季語/初旅(はつたび)を使った俳句

「初旅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初旅」について

【表記】初旅

【読み方】はつたび

【ローマ字読み】hatsutabi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・旅始(たびはじめ:tabihajime)

・旅行始(りょこうはじめ:ryokohajime)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初旅を含む俳句例

初旅や島の昼餉の鯛茶漬/轡田進

初旅の鞄に加へ朱印帳/澤島郁子

旅人や鞍に梅さす初駅/安井小洒

初旅や月のみの空柔かく/呂啓愉

初旅や山を従へ船にあり/上村占

雪国の雪見ん心初旅に/宮田帰郷

還暦の初旅花の村に着く/下田稔

初旅の亀山の月曇る春/飯田蛇笏

初旅や銀の器に洋酒入れ/小島健

初旅の膳に両眼立てて蟹/亀井糸游

恒例の初旅年金取り崩し/高澤良一

初旅や存分に見し鶴の舞/大橋敦子

初旅や寒き若狭へ志ざし/野村喜舟

初旅の一舟かかる淡路島/羽柴鏡女

初旅や嵐の好きな一家族/遠山郁好

初旅や雪に灯の入る遠野郷/小島健

初旅の桟橋なれば大揺れに/辻桃子

初旅を慰め顔の野菊かな/正岡子規

初旅の鞄一個のレモン秘む/井上雪

初旅の肝に力の入る離陸/水上陽三

俳句例:21句目~

初旅や全き富士を天に置き/壺井久子

初旅や駄足のような尿重ね/金子兜太

初旅や近づくものに男山/佐野青陽人

初旅の吾に亀裂の干潟あり/榎本愛子

初旅の大山を負ふ駅つづく/皆吉爽雨

初旅に買ひし藺草の色紙掛/山田弘子

初旅の始動エンジン快調に/佐藤信子

蛸薬師にて初旅の夜が来ぬ/藤田湘子

初旅の宿は妻籠に定めけり/磯野充伯

初旅のぞつと裏富士抜衣紋/川崎展宏

初旅の駅毎に雪深くなり/石井とみ子

心臓の直しが利きて旅始め/高澤良一

初旅の靄にしづめる葡萄郷/山口青邨

初旅の一歩すなはち磯椿/岡本まち子

初旅のいつか添ひゐる浮寝鳥/吉田鴻司

初旅の友来る富士の裾野より/沢木欣一

初旅にすぐ艶歌師の恋の唄/殿村菟絲子

初旅に仰ぐシャガール抱擁図/村上光子

初旅に恋ふ山のあり湖のあり/山田弘子

曉闇を押しゆくごとく初旅へ/奈良文夫

俳句例:41句目~

荒海見んと一途な夫が初旅へ/槫沼清子

初旅の破魔矢挿す荷を枕上み/茂里正治

初旅のまづ万歳の三河かな/百合山羽公

雑木山にこぶし點々子の初旅/細見綾子

初旅の眼裏すでに雪降れり/古賀まり子

初旅の列車といふも一輛車/松倉ゆずる

磁石の蓋閉ぢて山旅始かな/上田五千石

初旅や赤ベコ首を振る車窓/町田しげき

初旅の熊野雷鳴もて明くる/山口超心鬼

初旅はシェークスピアの眠る国/星野椿

初旅や木瓜もうれしき物の数/正岡子規

初旅や山川つねにわが師なり/吉井莫生

初旅の靴の紐締む詩碑の前/山口超心鬼

初旅やまだ着こなせぬ母の衣/中嶋秀子

初旅や彼方よりただ新大気/中村草田男

初旅の雪の近江に雪あらず/百合山羽公

初旅の終る街の灯近づき来/梅田実三郎

初旅や住み憂きといふ能登の旅/瀧春一

地図好きの方と初旅して三河/高澤良一

初旅にして大いなる富士を見し/小林牧羊

俳句例:61句目~

初旅のつくづく木々なり烏なり/池田澄子

初旅の伊豆湯ヶ島にあくがるる/矢島渚男

初旅の富士の白無垢たぐひなし/西田浩洋

初旅や死出のごとくに片付けて/徳淵富枝

妻子つれし初旅法隆寺に暮れぬ/川口川郎

富士を見しこと初旅の余恵とす/辻田克己

初旅や母を看とりの汽車に乗る/藤間蘭汀

初旅や明るき雪の山つづき/阿部みどり女

初旅や午後の紅茶は東京で/佐土井智津子

何の生簀かんの生簀と知多初旅/高澤良一

初旅や小松がもとの菜の青さ/稲垣きくの

初旅の富士海に見し山に見し/石川星水女

初旅の橋をいくつも渡りしこと/伊藤通明

初旅を子に奢らるるめでたさよ/関口祥子

初旅の富士より伊吹たのもしき/西村和子

さきざきに富士を眩しむ旅始め/高澤良一

初旅の晴れ晴れしさよ焼津富士/大谷句仏

初旅に雪の富士見え言ふことなし/岩崎照子

初旅のしかも世に出る門出かな/鈴木洋々子

初旅のテレフォンカードまだ無傷/中尾杏子

俳句例:81句目~

初旅のしばしば富士に逢ひにけり/田村木国