季語/忍冬の花(すいかずらのはな/にんどうのはな)を使った俳句

「忍冬の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「忍冬の花」について

【表記】忍冬の花

【読み方】すいかずらのはな/にんどうのはな

【ローマ字読み】suikazuranohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吸葛(すいかずら:suikazura)

・金銀花(きんぎんか:kinginka)

季節による分類

・「す」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

忍冬の花を含む俳句例

忍冬神の噴井を司る/阿波野青畝

忍冬乙女ら森を恋ひ来り/堀口星眠

忍冬のこの色欲しや唇に/三橋鷹女

魂魄の塔にすがりし忍冬花/沢木欣一

忍冬や猫の飲食われが握る/山崎愛子

忍冬の籬の家に老いにけむ/田中冬二

忍冬の終の一花や霜日和/石田あき子

忍冬の花うちからむくまでかな/白雄

忍冬咲く故蜂にさゝれたる/高野素十

白と見し黄と見し花の忍冬/前内木耳

忍冬忌時雨めけるを口の端に/岸田稚

忍冬の花折りもちてほの暗し/後藤夜半

忍冬の花首もげて雨ここだく/高澤良一

忍冬の風聖泉をあふれしむ/下村ひろし

柵越えて忍冬の花盛りかな/市ノ瀬翔子

花忍冬人待ち顔に夫は立つ/石田あき子

盂蘭盆の忍冬亭も訪はざりき/細川加賀

牛うまれ牧をいろどる金銀花/大島民郎

草刈にお手はと問はば金銀花/横井也有

山になずむ春や日かげの忍冬/芥川龍之介

俳句例:21句目~

忍冬の花のこぼせる言葉かな/後藤比奈夫

忍冬忌ひとは日向を歩きけり/今井杏太郎

蚊の声す忍冬の花の散ルたびに/與謝蕪村

鵜つかひや忍冬咲いて昼の宿/河東碧梧桐

すひかづら今来し蝶も垂れ下り/東中式子

すひかづら波郷を知らで波郷門/渡邊和夫

すひかづら髪に一輪戻り海女/八木林之助

ただいちど句座給ひけり忍冬忌/鈴木しげを

すひかづら白き水辺も廃坑区/野見山ひふみ

すひかづら聲低めては子を糺す/石田あき子

すひかづら鴉子連れとなりしかな/斎藤夏風

衿白く真砂女は若しすひかづら/石田あき子

金銀花妻子のために酬はれたし/中村草田男

すひかづらたまの揚羽のながくゐず/中村汀女

すひかづら尾根のかなたの椎の群/志摩芳次郎

やぶさめや山路なほ咲くすひかづら/水原秋櫻子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ