季語/掃初(はきぞめ)を使った俳句

「掃初」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「掃初」について

【表記】掃初

【読み方】はきぞめ

【ローマ字読み】hakizome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初箒(はつぼうき:hatsuboki)

・初掃除(はつそうじ:hatsusoji)

・拭始(ふきはじめ:fukihajime)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

掃初を含む俳句例

二三羽の雀と遊ぶ初箒/岸田稚

掃初の塵は門川汚さざる/森田峠

掃初の金襴屑や人形師/杉森干柿

臘梅に日の美しき初箒/遠藤梧逸

門前の寸土払いぬ初箒/浜田波川

山からの光がしなふ初箒/鎌倉佐弓

掃初の箒のさきの松の塵/芝原無菴

掃初や大玄関に少し塵/左右木韋城

掃初や銀元結の屑すこし/岡本松浜

青天井公共の場を掃初ぞ/香西照雄

鳥が遺す実生いろいろ初箒/滝春一

万両の零れる紅を掃初に/堀之内和子

掃初やはたきの音を朗かに/野村喜舟

掃初や梅の下なる歯朶一片/前川素泉

遠くまで松笠まろぶ初箒/本庄登志彦

掃ぞめの箒や土になれ初む/高浜虚子

わが庭の松葉のみなる初箒/大場美夜子

声高の漁婦過ぎゆけり初箒/松本千恵女

掃初の塵もなかりし敷舞台/高橋すゝむ

掃初や島々見ゆる窓を明け/松尾みち子

俳句例:21句目~

掃初や熊手にかかる松ふぐり/渡辺水巴

掃初や眼を守るただに竹の庭/石川桂郎

福の座は母ゐるところ初箒/大木あまり

掃き初めて白南天のあたりまで/古舘曹人

掃初の一人のくらし始まりし/中澤なみ子

掃初の先に消ゴムまろび行く/秋元不死男

掃初の母のものごしめでたけれ/小松月尚

掃き初めて白南天のあたりまで/古舘曹人

掃き初めの門辺の雪のうすうすと/高野素十

掃き初めの門辺の雪のうすうすと/高野素十

掃初やかゝれとてしも雪もよひ/久保田万太郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ