン耳鳴りけふも診る/佐竹泰

少女の胸と揺れをともにし敗戦日/古沢太槐

海を見に祖母が来てをり敗戦日/島田まつ子

みんみん鳴くゆふぐれ八月十五日/角川春樹

コップの氷見てをり八月十五日/千代田葛彦

終戦記念日ひるのお粥を赤ん坊と/原コウ子

出会ひたる蓮はくれなゐ終戦日/九鬼あきゑ

一肢置いてががんぼ去りぬ終戦日/小暮洗葦

はらからの死に風化なし敗戦忌/山本つぼみ

タイトルとURLをコピーしました